Staff Blogスタッフブログ

「現状、ワーキングホリデーの方の入国をどのように考えるか」について

カナダ移民局の、International Experience Canada (IEC:ワーキングホリデー、ヤングプロフェッショナル、インターナショナルCoop) の参加者についてのCOVID-19に関するよくある質問と答えのページに、2020年5月8日付で、追加事項が加筆され、それについて色々な情報がSNSで飛び交っています。

この追記事項に関するニュースは、昨日弊社ビザJPカナダのウェブサイトにも掲載しました。
【ビザニュース:カナダ国外にいるIEC(ワーキングホリデービザなど)参加者について 追加事項】

「ワーキングホリデーの方は引き続き渡航せず、渡航規制の緩和をお待ちください。」昨日の移民コンサルタント協会のセミナーでもそのような見解でした。

弊社は、移民コンサルティング会社として、社会に貢献する必要があります。そのため、カナダ政府が何を目的として、今この時期にこのようなニュースを発表したのかということに注視しなければなりません。

現在カナダ政府は、カナダ居住者の安全を第一に考えています。そして経済の回復をその次に考えています。したがって、カナダ居住者の安全を害することなく経済回復に貢献できる外国人「のみ」入国をさせたいということで、このニュースとなったわけです。

ジョブオファーの無いワーキングホリデービザの方々が、「入国をしたいがためにジョブオファーを無理矢理探して入国」というのは、政府の主旨に反しており、私たち移民コンサルタントは、そのような行為の自粛を促すべきだと考えています。

渡航規制が緩和される日は遠からず来ます。ワーキングホリデービザの方はそれまで今しばらくお待ちください。

カナダのビザに関する無料相談はこちら