就労ビザカテゴリーWork Permit

就労ビザ雇用先を限定して働けるビザ

外国人がカナダで就労する為には、原則としてカナダの就労ビザ(ワークパーミット)を取得する必要があります。多くの場合は、就労ビザを取得する為に雇用主からジョブオファーを取得し、それについてESDC(カナダ労働省)からの承認を得る必要があります。

* ビザJPカナダの就労ビザ代理申請
ビザ申請者様と雇用主様、双方へのサポート提供

お客様が就労ビザを取得される場合、ビザJPカナダが雇用主様と直接やりとりをして、プロセスのご説明、手続きに必要な情報取得なども代行して、スムーズなビザ取得を支援いたします。

ESDCの承認が必要なケース

workpermitImg

Step1

雇用主は会社の規模・雇用状況、申請者の労働条件(ポジション・賃金等)に対するジョブオファーについてESDCから承認を得るため、LMIA(Labour Market Impact Assessment)の申請を行います。


Step2

ESDCは基準に従ってLMIA申請について審査します。


Step3

ポジティブLMIAと必要書類を揃えて移民局に就労ビザを申請します。


ケアギバーに関する関連ニュースはこちら
ケアギバーの就労ビザに関する改定はこちら
2015年4月30日付LMIA新条件追加のニュースはこちら

カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加