ビザJPカナダは永住権、各種ビザ取得などカナダ移住のご相談をトータルでお受けできます。

ビザコラム

永住権、ビザ取得のお役立ち情報

カナダ新移住者にとって、最も住みたい都市20選

投稿日:2023年12月22日

更新日:2024年2月24日

カナダ新移住者にとって、最も住みたい都市20選

Globe and Mail紙による調査で、カナダの新移民が最も住みたい街のランキングが発表されました。このランキングは過去5年間にカナダへ移住した人を対象に、地域社会への馴染みやすさ、環境の快適さ、住宅価格などに基づいています。

カナダ国内で1万人以上の人口を抱える439の都市からデータを集めており、新しい都市への移住を検討する際に重要であるとされる 10 のカテゴリーにわたる 43 の要素(住宅、医療、安全性、教育、地域社会、快適さ、交通手段、気候など)の分析が含まれます。

The 20 most livable cities in Canada for newcomers
カナダへの新移住者が住みたい街ベスト20

結果は以下のようなランキングになりました。

1.ピットメドウズ(BC州)

2.ビクトリア(BC州)

3.ウィニペグ(マニトバ州)

4.ノースバンクーバー(BC州) ※弊社スタッフの在住者コメント

5.サーニッチ(BC州)

6.ウェルズリー(オンタリオ州)

7.バーリントン(オンタリオ州)

8.レジャイナ(サスカチュワン州)

9.デルタ(BC州)

10.メープルリッジ(BC州)

11.ウェストバンクーバー(BC州) ※弊社スタッフの在住者コメント

12.オークベイ(BC州)

13.アボッツフォード(BC州)

14.コルウッド(BC州)

15.ノリッジ(オンタリオ州)

16.パークスヴィル (BC州)

17.フォートセントジョン(BC州)

18.ポートコキットラム(BC州)

19.ミドルセックスセンター(オンタリオ州)

20.コールドストリーム(BC州)

重視するのは住宅事情
今回の調査で、新しい都市への移住の際に選択肢の一つとして最も重要となるのが住宅事情であることが明確になりました。逆に、気候についてはあまり重要視されないことが分かりました。各要素でのスコアを平均し、各都市の総合スコアを計算しましたが、完璧な都市なんて存在しません。特にトップランクに選ばれるBC州ビクトリアでさえ、住宅・医療事情の要素では平均でした。

雇用があるか?経済情勢も大事
経済的な要素では、雇用市場、所得水準、税金、全体的な経済の安定性を調査することで、各都市の財政の健全性を評価しました。オークベイ、コルウッド、ノリッジ、ミドルセックスセンター、ポートコキットラムなどの都市にて、失業率が6%を下回っています。

老後も過ごしやすいか?
住宅事情に関しての要素は、手頃な住宅価格、高齢者向けの住宅オプションの利用しやすさを評価しました。不動産の一次取得、固定資産税、各世帯の住居費などの平均値を調べ、一人当たりの高齢者の住居についても調査しました。

新移住者にとって社会的多様性もポイント
人口統計のカテゴリーでは、人口増加、多様性、文化の豊かさにおける都市の安定性と持続可能性が検討されました。グローブ紙は、英語やフランス語を母国語としない人口の割合、移民第一世代または第ニ世代の人口の割合、可視的マイノリティの人口の割合という3つの要素に基づいた多様度指数を使用しました。ポートコキットラム、アボッツフォード、ウェストバンクーバー、デルタ、ノースバンクーバー(全てBC州)そしてウィニペグ(マニトバ州)がカナダの平均と比較してより高い多様性のある都市です。

医療サービス事情も地域で異なる
グローブ紙は医療事情に関して、医療サービスの利用のしやすさと質、そして自身の健康状態に対する住民の一般的な認識を調査しました。軽い症状や怪我などに対して3日以内に即時に治療を受けることができる人口の割合や、定期的な医療従事者がいる人口の割合などの指標を使用しました。BC州のメープルリッジ、ピットメドウズ、ノースバンクーバーでは、人口の88%以上が定期的に医療従事者にアクセスできます。

生活の安全面
安全面では、犯罪が発生するの可能性と住民の公共の安全に対する全体的な信頼度を調査しました。オンタリオ州ウェルズリーの犯罪発生率はカナダ平均より88%低く、全都市の中で最も低い水準でした。カナダの平均よりも犯罪率が低い他の都市は、BC州ピットメドウズ、ノースバンクーバー、サーニッチ、オンタリオ州バーリントンでした。

教育、社会福祉、レクリエーションなどの生活環境

教育の要素では、その地域の学歴、利用可能な学校、大学、その他の教育機関の種類について評価を行いました。

地域社会に関して、都市・街の社会参加の場、コミュニティイベント、ボランティアの機会、地域内への帰属意識とつながりを調査しました。BC州ウェストバンクーバーとコールドストリームの人口の74%以上が帰属意識があると回答し、最も高い2都市となりました。

環境の快適さという要素では、地域住民が利用できるレクリエーション施設、エンターテイメントの選択肢、ショッピングセンター、その他のレジャーの機会の数で決定されました。これには、近所に合法な大麻の販売店、スポーツジム、映画館、保育所、食料品店、図書館、公園があるか、などが含まれます。

公共交通機関の充実度、空港へのアクセスも移住者には大切


交通事情については、公共交通機関のシステム、アクセスのしやすさ、市内の全体的な移動のしやすさが調査されました。これには、空港から 45 分以内にある世帯の割合と、公共交通機関から1キロメートル以内に住んでいる人口の割合を調べることが含まれます。

徒歩圏内で生活ができるエリアはとても限られる
カナダの他都市と比較して、徒歩圏内で生活できるとされたのは、BC州ノースバンクーバーとビクトリア、マニトバ州ウィニペグのみでした。

外出が困難になるほど寒いエリア
最後に、グローブ紙は各都市の気候を調べ、過去の極端な気候と全体的な季節条件を分類しました。湿度による体感温度が35℃超え、日中の最低気温がマイナス15℃を下回る日が年に何日あるかを調べました。最低気温がマイナス15℃を下回る日が最も多いのは、ウィニペグとレジャイナでした。

実際に住んでいるビザJPカナダスタッフのコメント

ノースバンクーバーの魅力(ノースバンクーバー15年在住スタッフ)

カナダらしい自然豊かな場所。スキースノーボード、トレッキングなど山のアウトドアスポーツが楽しめると同時に海や湖でマリンスポーツも楽しめる。

最近開発が進むShipyards(シーバスを降りたエリア)。飲食店が充実。

週末ごとにイベント、夏もマーケットが開催、無料ライブなどもある。ダウンタウンへの交通の便がよい。眺め最高のシーバスに乗れば15分後には対岸のダウンタウンへ。

人気が後押ししてハイライズの建設ラッシュです。海&山の眺めのよい物件多数(高いけど)

基本ファミリーフレンドリーなコミュニティ。目抜き通りのロンズデール界隈に住む人は徒歩生活も可能。坂を下ると海!っていう景色がとても好きです

ウェストバンの魅力(ウェストバンクーバー20年在住スタッフ)

West Vancouver 在住20年目になりました。West Vancouverは、昔は別荘地として使われていたそうで、落ち着いた住宅地です。ちょっとした買い物や食事ができるビレッジが一か所と、ライオンズゲートブリッジに近いところに大きなショッピングモール(Park Royal)がありますが、他は自然豊かで静かなところです。

とはいえ、主要なところへのアクセスも簡単!バンクーバーのダウンタウンまでは車なら30分程度、スキーができるCypress Mountainまで30分弱、ウィスラーまでも1時間程度で行けてしまいます。他、ハイキングトレールもいたるところにあります。公立の学校も(小中高)けっこう高いレベルにランキングされています。住民の平均年齢は高めかも(笑)しれませんが、いいところですよ!

関連コラム

カナダ新移住者にとって、最も住みたい都市20選

2023年12月22日

カナダ新移住者にとって、最も住みたい都市20選

カナダ各州の2024年経済見通し

2023年11月9日

カナダ各州の2024年経済見通し

デフォルト画像

2023年10月26日

カナダ国外で取得した資格・免許をBC州で書き換えしやすくなります!

カナダ、世界第2位の優良国

2023年9月21日

カナダ、世界第2位の優良国

永住権・ビザ取得なら
今すぐ相談しよう

カナダへの永住権やビザ申請は、自分で行う場合、提出書類が多くて大変で、間違いがないか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、本気でカナダへの移住を考えているなら、移民コンサルタントのサポートを強くおすすめします。あなたの年齢、職業、家族の有無などによって、永住権を取得する方法はたくさんあります。専門家の助けを借りることで、自分の状況に合ったプランニングを確実に行うことができます。

プロの移民コンサルントがお悩みを解決

今すぐ無料相談する

移住プランニングから申請まで
ビザJPカナダひとつで完結

移民コンサルタントに相談すると、よりわかりやすく、スムーズに進めることができるでしょう。書類の提出や手続きにおいても安心感が増し、失敗のリスクを減らすことができます。あなたの夢を実現するために、専門家のアドバイスを受けながら、確実にカナダへの新しい一歩を踏み出しましょう。

お客様の声

ウェブテクニシャンでカナダの永住権獲得!

続きを見る>

絶対に移民する!その思いで4年間を乗り切りました。

続きを見る>

イベント情報

タグ一覧

ランキング

1
hotmailは特に注意!フリーメールの送信・受信トラブル対処法

2024年2月22日

hotmailは特に注意!フリーメールの送信・受信トラブル対処法

目次1 フリーメールの落とし穴2 フリーメールの中で特に要注意なのがhotmail!3 hotmailの長年の課題4 メール利用者はなすすべ無し!?5 hotmailでメールが届かないときの対処法6

2
【2024年最新】カナダ移民局の学生ビザに関するよくある質問16選

2024年3月1日

【2024年最新】カナダ移民局の学生ビザに関するよくある質問16選

目次1 2024年の学生ビザ改定に関するよくある質問1.1 Q:私が留学する州の学生ビザ発給数は何件ですか?1.2 Q:PALとは何ですか?1.3 Q:この新しい変更はいつから実施されますか?1.4

3
1/22以降しばらくは、新規学生ビザの申請ができません!

2024年2月26日

1/22以降しばらくは、新規学生ビザの申請ができません!

目次1 attestation letter に関する1/22追加情報について2 今後、学生ビザを申請する予定の人はどうしたらよいか こちらの記事は動画でも解説しています 1/22に移民局から発表され

4
ビザ申請で困った!カナダ移民局(IRCC)に問い合わせる4つの方法

2024年2月26日

ビザ申請で困った!カナダ移民局(IRCC)に問い合わせる4つの方法

目次1 ①Web Form2 ②Eメール3 ③コールセンターへ電話4 ④ATIPリクエスト/GCMS/オフィサーノート5 まとめ こちらの記事は動画でも解説しています ビザ申請中に問題発生!「審査が全

5
1.22 学生ビザルール改定の背景とBC州の今後の対応

2024年2月26日

1.22 学生ビザルール改定の背景とBC州の今後の対応

目次1 学生ビザルール改定の背景2 BC州、留学生の新規設立カレッジへの入学を2年間禁止、入学条件の英語力規定も導入3 その他のルール改定 こちらの記事は動画でも解説しています 2024年1月22日、

ピックアップ

【2024年最新】カナダ移民局の学生ビザに関するよくある質問16選

2024年3月1日

【2024年最新】カナダ移民局の学生ビザに関するよくある質問16選

ビザ申請で困った!カナダ移民局(IRCC)に問い合わせる4つの方法

2024年2月26日

ビザ申請で困った!カナダ移民局(IRCC)に問い合わせる4つの方法

1.22 学生ビザルール改定の背景とBC州の今後の対応

2024年2月26日

1.22 学生ビザルール改定の背景とBC州の今後の対応

「この人にお願いしてよかった」と思える

カナダ政府公認のコンサルタントだから
安心して任せられる

個人では難解な永住権取得のためのプラン設計、
ビザ申請準備、書類作成、ビザ申請手続きから
結果の報告までを全て行います。

永住権取得の不安をゼロに

ビザの専門知識があるスタッフが
あなたの相談にお答えします!

無料相談・お問い合わせ

厳選したビザ情報を配信

無料ウェビナーを開催中!
当日までの最新情報をお伝えします!

ウェビナーについて