ビザJPカナダは永住権、各種ビザ取得などカナダ移住のご相談をトータルでお受けできます。

ビザコラム

永住権、ビザ取得のお役立ち情報

カナダ各州の2024年経済見通し

投稿日:2023年11月9日

更新日:2024年4月23日

カナダ各州の2024年経済見通し


こちらの記事は動画でも解説しています

カナダの大手銀行 TDBank は先月、カナダの各州の経済予測を発表しました。TDレポートというこのレポートは、2023年の残りの期間と2024年の経済活動を予測した、カナダの各州の経済が今後1年間でどのように推移するかがわかり、興味深いものでしたので、皆さんにもシェアします。

カナダ各州の経済見通し

TDレポートにて、各州の経済状況が以下の7つの経済指標で評価されています。

  1. 実質GDPの年間変化率
  2. 名目GDPの年間変化率
  3. 雇用率の年間変化率
  4. 年間失業率
  5. 住宅着工件数
  6. 中古住宅価格の年間変化率
  7. 住宅販売の年間変化率

ブリティッシュ・コロンビア州

経済パフォーマンス

ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)の経済は、港湾労働者の大規模なストライキや深刻な山火事の影響を受けたにもかかわらず、ブリティッシュ・コロンビア州(B.C.)の経済は、2023年以降の成長率予測に修正が加えられていない。この回復力は、堅調な住宅セクターの業績と持続的な個人消費に起因する。しかし、今年度の全国経済成長率1.2%に匹敵した後、2024年には州経済の下降が予想されている。

住宅パフォーマンス

2023年上半期、BC州の住宅セクターは、カナダ中央銀行の利上げ見送りの決定が主因となって復活した。住宅再販件数は第2四半期に急増し、前四半期比30%増と全州を上回った。にもかかわらず、金利の上昇と値ごろ感の問題が根強いため、住宅セクターは2024年に減速し、年後半に緩やかに回復すると予想されている。

消費者支出

BC州の消費者は、今年を慎重にスタートしたが、回復力を示した。第2四半期の小売支出は、前期に若干落ち込んだ後、力強く回復した。TDの内部データによると、堅調な家計支出は7-8月も続いた。しかし、同州の家計は、すでに国内最 高の平均負債と金利上昇の重荷を背負っており、この消費ブームが、消費者物価の上昇につなが る可能性は低い。

労働市場のパフォーマンス

BC州の労働市場は減速が目立つ。1月から8月までの雇用増加率は前年同期比1.3%増にとどまり、全国平均を下回っている。今後数四半期は雇用の減少が続き、労働力人口が急増すると予想され、BC州の失業率は来年約6.4%の高水準に達する可能性がある。

オンタリオ州

経済パフォーマンス

オンタリオ州の経済成長は今年、力強いスタートを切った。しかし、第2四半期には顕著な減速が見られた。にもかかわらず、オンタリオ州は4月から6月にかけて、住宅市場の活性化、雇用の確実な増加、輸出の好調により、カナダ経済全体をわずかに上回る業績を達成した。

住宅パフォーマンス

急速な人口増加により、オンタリオ州は数十年ぶりの高水準に達した。しかし、オンタリオ州では、カナダ中央銀行が6月に利上げを開始して以来、住宅販売件数が最も大幅に減少し、14%の減少となった。今後の見通しとしては、平均住宅価格は第3四半期に安定し、年末に向けて下落すると予想される。2024年には金利低下により住宅販売と価格の回復が予想されるが、少なくとも過去35年間で最悪の値ごろ感水準に制約される可能性が高い。

労働市場のパフォーマンス

オンタリオ州の労働市場は、来年の製造業輸出の減少と自動車組立の減少が予測されるため、困難に直面する可能性が高い。これらの減少は、国際的な需要の減少と、電気自動車生産のための再調整のための工場閉鎖の結果である。このような課題にもかかわらず、2023年と2024年には、特にウィンザーEVバッテリー工場の開設により、自動車部品製造の成長が予想され、将来は有望である。

消費者支出

短期的には、家計の収入と支出は政府からの支援金によって補完され、消費は自動車販売の増加によって押し上げられた。しかし、オンタリオ州世帯の負債水準が高いため、債務返済費用の増加が家計支出の回復力を試している。来年、これらの家計は収入のかなりの部分を債務返済に充てる必要があり、これが個人消費を弱め、州の成長見通しを制限すると予想される。

アルバータ州

経済パフォーマンス

アルバータ州は、年初の深刻な山火事と一般的なメンテナンスのための操業停止による石油部門の一時的な活動低下にもかかわらず、2023年の州内GDP成長率でトップの座を維持し続ける。第2四半期の石油生産量は15%減少し、2016年以来の最低を記録した。しかし、トランス・マウンテン・パイプラインの始動が遅れたとしても、秋には生産量が急速に回復し、2024年の石油生産量の伸びを押し上げると予想される。

住宅パフォーマンス

アルバータ州の住宅セクターの魅力が移民の増加に寄与しているとみられ、全州の中で2番目に速い伸びを示した。手頃な住宅価格と経済見通しの良さ、住宅着工件数の多さが、新規移民を呼び込む鍵となっている。こうした人口の増加は、アルバータ州の不動産業界を支える重要な要素となっている。

労働市場のパフォーマンス

アルバータ州は、2023年の雇用増加率でPEI州に次いで高い。失業率が一定であることから、労働力人口の増加が州内の雇用増加のペースに追いついていることがうかがえる。しかし、最近の求人数の減少は労働需要のピークを示唆しており、今後雇用が減速する可能性を示唆している。

個人消費

持続的な消費者需要は、石油生産量の減少による実質GDPへの悪影響を相殺する。この需要は、堅調な人口増加と雇用創出が原動力となっている。しかし、アルバート州民の平均債務水準が高いため、2023年半ばにカナダ中銀が実施した追加引き締めが不釣り合いな悪影響を及ぼし、今後数カ月の間に個人消費が減少する可能性がある。

マニトバ州

経済パフォーマンス

マニトバ州は2023年から2024年にかけて緩やかな経済成長を達成すると予想され、他州と比較して中位に位置する。この成長は、マニトバ州の重要な公共部門によって促進され、今年の雇用はこれまでのところ2%増加している。しかし、推定0.2%のGDP赤字を軽減するための努力として、州の支出計画に沿って公共部門の拠出が減少すると予測されている。幸いなことに、マニトバ州は、他州に影響を与えた最も深刻な天候関連の経済的影響のいくつかを回避することができた。

住宅実績

マニトバ州の不動産セクターは、カナダ中央銀行の利上げにもかかわらず回復力を示し、5月以降の販売件数が2桁の伸びを示した。同州では、パンデミック時に他地域が経験したような住宅価格の高騰はなく、市場の値ごろ感が保たれた。このため、住宅価格の顕著な伸びは2023年の残り期間と2024年まで続くと予想される。

労働市場の業績

マニトバ州の製造業は好調な1年であったが、この成功のかなりの部分は、世界的なサプライチェーンの改善による輸送機器部門の大幅な増加によるものである。しかし、米国やオンタリオ州を中心とする全国的な景気減速に伴い、州間貿易の見通しも低下することが予想されるため、成長率は低下する可能性がある。

消費者支出

マニトバ州の高債務世帯は、借入コストの上昇により負担が増し、州内の消費が減速すると予測されている。この減速の証拠は、TDのクレジット・カードとデビット・カードの内部データから得られている。しかし、同州は家計所得の増加を目指し、予算で大幅な減税を導入した。この介入は、住宅市場の継続的な底堅さとともに、消費減速への対抗策となるはずである。

ノバスコシア州

経済パフォーマンス

ノバスコシア州では、人口増加がかつてないペースで続いており、カナダ全体の成長を上回るGDP成長率を予測している。この成長の原動力となっているのは、大量の移民と非永住者の増加、そして国内移住である。しかし、カナダ中銀の利上げキャンペーンが消費者に与える影響や貿易環境の悪化などの課題が、将来の成長を鈍化させる可能性がある。

住宅実績

ノバスコシア州の堅調な人口増加は、建設部門に拍車をかけ、高い住宅需要を維持した。住宅価格は8月にパンデミック前の水準から約70%上昇し、カナダ中銀が利上げを実施しても上昇を続けている。

労働市場のパフォーマンス

ノバスコシア州の目覚ましい人口増加により、企業は潜在的な従業員のプールを拡大し、その結果、雇用は大幅に増加している。雇用市場はカナダの他の地域よりも求人数が多く、雇用の機会がより多い状況。

消費者支出

ノバスコシア州の個人消費は好調を維持しており、過去1年間に約4万人の新規消費者を迎えている。しかし、カナダ中銀の利上げの影響により、今年後半から2024年にかけて消費は緩やかになると予想される。

ニューブランズウィック州

経済パフォーマンス

ニューブランズウィック州経済は、2022年に国の成長に遅れをとった後、2023年と2024年には平均的な成長を遂げる見込みである。外部からの潜在的な課題にもかかわらず、ニューブランズウィック州の堅調な人口増加と堅調な消費支出は、経済成長への下方圧力を抑える要因となっている。

住宅のパフォーマンス

モンクトンの5.4%増という顕著な人口急増は、労働力の拡大と雇用機会を刺激した。とはいえ、ここ数ヶ月の求人倍率の上昇は、マニトバ州経済の圧迫要因となっている。それでも、年が明ければ平均以上の雇用機会が得られる可能性があり、来年までには安定すると予想される。

労働市場のパフォーマンス

労働力と雇用の強さは人口増加によって強化されており、数値は全国の高水準に近い。ニューブランズウィック州の雇用機会は、COVID-19パンデミックの間、後れを取っていたものの、全国平均を上回っている。2024年に市場が安定する前に、雇用者数の一貫した成長が年末まで予想されることは注目に値する。

消費者支出

ニューブランズウィック州民の平均負債対GDP比は他州と比較して最も低く、潜在的な借入コストの上昇を回避している。加えて、個人消費は、潜在的な後退の中で回復力を示し、一貫した貢献をしている。

ニューファンドランド・ラブラドール州

経済パフォーマンス

ニューファンドランド・ラブラドール州(NL)の昨年の実質GDPは、主に石油・鉱業部門の低迷により縮小し、後退を経験した唯一の州となった。2023年も石油・鉱業セクターの低迷が続き、他の地域と比較して低成長が続くと予想されるが、2024年にはより大幅な成長が期待される。

住宅パフォーマンス

石油部門の回復はテラ・ノヴァの再稼働に依存していたが、これは翌年に延期され、期待された成長を阻害している。期待されていたNLの原油生産量の増加は、この挫折とホワイトローズとヘブロンの計画的メンテナンスの影響を受けており、石油・ガス生産量は州GDP全体の30%近くを占めている。

労働市場の業績

鉱業部門は、鉄鉱石、ニッケル、銅の価格が昨年のピークから急落した。これは鉱物の出荷に悪影響を及ぼし、2023年には10~15%の減少が予想される。このような後退にもかかわらず、鉱業部門は中期的な成長見通しを維持しており、鉱物探査支出は2022年に2億4,300万ドルに達し、過去10年間で最高を記録する。

消費者支出

カナダ中央銀行の積極的な利上げキャンペーンにもかかわらず、堅調な雇用と人口増加により国内向け産業は底堅く推移しており、個人消費は好調を維持している。クレジットとデビットカードの取引に関するデータでは、NL世帯が他のすべての世帯を上回っている。

プリンスエドワードアイランド州

経済パフォーマンス

プリンス・エドワード島(PEI)の人口は大幅に増加しており、これが今年の好調な業績の主な原動力となっている。この成長は、主に若年層の海外移住者の流入によるもので、高齢化という全国的な傾向を覆しつつある。この傾向は、他の貢献とともに、州の回復力に変革的な影響を及ぼしている。

住宅性能

移民の流入は、PEIの住宅市場に大きな足跡を残した。賃貸住宅は2016年の初めから30%増加しており、これは主に留学生によるものである。さらに、人口増加により、住宅価格は大流行前の水準を約40%上回って維持されている。

労働市場のパフォーマンス

PEIの労働市場は、新規移民の恩恵を大きく受けている。同州の雇用は全国で2番目に速い伸びを示した。家計支出の鈍化が予測されるものの、人口増加とそれに伴う需要により、雇用は堅調に推移すると思われる。

消費者支出

PEIの着実な人口増加は、家計支出の増加ももたらしている。TDカードの内部支出データによると、2023年のインフレ調整後の支出は約7%増加する。しかし、予想される借入コストの上昇は消費を減少させ、ひいては雇用に影響を与え、失業率を上昇させる可能性がある。

ケベック州

経済パフォーマンス

ケベック州経済は2023年第2四半期に顕著な後退を経験し、GDPは全国レベルで見られた小幅な落ち込みよりも大幅に減少した可能性が高い。この落ち込みの一因は、山火事による鉱業部門の不振である。楽観的な見方ではあるが、家計所得と消費を押し上げる財政支援が続いていることから、このセクターの活動回復は近いと予想される。

住宅業績

ケベック州の住宅部門は、前年度後半からかなり伸びが鈍化した。人口が緩やかに増加しているにもかかわらず、住宅建設は好調な時期を経て減少している。住宅販売も借入コストの高騰により減少し、住宅建設部門に影響を及ぼしている。この不振は来年も続きそうである。

労働市場のパフォーマンス

ケベック州の住宅セクターの低迷は、ケベック州の経済成長のもう一つの主役である製造業にも一部影響を与えている。木材、鉱物、金属製品など建設産業で使用される材料の生産減少に加え、商品に対する外需の軟化は、ケベック州のGDPの約15%を占めるこれらの部門の厳しい見通しを示唆している。ケベック州の失業率は、国内では最も低いものの、経済成長の低迷により上昇すると予想される。

消費者支出

ケベック州の個人消費は、借入コストの上昇と雇用市場の冷え込みにより減少する可能性がある。ケベック州民はこれまで貯蓄を取り崩し、旺盛な消費習慣を続けてきたが、今後はこの傾向が鈍化すると予想される。特筆すべきは、ケベック州ではカナダの他の地域と比較して、人口増加によって消費が均等に支えられていないことで、この傾向は今後数年間続くと思われる。

サスカチュワン州

経済パフォーマンス

2023年のサスカチュワン州の経済パフォーマンスは、1.1%の大幅なマイナス成長となり、GDP成長率は1.3%と予測される。これは、同州の経済成長を同州の中で最も弱いものにしている。実際、今年のGDP推定値はほぼ全国平均並みである。しかし、2024年には立ち直り、州の中で成長の先頭に立つと予想されている。

住宅実績

サスカチュワン州の住宅セクターでは、他州に比べ値ごろ感がある。このことは、経済全体に対する住宅セクターの貢献が直接述べられていないにもかかわらず、需要を強化する上で重要である。

労働市場のパフォーマンス

サスカチュワン州の労働市場は低調で、雇用の伸びは鈍く、個人消費は相対的に低迷している。さらに、重要な雇用カテゴリーである主要作物生産は、主に生育条件が不利なため、約20%減少すると予想されており、このセクターの雇用に影響を与える可能性がある。

消費者支出

サスカチュワン州の個人消費の見通しは、雇用の伸びと大きく関係しており、少なくとも今年は、あまり期待できない状況である。個人消費はこれまで低調に推移してきたが、2024年に始まる経済活動の急増を受け、来年は回復に向かうと期待されている。

これからカナダに移住しようと思っている方へ

これからカナダに移住しようと思っている方やカナダ国内で違う州への移動を検討している方が「どこに住むか」を検討する際に、気候や日本からの距離、日本人がどのぐらいいるか、などという観点に目が向きやすいですね。でも、それ以外にも、こういった経済面からも、各州の傾向を見ておくということも大切です。特に住宅事情、労働市場といったところは、移住計画の参考になると思います。

関連コラム

カナダ新移住者にとって、最も住みたい都市20選

2023年12月22日

カナダ新移住者にとって、最も住みたい都市20選

カナダ各州の2024年経済見通し

2023年11月9日

カナダ各州の2024年経済見通し

カナダ国外で取得した資格・免許をBC州で書き換えしやすくなります!

2023年10月26日

カナダ国外で取得した資格・免許をBC州で書き換えしやすくなります!

カナダ、世界第2位の優良国

2023年9月21日

カナダ、世界第2位の優良国

永住権・ビザ取得なら
今すぐ相談しよう

ビザJPカナダの移民コンサルタント

カナダへの永住権やビザ申請は、自分で行う場合、提出書類が多くて大変で、間違いがないか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、本気でカナダへの移住を考えているなら、移民コンサルタントのサポートを強くおすすめします。あなたの年齢、職業、家族の有無などによって、永住権を取得する方法はたくさんあります。専門家の助けを借りることで、自分の状況に合ったプランニングを確実に行うことができます。

プロの移民コンサルントがお悩みを解決

今すぐ無料相談する

移住プランニングから申請まで
ビザJPカナダひとつで完結

ビザJPカナダの移住プランニングから申請までのステップバイステップ ビザJPカナダの移住プランニングから申請までのステップバイステップ

移民コンサルタントに相談すると、よりわかりやすく、スムーズに進めることができるでしょう。書類の提出や手続きにおいても安心感が増し、失敗のリスクを減らすことができます。あなたの夢を実現するために、専門家のアドバイスを受けながら、確実にカナダへの新しい一歩を踏み出しましょう。

お客様の声

ウェブテクニシャンでカナダ永住権取得

ウェブテクニシャンでカナダの永住権獲得!

続きを見る>

カフェのスーパーバイザーとして就労ビザから永住権を取得したMoeさん

絶対に移民する!その思いで4年間を乗り切りました。

続きを見る>

イベント情報

イベントカレンダー

タグ一覧

ランキング

1
ビザ申請で困った!カナダ移民局(IRCC)に問い合わせる4つの方法

2024年6月5日

ビザ申請で困った!カナダ移民局(IRCC)に問い合わせる4つの方法

目次1 ①Web Form2 ②Eメール3 ③コールセンターへ電話4 ④ATIPリクエスト/GCMS/オフィサーノート5 まとめ こちらの記事は動画でも解説しています ◆6/21(金)開催:注目セミナ

2
【2024年最新】カナダ移民局の学生ビザに関するよくある質問16選

2024年6月5日

【2024年最新】カナダ移民局の学生ビザに関するよくある質問16選

目次1 2024年の学生ビザ改定に関するよくある質問1.1 Q:私が留学する州の学生ビザ発給数は何件ですか?1.2 Q:PALとは何ですか?1.3 Q:この新しい変更はいつから実施されますか?1.4

3
2024年1月22日以降、しばらくは新規学生ビザの申請ができません!

2024年5月23日

2024年1月22日以降、しばらくは新規学生ビザの申請ができません!

目次1 Attestation letter に関する1/22追加情報2 Attestation letter が不要となる方3 配偶者オープンパーミット申請予定の方の場合4 今後、学生ビザを申請する

4
カナダで日本人が日本語の強みを活かせる仕事おすすめ14選

2024年6月5日

カナダで日本人が日本語の強みを活かせる仕事おすすめ14選

目次1 日本人のスキルが求められている職種1.1 保育士1.2 美容師1.3 大工1.4 調理師1.5 庭師1.6 翻訳者1.7 美容サロン(エステ、マツエク、ネイル)1.8 ドッグトリマー(グルーマ

5
ファミリークラス永住権申請「偽装」のパートナー関係ではないことを証明する方法

2024年6月5日

ファミリークラス永住権申請「偽装」のパートナー関係ではないことを証明する方法

目次1 ファミリークラス(配偶者・コモンローパートナー)とは2 審査厳格化の背景3 関係が本物であることを証明する方法3.1 配偶者であることの証明3.2 コモンローパートナーであることの証明3.3

ピックアップ

大学院留学からカナダの永住権取得を目指す方法とメリット

大学院留学からカナダの永住権取得を目指す方法とメリット

カナダの留学生のためのオンキャンパスとオフキャンパス就労のすべて

カナダの留学生のためのオンキャンパスとオフキャンパス就労のすべて

「この人にお願いしてよかった」と思える

カナダ政府公認のコンサルタントだから
安心して任せられる

個人では難解な永住権取得のためのプラン設計、
ビザ申請準備、書類作成、ビザ申請手続きから
結果の報告までを全て行います。

ビザJPカナダロゴ
移民コンサルタント

永住権取得の不安をゼロに

永住権取得の不安をゼロに

ビザの専門知識があるスタッフが
あなたの相談にお答えします!

無料相談・お問い合わせ

厳選したビザ情報を配信

厳選したビザ情報を配信するウェビナー

無料ウェビナーを開催中!
当日までの最新情報をお伝えします!

ウェビナーについて