Staff Blogスタッフブログ

カナダへ移民(移住/永住)したい!

今年60近くになる私の実母、、、 3年ほど前まで生まれてこの方、一度も日本国外に足を踏み入れたことがなかった彼女。 過去に2度、カナダのバンクーバーへ2週間ほど観光に来てから味を占めたのか、中国、韓国などの日本近辺の海外に足を運ぶようになった。 幾つかの国を訪れ、また娘の私自身がカナダのバンクーバーに移民したことをきっかけに、彼女の心に芽生え始めた野望、、、 それは、 「カナダに住みたい」 という思い。 母の年齢も年齢で独り身、おぼつかない、というよりほとんど理解することができない...

カナダのお仕事 〜餅は餅屋。日本人移民コンサルタント編〜

カナダへの移民(永住)や就労を考え、ビザを申請する理由は人それぞれ、、、 人それぞれであるが為、申請に関しての答えがすべて同じではなく、複雑でややこしい。 カナダに住みたい、又は働きたいと思いビザの申請を決意。 でも何から手をつけていいのやら、、、時間とお金をかけ書類を集め始めたはいいものの、集めている書類が正しいものなのか、また申請が通らないのではないか、という不安、、、 そう、、、 カナダで生活するという夢を実現させ、不安を取り除き、カナダでの人生の橋渡しをする、それが移民コンサル...

カナダへ永住!

現在カナダでは各国全体を合わせて年間で約20万人以上の移民を受け入れており、その内日本人の永住権取得者は600人程で、ここ5年ほどで増加の傾向にある。 カナダへの永住、、、なぜ年々人気が高まってきているのか、、、? カナダのご近所、米国への永住権取得条件と比べるとカナダへの永住権取得条件はとても寛大であるということが一つ。 また、カナダの国土は日本の約26倍もあるのに対し、人口はわずか3千万人という日本の4分の1程度と人口が少ない為、各業種にわたり、専門の技術者が不足している。 その為...

カナダで国際結婚!

かれこれ今の夫(バンクーバー出身、カナダ人)と結婚してカナダに住むようになって4年が経ちました。 今では英語での生活にも大分慣れましたが、、、こちらに来た当時は精神的に結構大変でした。 結婚を機にカナダへ移民をする為のビザの申請中(カナダ国内申請)、違法で滞在しているわけではないのに、カナダ国外に出ることが出来ないという事や働く事が出来なかった為か、何か、どこか、圧迫されたような、、、箱に入れられたような息苦しさを感じていました。 ビザの申請に夫はとても協力的でしたが、国が絡んでの書類な...

カナダのお仕事 〜某有名スーパーマーケット勤務編〜

バンクーバーに移民し、実際に生活して感じる事、、、 それは、日本よりカナダでの生活の方が人生を楽しめるという事。(私の個人的な意見です) バンクーバーにいると、すごい生きてるっていいなーとか人生楽しんでる~なんて、ちょっとクサい事を思ったりしてしまう時があるのですが、何故かというと、日本に居たときは、働いてばかりで休日は疲れ切って昼過ぎまで寝ていて、外に出る頃には夕方であっという間に休日が終わり、次の日にはまた朝から晩まで働かなければいけないという恐れに似た、俗に言うサザエさん現象、、 そ...

カナダのちょっとしたお金事情

旬なニュースを一つ、2011年9月1日よりカナダのアルバータ州の最低賃金が変わりました。 アルバータ州が提示している最低賃金は、$9.40(時給)で約2万人の方に影響があるとの事、これからアルバータ州で働く予定の方にはとっても素敵な情報ではないでしょうか。 働く上でもちろん知っておきたいのはどのくらい自分が稼げるか、それによってどれだけカナダに滞在できるかという事に影響しますよね。 都道府県によって異なりますが日本の最低賃金と比べると、2ドル(約200円ほど)高いことになります。 単純に計算...

ワーキングホリデープログラムの魅力!

   毎年10月に協定を結んでいる各大使館よりワーキングホリデーの定員人数が発表されます。 そのワーキングホリデービザとは何なのか、、? ワーキング・ホリデー制度とは、二つの国・地域間の取り決め等に基づき、各々の国・地域が、相手国・地域の青少年に対して自国・地域の文化や一般的な生活様式を理解する機会を提供するため、自国・地域において一定期間の休暇を過ごす活動とその間の滞在費を補うための就労を相互に認める制度です。 (外務省ホームページより) 現在、日本政府とワーキン...

みなさまの声 (8月24日に開催された無料セミナーにて)

   まずは今回のファミリークラス移民のセミナーにご参加頂いた皆様お越し頂きありがとうございました。 参加者枠10名の募集でしたが、予想以上に希望者が多く、応募された方が多かったので枠を15人まで増員して開催しました! (今回ご応募いただいたのにご参加いただけなかった方々申し訳ございません。) プロのカナダ政府公認移民コンサルタントからの無料講座、参加頂いた方々からの反響はどのようなものだったのか、、? セミナー参加者Aさん:申請中のステータスについての疑問が解消...

日本のパスポートはすごい!

  私が数年前、国際客船上で働いていた時に気付いた事、それは日本のパスポートはすごい!!!! 日本のパスポート保持者はなんとビザ無しで125カ国に入国可能、世界で2番目にビザなしで入国できる国が多いのです。 (ちなみにビザなしで入国できる国が最も多いのは、126カ国でデンマークです) 以前、イタリアに国際線客船乗組員として行ったときに同僚の南アフリカ出身の友人から出た一言 「私は船から降りられない」 何故なのかとたずねると、イタリアに入国するビザが取れなかったとの事。 彼...

難しいと言われているロースキルのポジションでLMO取得!

みなさんもご存じの通り難しいと言われているロースキルのポジションでのLMOの取得、、、、 なぜロースキルのポジションでのLMO取得が難しいのか、、、? 簡単に簡潔に言いますと、"トレーニングを積めば誰にでもできる特に技術を必要としないポジションであるため"です。 受け止めなければいけない現実として、はやりカナダに外国人として滞在する以上、 お仕事の面でカナダ人が優先的になることがしばしばあります。 しかし、カナダ人の中でも持っている人が少ない技術を持っている外国人であ...