Staff Blogスタッフブログ

カナダのニュース ~お産後、妊娠発覚~

先日、テレビでこんなニュースを拝見しました。  ”25歳女性が救急車で病院に運ばれ、7パウンド (約3200g) の女の子を出産した。女性は自分が妊娠しているとは知らなかったとの事。過去9ヶ月間、月経は毎月来ており、体重も少し増えたものの、子供がいると疑うほどではなかった”    、、、こんなことってあるんですね、、、   当日女性は、引っ越しのため重たい家具等を移動。 その後、突然激しい背中の痛みに襲われ、病院に運ばれてから30分ほどで...

カナダのハロウィン!

ハロウィン、、、 カナダではこういったイベントが盛大に行われ、老若男女に関係なく(ペットでさえも)、コスチュームを毎年購入し、自宅のディスプレイも本格的でサウンドシステムを庭に設置したり、子供にあげるためのお菓子を大量に買い溜めしたりと、とても経済にいいなと思います。 ハロウィンと言えば仮装。 個人的なことですが、去年は私の大家さんがハロウィンパーティーをするという事で、ネットで見つけたベイクドポテトの衣装を着ようと思ったのですが、注文が間に合わず、仕方なく胸の部分に筋肉が入ったスーパー...

~バンクーバー、美しい街並みの裏の顔~ その2

先日、週末だったのにもかかわらず「世の中物騒だ」という暗いニュースをお送りしました。 というワケで、週明けから更に暗い話題をお伝えしたいと思います。   裏の顔、、といえば、、、   バンクーバー市内にある、イーストヘイスティング (East Hasting) 、、という通りをご存知でしょうか。   このルート、私にとっては毎日の通勤で見慣れた風景。   実は、この地帯は観光スポットとしても人気のガスタウンからすぐ近くにある、北米では有...

カナダ移住(移民/永住)後 ~バンクーバー、美しい街並みの裏の顔~

カナダへ移民する為、ビザを取得したのもつかの間、、、 先日、こんな物騒なニュースを耳にしました。    [バンクーバー市に移住して来た2人の女性(国籍不明)が奴隷のような扱いを受け、現在、市内の施設で保護されている。 1人の女性は、ナニー(ベビーシッター)として移住し12時間以上の労働を強いられ、賃金は8時間しかもらえず不当な扱いを受けていた。 また、もう1人の女性は、パーキンソン病患者のケアーギバーとして休みなしで働き、暴力なども受けていたという。] &nbs...

ワーキングホリデー後、カナダ永住(移住/移民)のチャンス!

ここ最近では、飲食関係など、ロースキルからの就労ビザ(ワークパーミット)でさえ、ビザ取得が難しかったのですが、なんと!飲食、旅行、食品加工、運送業等のロースキルの職種からでも、永住(移民/移住)権申請のチャンスが再来したとのニュースが移民局より飛び込んでまいりました。 今現在、ワーキングホリデーでカナダに滞在中の方でも、移民局が指定している職種に従事している方は対象になるとの事。   申請者に対する条件は、以下のようになります。   ・申請直前の9ヶ月間またはそれ...

カナダでビジネス! 〜幼少からの夢を実現させた、やり手ビジネスマン〜

ふと、日本人にとってカナダは観光で訪問する寒い国であって、 ビジネスや生活/移住をすることに関しては米国に比べて余り関心を持たれていないのが現実ではないか?そんな思いが頭をよぎった。   そんな中、カナダのバンクーバーと日本に幾つかビジネスを展開している、弊社社長T氏、、、   月の半分以上は日本に出張をしており、オフィスでお目にかかる事はあまりない。 話し方や雰囲気から、おっとりした性格なのかと思いきや、最初にもお伝えしたように幾つか会社を経営し、しかも成功して...

カナダ永住(移民・移住)権と市民権の違い?:人材カナダビザセミナーより

まずは、今回の無料セミナー、”永住権(移民・移住)申請の基礎” にご参加頂いた皆様お越し頂きありがとうございました。(2011年9月28日開催) プロのカナダ政府公認移民コンサルタントからの情報とあって、前回同様、ご希望者が多かったので枠を15人まで増員して開催しました。 (今回ご応募頂いたのにご参加頂けなかった方々申し訳ございません。)   最終的に移民申請を考えているが、現在まだ申請するまでに至っていない方を対象に開かれたこのセミナー。 定員を割...

カナダで面接! 〜カタコトの日本語を話す日本人〜

母国を離れ、早4年、、、 バンクーバーで生活するようになり、ビザ申請のお手伝いをしている弊社の人材カナダでお仕事をする今まで、ほぼ毎日24時間英語を話す日々でした。 未だ、英語力向上の為、語学学校に通っている私なのですが、、、今までの行動が、私の日本語に影響するとは、思ってもおりませんでした、、、   ここ最近、というかこちらに来てからしばらくして、日本の方と話しをする際、言葉(日本語)がスラスラ出てこなくなるという、生粋の日本人として恥さらしな現象が出始めました、、、 英...

魅力的!リブ イン ケアギバー プログラム

注)リブ イン ケアギバー プログラムによる就労ビザ受付は終了しました。 先日、ビザコンサルティングの専門家、又はその業界の勉学に励んでいる方のみ参加が可能な、Live in Care Giver Programに関するセミナーが開催されました。私はその道のプロでも何でもないので、参加が不可能、、、が、弊社のベテランカナダ政府公認移民コンサルタントのY氏がその密会に参加していたというではありませんか、、!そこで、こっそりY氏にお話を伺いました、、、 、、そもそも、リブインケアギバーとは何な... リブインケアギバーとは就労ビザの一つで、他の就労ビザとは一味違う、ロースキルでも就労後、移民申請が可能になる特殊なビザです。

簡単に分かりやすく言うと、「住み込み世話人」で雇用主にあたる一般家庭で、18歳以下の子供(実際は12歳以上の場合は難しい)、65歳以上の高齢者の介護、又は身体に障害のある方(ハンディーキャップの方)のお世話をする事。

現時点で、このカテゴリーからの申請定員による足きりなどは発表されていなく、条件を満たしていれば何時でも誰でも申請が可能。

、、、その条件とは?

雇用主に対して:

・以前は厳しくなかった経済状態の証明の為、納税関係の書類などの提出(家族定員によって異なる最低年収入に加え、care giverのフルタイムの給与を支払えるかどうか)

・ヘルパーが必要であるという証拠の提出(子供の年齢を証明するものや、介護が必要である根拠となる診断書)

・本人確認の書類提出

・ケアギバーが住むことになる部屋と設備条件の説明

・LMO取得に先立ち広告の義務

被雇用者に対して:

・高校を卒業している事

・ケアギバーとして担当する業務(子供の世話なのか、介護なのか)に関連する最低6ヶ月のトレーニングか1年間フルタイム(過去三年以内で、最低6ヶ月、同じ雇用主の元で働いてる事が必須)での仕事経験がある事。
証明の為、納税を証明する書類や雇用主からの手紙の提出が必要となります。

・英語又はフランス語の、いずれかのスキルがある事(特にテストなどを受ける必要はありませんが、ビザオフィスでの面接時に英語力又はフランス語力を評価されます)
また、雇用主が日本人等で、日常会話は日本語であっても、一人で緊急時に対応できる程度(救急車の手配など)の英語力、又はフランス語力が無ければ、条件を満たしていると見なされません

、、、待遇はどんな感じなのでしょう?

州や雇用主によって異なりますが、BC州の場合リブインケアギバーに対して、、、

・最低賃金の支給

・労働時間は週40時間が最長、週二日の休暇が必須

・被雇用者は、雇用主宅に住み込みの為、最高で週75ドル、又は月325ドルの家賃料を支払う必要がある
(食事に関しては、雇用主によって無料で提供してくれる場合も有)

また、最初にもチラっとお伝えしましたが、このビザの最大の魅力、、、

それは、24ヶ月、又は3900時間の労働時間を達成すれば、その後永住権取得の権利が与えられる!、、、という、なんとも素敵なビザなのです!

保育師や看護師の方からの応募が多いようですが、それ以外のロースキルでも申請可能ということですので、他に該当する方も多くいらっしゃるのではと思います。

詳しくお話を聞きたいという方、人材カナダではカナダ政府公認コンサルタントとのカウンセリング(予約制)を日々で行っております。
バンクーバーオフィスへの来社が難しい方、日本に滞在中の方からも、スカイプやお電話、メールからのご相談も受け付けております。
皆様!お気軽にご連絡くださいませ!

-->

カナダでボランティア!

日本ではそこまで身近ではない、ボランティア活動。(自然災害等があった際は別ですが) カナダではファンドレイザーと呼ばれる非営利団体への寄付金集めや、無償で自分の利益の為以外に貢献する行為が多く行われています。 日本に滞在していた頃、私を含め周りの友人も、ボランティアという言葉は知っていても、実際に参加した事は一度も無く、なんとなく他人事といった感じで、誰かの為に何かしたいと思うよりも先にタダで働くというマイナスのイメージがあったのですが、、(お金が全てではないのですよね、、、過去の自分を反...