Staff Blogスタッフブログ

カナダ最高齢の移民女性天国へ、、、

 

カナダの最高齢者で、1954年にカナダの移民(永住/移住)権を取得したBC州在住の女性が今月12月に肺炎の為亡くなったという残念なニュースを伺いました。
 
女性は中国出身のサム・ヤン・ファングさん、享年112歳。
中国人の旦那様を持ち、カナダにやって来たが、第2次世界大戦などの影響で、当時は移民する事が出来ず、、、中国とカナダを行ったり来たりしていたそうですが、1954年に晴れてお子様たちとカナダの永住権を取得。
 
112歳のお誕生日には、なんと英国のエリザベス女王とバンクーバー市からお祝いの手紙が届いていたそうですよ。
 
このニュースを聞いた時、私の義理の曾祖母の事が頭を過ぎりました、、
義理の曾祖母はスコットランドより、ファングさんと同時期(55年以上前)にカナダに移民をしました。
曾祖母が100歳くらいの時に、精神も体も健康で、自身が亡くなる気配がないと思った事から「神様が私のことを忘れてしまったに違いない、、銃で撃ってほしい」と冗談で私の義理父にお願いしていたという話を思い出しました。
去年、108歳で眠るように黄泉の客となった曾祖母、、、
上で元気にやってくれているといいなと、、思います。
 
今でこそインターネットなどテクノロジーの進化で情報収集はもちろん、申請書など簡単にダウンロードして自宅でプリントもできますが、当時はどのようにして情報など得ていたんでしょうね。
今日の申請書や申請条件は前触れもなく頻繁に変わりますが、当時はそんなことはなかったのかな、、?
取得までの期間も今ほど長くなかったのでしょうかね、、今となっては謎です、、
 
曾祖母が亡くなる前に聞いておけばよかった、、
 
サム・ヤン・ファングさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
カナダのビザに関する無料相談はこちら