Staff Blogスタッフブログ

ワーキングホリデープログラムの魅力!

  
毎年10月に協定を結んでいる各大使館よりワーキングホリデーの定員人数が発表されます。

そのワーキングホリデービザとは何なのか、、?

ワーキング・ホリデー制度とは、二つの国・地域間の取り決め等に基づき、各々の国・地域が、相手国・地域の青少年に対して自国・地域の文化や一般的な生活様式を理解する機会を提供するため、自国・地域において一定期間の休暇を過ごす活動とその間の滞在費を補うための就労を相互に認める制度です。
(外務省ホームページより)


現在、日本政府とワーキングホリデービザに関する取極、又は協定を結んでいるのは全部で11カ国で、基本的には各相手国ごとに一生に一度しか利用することができません。(オーストラリアのみに関しては条件により2回目のビザ取得が可能)

また、年齢の制限(各相手国によって異なる)もあるので、そのビザの存在自体を知り異国へ行こうと決めた際にはすでに時遅しの方もいらっしゃると思います。


私が住んでいるバンクーバーは、カナダの中でも特に移民が多い街なので、色々な国の方に出会う機会がとても多く、現在持っているビザの話になることがよくあります。

私はすでにカナダでの永住権(Permanent Resident Visa)を取得済なので、毎日のほほんと過ごしているのですが、中にはビザの申請中で現在働くためのビザを持っていない方や、スポンサー(交際相手)がビザ申請に関して積極的でなく、申請すら見送り状態の方、それぞれですが、異国で働くことも学校へ行くこともできずただ貯金を削って生活していると考えると、、、なんだか気が気ではないですね、、、

海外に住むようになってしみじみ感じる事は、日本で当たり前にできた事、学校に行く、仕事をする、旅行に行く等が海外にいるとそう簡単にはいかないという事。
もっともですが、海外で自国のように生活するのは想像以上に難しいのです。

ですが、ワーキングホリデービザならワーキングホリデービザ一つで海外で学校に通っても、仕事をしても、旅行に行っても誰も咎めないのです! 一石数鳥の万能ビザ!

ただ一つこのビザの残念なところは、先ほども言ったように年齢制限があるという事。

外国語を話すようになって、異国の方と分かり合い、冗談を言って笑い合える事の素晴らしさを知っていただきたい!

時は金なりといいます。観光ビザでは味わえない奥深い体験をみなさんにも味わってほしいと願っています!

カナダのビザに関する無料相談はこちら