ビザJPカナダは永住権、各種ビザ取得などカナダ移住のご相談をトータルでお受けできます。

ビザコラム

永住権、ビザ取得のお役立ち情報

カナダ永住(移民・移住)権と市民権の違い?:人材カナダビザセミナーより

投稿日:2011年10月7日

更新日:2024年2月25日

デフォルト画像

まずは、今回の無料セミナー、”永住権(移民・移住)申請の基礎” にご参加頂いた皆様お越し頂きありがとうございました。(2011年9月28日開催)

プロのカナダ政府公認移民コンサルタントからの情報とあって、前回同様、ご希望者が多かったので枠を15人まで増員して開催しました。
(今回ご応募頂いたのにご参加頂けなかった方々申し訳ございません。)
最終的に移民申請を考えているが、現在まだ申請するまでに至っていない方を対象に開かれたこのセミナー。
定員を割っているという現状からも分かるように、同じような状況の方々が多くいらっしゃる。
そこで、お越しいただけなかった方々の為、今回のセミナーの最初にお話しさせて頂いた、カナダの永住権と市民権とは何か?を簡単にですが、こちらでご説明させて頂ければと思います。
まず、永住権、、、とは?
永住権 = 日本国籍のまま、カナダに永住(移民・移住)できる権利の事。
ビザの一種であり、通常の学生ビザや就労ビザが、非移民ビザと呼ばれているのに対し、”移民ビザ(Permanent Resident Visa)”と呼ばれています。
5年間中、730日(2年間)をカナダ国内に滞在することを条件に、永久に持てる権利で、選挙権がない事と、カナダ国家のセキュリティに関わる特定の仕事に就けないという事を除きカナダ国籍(市民権)保有者とほぼ同様の権利を得ることができます。
例えば、歯科治療以外の大半の医療サービス、公立高校までの教育を無料で受けることが可能になります。
永住権取得後、最初に永住ビザとConfirmation of Permanent Residence(COPR)が発行され、後日PRカード(Permanent Resident Card)と言われる永住権保持者用身分証明書が発行されます。
カナダ出入国の際、パスポートと一緒に利用するこのカード、アメリカのグリーンカードに対抗し、「メープルリーフカード」と名付けられたが浸透していないという、おちゃめな一面も有りという事で、、、そう言われるとなんだか愛着が湧いてきます、、、
個人的なぷち情報ですが、私はカナダ国内から申請した為、ランディングの為国外に出ず、パスポートにPRであるという証拠のスタンプを押してもらいにカナダ政府のビルを訪れました。
その際、オフィサーの方から、「日本の国籍を保持したほうが良い(=日本のパスポートを維持するべきだ)」とアドバイスを頂きました。
永住権取得者もカナダ市民同様、税金を支払っているのに、国の選挙に参加できないのは残念だと思いますが、それ以外に特に、困ったこと等はありません。
また、永久的にカナダに住めると言っても、永住権保持者、又はその家族が警察のお世話になるような重大な事件を起こした場合、国外追放を受ける事があります、、みなさま、お気をつけ下さいませ、、
では次、市民権とは?
市民権 = カナダ国籍になる事を意味します。
市民権を得ることで、カナダ国民と同レベルの権利(選挙権有)を得ることができます。
また、カナダ国籍取得後は、永住権保有者の義務である“5年間のうち730日間カナダに滞在する義務” は必要ありません。
日本の国籍法では二重国籍を認めていませんので、市民権を取得すると日本国籍を放棄する必要があります。
永住権取得後、市民権を取得する事も可能ですが、申請にはいくつか条件があります。
・永住権保持者で18歳以上の成人である事
・市民権申請前の過去4年間のうち1095日間(3年間)はカナダ国内に在住である事
・カナダの公用語である英語、又はフランス語で問題なくコミュニケーションが取れる事
・カナダとカナダ市民の責任と権利についての知識を持っている事
などが条件にあげられる。
、、、とのこと。
今後の生活の場やどちらを選ぶことが自分にとって有利なのかをしっかり考えてから市民権を申請しましょう。
今回セミナーに参加できなかった方々、参加頂いた方でもまだお悩みを解消しきれなかった方々、人材カナダではプロのカナダ政府公認移民コンサルタントとのカウンセリングを日々行っております。(完全予約制)
カウンセリングのメリットとしては、セミナーと違い、コンサルタントと一対一でお話しすることでご自身の問題に集中出来ること、状況に合わせて質問にお答えすることが出来るのでお悩みを鋭く簡潔に解決できる事、情報がライブ(ビザに関する申請条件などは絶えず変化している為)なのでご相談頂いたときの最新情報を得る事ができる事だと思います。
オフィスにお越しいただくのが難しい方、現在日本国内に滞在中の方々からメールや電話、スカイプでのご相談も受け付けております。
皆様!お気軽にご連絡ください!

関連コラム

関連ニュース

永住権・ビザ取得なら
今すぐ相談しよう

カナダへの永住権やビザ申請は、自分で行う場合、提出書類が多くて大変で、間違いがないか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、本気でカナダへの移住を考えているなら、移民コンサルタントのサポートを強くおすすめします。あなたの年齢、職業、家族の有無などによって、永住権を取得する方法はたくさんあります。専門家の助けを借りることで、自分の状況に合ったプランニングを確実に行うことができます。

プロの移民コンサルントがお悩みを解決

今すぐ無料相談する

移住プランニングから申請まで
ビザJPカナダひとつで完結

移民コンサルタントに相談すると、よりわかりやすく、スムーズに進めることができるでしょう。書類の提出や手続きにおいても安心感が増し、失敗のリスクを減らすことができます。あなたの夢を実現するために、専門家のアドバイスを受けながら、確実にカナダへの新しい一歩を踏み出しましょう。

お客様の声

ウェブテクニシャンでカナダの永住権獲得!

続きを見る>

絶対に移民する!その思いで4年間を乗り切りました。

続きを見る>

イベント情報

タグ一覧

ランキング

1
hotmailは特に注意!フリーメールの送信・受信トラブル対処法

2024年2月22日

hotmailは特に注意!フリーメールの送信・受信トラブル対処法

目次1 フリーメールの落とし穴2 フリーメールの中で特に要注意なのがhotmail!3 hotmailの長年の課題4 メール利用者はなすすべ無し!?5 hotmailでメールが届かないときの対処法6

2
【2024年最新】カナダ移民局の学生ビザに関するよくある質問16選

2024年3月1日

【2024年最新】カナダ移民局の学生ビザに関するよくある質問16選

目次1 2024年の学生ビザ改定に関するよくある質問1.1 Q:私が留学する州の学生ビザ発給数は何件ですか?1.2 Q:PALとは何ですか?1.3 Q:この新しい変更はいつから実施されますか?1.4

3
1/22以降しばらくは、新規学生ビザの申請ができません!

2024年2月26日

1/22以降しばらくは、新規学生ビザの申請ができません!

目次1 attestation letter に関する1/22追加情報について2 今後、学生ビザを申請する予定の人はどうしたらよいか こちらの記事は動画でも解説しています 1/22に移民局から発表され

4
ビザ申請で困った!カナダ移民局(IRCC)に問い合わせる4つの方法

2024年2月26日

ビザ申請で困った!カナダ移民局(IRCC)に問い合わせる4つの方法

目次1 ①Web Form2 ②Eメール3 ③コールセンターへ電話4 ④ATIPリクエスト/GCMS/オフィサーノート5 まとめ こちらの記事は動画でも解説しています ビザ申請中に問題発生!「審査が全

5
1.22 学生ビザルール改定の背景とBC州の今後の対応

2024年2月26日

1.22 学生ビザルール改定の背景とBC州の今後の対応

目次1 学生ビザルール改定の背景2 BC州、留学生の新規設立カレッジへの入学を2年間禁止、入学条件の英語力規定も導入3 その他のルール改定 こちらの記事は動画でも解説しています 2024年1月22日、

ピックアップ

【2024年最新】カナダ移民局の学生ビザに関するよくある質問16選

2024年3月1日

【2024年最新】カナダ移民局の学生ビザに関するよくある質問16選

ビザ申請で困った!カナダ移民局(IRCC)に問い合わせる4つの方法

2024年2月26日

ビザ申請で困った!カナダ移民局(IRCC)に問い合わせる4つの方法

1.22 学生ビザルール改定の背景とBC州の今後の対応

2024年2月26日

1.22 学生ビザルール改定の背景とBC州の今後の対応

「この人にお願いしてよかった」と思える

カナダ政府公認のコンサルタントだから
安心して任せられる

個人では難解な永住権取得のためのプラン設計、
ビザ申請準備、書類作成、ビザ申請手続きから
結果の報告までを全て行います。

永住権取得の不安をゼロに

ビザの専門知識があるスタッフが
あなたの相談にお答えします!

無料相談・お問い合わせ

厳選したビザ情報を配信

無料ウェビナーを開催中!
当日までの最新情報をお伝えします!

ウェビナーについて