ビザJPカナダは永住権、各種ビザ取得などカナダ移住のご相談をトータルでお受けできます。

カナダビザ最新情報

ビザJPカナダは重要ニュースを逃さない
最新のビザニュースを最適に届けます

渡航規制対象から除外されカナダに入国できる就労者 まとめ

投稿日:2020年8月21日

更新日:2024年2月22日

外国人への渡航規制が緩和されない中、カナダに渡航を希望する就労者が増えてきています。そこで、いまいちど、渡航規制対象から除外されていて、渡航が可能な就労者をここにまとめます。

現時点カナダに入国できる就労者と、その注意事項

  1. すでに発給済みのWork Permit(オープンワークパーミットを含む)を持っている方
    ※出国時に、お持ちのWork Permitの提示が必要です。

  2. 審査が完了して、移民局からのwork permit approval letterを持っているけれどまだWork Permitは発給になっていない方

    ※渡航の理由は、「渡航後の自己隔離後にすぐに仕事が始まる予定である」でなければならず、その証拠としてというジョブオファーレターが必要です。

    ※雇用先限定の就労ビザのためのwork permit approval letterを持っているがその雇用先はコロナの影響で営業を停止している、という場合は渡航できません。雇用先では、14日間の自己隔離後すぐに仕事が始められる状態になっている必要があります。

    ※オープンワークパーミットのwork permit approval letterを持っているがカナダに入国してから仕事を探そうと思っている方は渡航できません。

    ※出国時に、お持ちのwork permit approval letterの提示が必要です。

  3. Work Permit免除で(出張など)、Health, Safety, Food Securityの分野での仕事を予定している方

    ※渡航前にeTAは取得が必要です。

    ※Healthの分野でのお仕事の場合は、渡航前に健康診断の受診が必要です。

  4. アメリカからカナダに入国するビザ免除国(日本を含む)の外国人は、Work Permitやwork permit approval letterを持っていない場合、空港などの入港地で就労ビザを申請することが可能
    ※雇用先限定の就労ビザを入港地で申請可能だが、その雇用先がコロナの影響で営業を停止しているという場合は渡航できません。雇用先では、14日間の自己隔離後すぐに仕事が始められる状態になっている必要があります。

  5. 就労ビザ保持者の配偶者で移民局からのwork permit approval letterを持っているけれど、まだWork Permitは発給になっていない方は、移民局からのAuthorization Letterがあれば入国可能

  6. 2020年5月8日付の特別措置条件をクリアしている、ワーキングホリデーを含む、International Experience Canadaプログラムの参加者

    ※渡航の理由は、「渡航後の自己隔離後にすぐに仕事が始まる予定である」でなければならず、その証拠としてというジョブオファーレターが必要です。

    ※work permit approval letterを持っているがカナダに入国してから仕事を探そうと思っている方は渡航できません。

    ※出国時に、お持ちのwork permit approval letterの提示が必要です。

  7. これから就労のためにカナダに入国を予定している方は、渡航前にオンラインで就労ビザを申請する必要があります。空港などの入港地での申請は、現在はできません。(アメリカからの渡航者のみ、入港地での申請が可能です)

  8. 外国からカナダに入国したすべての人に、入国後14日間の自己隔離が義務付けられています。カナダが義務付けている自己隔離の内容は、日本が入国者に義務付けているものより厳しいものです。カナダ政府による自己隔離義務についての説明を事前に内容を良くお読んで理解、準備が必要です。

関連コラム

失敗しないワーホリ申請、ここがポイント!

2024年1月4日

失敗しないワーホリ申請、ここがポイント!

保育はカナダ永住権につなげやすい?保育士、ケアギバーの魅力

2023年12月20日

保育はカナダ永住権につなげやすい?保育士、ケアギバーの魅力

美容師もネイリストもカナダ永住権につながる!移民のプロに聞く美容業界の魅力

2023年12月11日

美容師もネイリストもカナダ永住権につながる!移民のプロに聞く美容業界の魅力

企業内の海外転勤でカナダの就労ビザを取得するには?LMIAが免除となるICTプログラム

2023年11月29日

企業内の海外転勤でカナダの就労ビザを取得するには?LMIAが免除となるICTプログラム

永住権・ビザ取得なら
今すぐ相談しよう

カナダへの永住権やビザ申請は、自分で行う場合、提出書類が多くて大変で、間違いがないか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、本気でカナダへの移住を考えているなら、移民コンサルタントのサポートを強くおすすめします。あなたの年齢、職業、家族の有無などによって、永住権を取得する方法はたくさんあります。専門家の助けを借りることで、自分の状況に合ったプランニングを確実に行うことができます。

プロの移民コンサルントがお悩みを解決

今すぐ無料相談する

移住プランニングから申請まで
ビザJPカナダひとつで完結

移民コンサルタントに相談すると、よりわかりやすく、スムーズに進めることができるでしょう。書類の提出や手続きにおいても安心感が増し、失敗のリスクを減らすことができます。あなたの夢を実現するために、専門家のアドバイスを受けながら、確実にカナダへの新しい一歩を踏み出しましょう。

お客様の声

ウェブテクニシャンでカナダの永住権獲得!

続きを見る>

絶対に移民する!その思いで4年間を乗り切りました。

続きを見る>

「この人にお願いしてよかった」と思える

カナダ政府公認のコンサルタントだから
安心して任せられる

個人では難解な永住権取得のためのプラン設計、
ビザ申請準備、書類作成、ビザ申請手続きから
結果の報告までを全て行います。

永住権取得の不安をゼロに

ビザの専門知識があるスタッフが
あなたの相談にお答えします!

無料相談・お問い合わせ

厳選したビザ情報を配信

無料ウェビナーを開催中!
当日までの最新情報をお伝えします!

ウェビナーについて