ビザJPカナダは永住権、各種ビザ取得などカナダ移住のご相談をトータルでお受けできます。

カナダビザ最新情報

ビザJPカナダは重要ニュースを逃さない
最新のビザニュースを最適に届けます

学生ビザ関連の4つの重大ニュース、移民局から発表

投稿日:2023年12月7日

更新日:2024年3月21日


こちらの記事は動画でも解説しています

カナダ移民局ニュース

1. 学生ビザ申請に必要な残高証明の金額、大幅引き上げ

2024年1月1日以降の学生ビザ申請では、申請者1人につき、初年度の授業料と渡航費に加えて、20,635ドル、または、それ以上の残高証明が必要になります。

Cost-of-living financial requirementと呼ばれるこの年間生活費の基準額は、過去20年にも渡り変更がなく、現時点では独身の場合で年間10,000ドルに設定されています。ですがこの金額は、実際のカナダの生活費の現状に追いついておらず、この残高を持って渡航しても、カナダに到着してから資金が底をついてしまうという学生が後を絶ちません。

今後この基準額は、毎年カナダ統計局がLow Income Cut Off (LICO=低所得基準)を更新するタイミングで同時に調整されるようになります。2024年からは、LICOの75%に相当する金額の残高証明書の提出を義務付けることになりました。

2. オフキャンパスワーク、就労時間制限の撤廃期間の延長

現在施行されている、オフキャンパス就労を週20時間に制限する規制の一時解除期間が、2024年4月30日まで延長されます。この一時解除期間中、オフキャンパス就労が認められている学生ビザを保持している留学生は、時間制限なく就労することができます。ただし対象は、すでにカナダに滞在している留学生、および2023年12月7日時点で学生ビザの申請書を提出している申請者に限ります。

移民局は、将来的には、授業の提供期間中に留学生がオフキャンパスで就労できる時間数を現行の週20時間から週30時間に拡大するなどの選択肢を引き続き検討しています。

関連記事:留学生は週20時間以上のオフキャンパス就労が可能になります

3. オンライン就学期間も引き続きポスグラ対象に

2024年9月1日よりも前に就学を開始する留学生は、オンラインでの就学期間も、ポストグラデュエーションビザ(PGWP=ポスグラ)の期間算出の際に含めることができます。これは、2024年9月1日以降に就学する学生には適用されません。

4. ポスグラ延長施策の終了

パンデミックおよびパンデミック後に3度にわたって行われたポストグラデュエートビザ(PGWP=ポスグラ)18ヶ月の追加就労ビザの政策は、これ以上延長されることはありません。

移民局は、来年、留学生を支援することを目的とした新しいアイデアをテストする、的を絞った試験的な取り組みを実施する予定です。また、移民局から各教育機関には、留学生が滞在先確保できることを含め十分なサポートを提供できる学生数のみを受け入れるようにとも伝えています。

関連記事:ポストグラデュエートビザ、最長18カ月延長可能に(2023年3月20日)


Quick Facts

留学生受け入れは年間220億ドル以上の経済活動に寄与しており、これはカナダの自動車部品、木材、航空機の輸出額を上回り、カナダ国内で20万人以上の雇用を支えています。

ケベック州は、ケベック州の教育機関に留学する留学生の生活費基準額を独自に定めており、この基準額は定期的に引き上げられ続けています。

新しい財政ガイドラインは、14カ国の居住者が利用できる特別な就学許可申請プロセスであるスチューデント・ダイレクト・ストリームにも適用されます。

LICO(Low Income Cut Off :低所得基準)について

LICOは、家族の食料、住居、衣服などの生活に必要不可欠なものに所得の大部分を費やす可能性があるとされる所得の「しきい値」を示しています。LICOは貧困や社会政策に関連する議論でよく使用されます。また、LICOは家族のサイズ、コミュニティの規模、税引き前の所得に基づいて計算されます。そのため、家族の単位のサイズや都市部と農村地域の違いによって異なるLICOの基準が存在します。これらのしきい値は、生活費の変動を考慮して毎年更新されます。

LICOはカナダにおける所得と貧困を評価するためのいくつかの指標のうちの一つであり、他にもLow Income Measure(LIM)やMarket Basket Measure(MBM)などがあります。それぞれの指標は異なる基準を持ち、所得の適正さや貧困に対する異なる視点を提供しています。

関連コラム

【2024年最新】カナダ移民局の学生ビザに関するよくある質問16選

2024年2月27日

【2024年最新】カナダ移民局の学生ビザに関するよくある質問16選

2024年1月22日 学生ビザルール改定の背景とBC州の今後の対応

2024年1月31日

2024年1月22日 学生ビザルール改定の背景とBC州の今後の対応

2024年1月22日以降、しばらくは新規学生ビザの申請ができません!

2024年1月23日

2024年1月22日以降、しばらくは新規学生ビザの申請ができません!

留学中に休学をする場合の学生ビザのルール

2023年12月4日

留学中に休学をする場合の学生ビザのルール

永住権・ビザ取得なら
今すぐ相談しよう

カナダへの永住権やビザ申請は、自分で行う場合、提出書類が多くて大変で、間違いがないか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、本気でカナダへの移住を考えているなら、移民コンサルタントのサポートを強くおすすめします。あなたの年齢、職業、家族の有無などによって、永住権を取得する方法はたくさんあります。専門家の助けを借りることで、自分の状況に合ったプランニングを確実に行うことができます。

プロの移民コンサルントがお悩みを解決

今すぐ無料相談する

移住プランニングから申請まで
ビザJPカナダひとつで完結

移民コンサルタントに相談すると、よりわかりやすく、スムーズに進めることができるでしょう。書類の提出や手続きにおいても安心感が増し、失敗のリスクを減らすことができます。あなたの夢を実現するために、専門家のアドバイスを受けながら、確実にカナダへの新しい一歩を踏み出しましょう。

お客様の声

ウェブテクニシャンでカナダの永住権獲得!

続きを見る>

絶対に移民する!その思いで4年間を乗り切りました。

続きを見る>

「この人にお願いしてよかった」と思える

カナダ政府公認のコンサルタントだから
安心して任せられる

個人では難解な永住権取得のためのプラン設計、
ビザ申請準備、書類作成、ビザ申請手続きから
結果の報告までを全て行います。

永住権取得の不安をゼロに

ビザの専門知識があるスタッフが
あなたの相談にお答えします!

無料相談・お問い合わせ

厳選したビザ情報を配信

無料ウェビナーを開催中!
当日までの最新情報をお伝えします!

ウェビナーについて