ビザJPカナダは永住権、各種ビザ取得などカナダ移住のご相談をトータルでお受けできます。

カナダビザ最新情報

ビザJPカナダは重要ニュースを逃さない
最新のビザニュースを最適に届けます

雇用主は要注意!ポジティブ LMIA 発給後の変更について

投稿日:2022年10月17日

更新日:2024年2月24日


こちらの記事は動画でも解説しています

ビザニュース

外国人を雇用するにあたり、雇用主はカナダ労働省より外国人雇用の承認を受けたポジティブLMIA(Labour Market Impact Assessment)を取得します。そして雇用主は、そのポジティブLMIAレターと付随する書類に記載されている雇用条件、および移民法を遵守し続ける責任を負っています。そして、記載条件のいずれかを変更したい場合、あるいはすでに変更が生じている場合は、適切な対応をとる必要があります。

  • 変更を希望する内容が、ポジティブLMIAの条件を損なう場合
    → 新たにLMIAを申請する必要がある
  • 既にポジティブLMIAの条件を満たさないような変更をしてしまっている場合
    → この変更を自主的に開示しLMIAの条件に戻すか、または新たにLMIAの申請を行う

カナダ労働省(ESDC:Employment and Social Development Canada)は、既に発行されたポジティブLMIAレターとその附属書の再承認や再評価は行わず、いかなる状況においてもレターの変更は行いません。変更したい場合は、再申請をするしかありません。このルールに従っていない場合、不適合と判断され、警告、行政処罰、就労ビザプログラムへの参加禁止などの処分を受ける可能性があります。

ポジティブLMIAの変更の種類

ポジティブLMIAの変更には2種類あり、それぞれ取るべき対応が異なります。

  1. マイナー変更
    通常、マイナーな変更に関してはLMIAの再申請は必要となりません。ただし、ESDCへの報告が推奨されるものを含みます。
  2. 重要項目に関わる変更
    重要項目の変更が生じる場合は、LMIAを新たに申請することが推奨されます。すでに変更が生じている場合であれば、自主的に申告することが推奨されています。

1.マイナー変更の基準と対応方法

いったんポジティブLMIA が発行されると、新たな LMIA を申請し費用を支払うことなく変更できる内容には限りがあります。その変更が「マイナーなもの」とみなされるかどうか、また、その変更をESDCに報告する必要があるかどうかの判断基準は以下の通りです。

ESDCに報告する「必要のない」マイナーな変更の例

  • NOCコードを変更しない職務内容の変更
  • 最大2%、またはカナダ銀行が発表した前年の年間インフレ率(いずれか高い方 ※参考ウェブサイトはこちら)を上限とする賃金の引き上げ
  • 連邦、州、準州の最低賃金を遵守するための賃金の増加

ESDCに報告する「必要がある」マイナーな変更の例

  • 事務処理上のミス(例:スペルミス)
  • 雇用主の連絡先、または申請代理人の連絡先の変更
  • 解雇、休職、国外退去、求人の取り消しや拒否など、雇用関係の崩壊に関する情報
  • 同一経済圏内の勤務地の変更で、業務内容や雇用主には変更がない場合
  • ビザ保持者の賃金が新しい経済地域の実勢賃金以上である場合の勤務地変更(グローバルタレントストリームのみに適用)

変更を報告する場合は、ESDCの雇用主コンタクトセンター(ECC:Employer Contact Centreにご連絡ください。

<注意>ECC の担当者は、変更がマイナーなものとみなされるか、重要なものとみなされるかについて助言することはでき ません。

2.重要項目に関わる変更の基準と対応方法

その変更が「重要なもの」とみなされるかどうか、また、LMIAを再申請する必要があるかどうかは以下の通りです。該当する場合は、LMIAの再申請が必要です。すでに以下の変更がなされた状態で雇用している場合は、自主的に申告し、すぐにLMIAを再申請必要があります。

「重要項目に関わる変更」の例

  • 昇進や降格を含む職業や職務の変更で、NOCコードが異なる場合
  • 雇用主の変更
    (これには、主たる雇用主から賃金が支払われている場合でも、労働者を一定期間、別の、または関連する雇用主の下で所有/運営される別の作業場に配属することが含まれます)
  • 賃金の減少
  • 年間2%またはカナダ銀行の定めるインフレ率を超える賃金の上昇
  • 提供されるベネフィット(手当や非金銭的報酬)の変更
  • ビザ保持者の所定労働時間の変更
  • ビザ保持者の賃金が新しい経済地域の実勢賃金を下回る場合、異なる経済地域への勤務地変更(グローバルタレントストリームのみに適用)
  • LMIAストリームが変更になる場合
  • LMIA申請時に提出した移行計画を果たせない、または移行計画を変更することになる変更(High Wageストリームにのみ適用される)
  • 学歴の要件の変更

プログラム情報およびLMIA申請書については、Temporary Foreign Worker Programのウェブサイトをご覧ください。

自主的な申告について

ポジティブLMIAレターと付随する書類に記載されている雇用条件を満たさなくなるような変更を既に行っている場合、ESDCに自主的に申告する必要があります。

詳細については、自主申告のページをご覧ください。

関連コラム

失敗しないワーホリ申請、ここがポイント!

2024年1月4日

失敗しないワーホリ申請、ここがポイント!

保育はカナダ永住権につなげやすい?保育士、ケアギバーの魅力

2023年12月20日

保育はカナダ永住権につなげやすい?保育士、ケアギバーの魅力

美容師もネイリストもカナダ永住権につながる!移民のプロに聞く美容業界の魅力

2023年12月11日

美容師もネイリストもカナダ永住権につながる!移民のプロに聞く美容業界の魅力

企業内の海外転勤でカナダの就労ビザを取得するには?LMIAが免除となるICTプログラム

2023年11月29日

企業内の海外転勤でカナダの就労ビザを取得するには?LMIAが免除となるICTプログラム

永住権・ビザ取得なら
今すぐ相談しよう

カナダへの永住権やビザ申請は、自分で行う場合、提出書類が多くて大変で、間違いがないか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、本気でカナダへの移住を考えているなら、移民コンサルタントのサポートを強くおすすめします。あなたの年齢、職業、家族の有無などによって、永住権を取得する方法はたくさんあります。専門家の助けを借りることで、自分の状況に合ったプランニングを確実に行うことができます。

プロの移民コンサルントがお悩みを解決

今すぐ無料相談する

移住プランニングから申請まで
ビザJPカナダひとつで完結

移民コンサルタントに相談すると、よりわかりやすく、スムーズに進めることができるでしょう。書類の提出や手続きにおいても安心感が増し、失敗のリスクを減らすことができます。あなたの夢を実現するために、専門家のアドバイスを受けながら、確実にカナダへの新しい一歩を踏み出しましょう。

お客様の声

ウェブテクニシャンでカナダの永住権獲得!

続きを見る>

絶対に移民する!その思いで4年間を乗り切りました。

続きを見る>

「この人にお願いしてよかった」と思える

カナダ政府公認のコンサルタントだから
安心して任せられる

個人では難解な永住権取得のためのプラン設計、
ビザ申請準備、書類作成、ビザ申請手続きから
結果の報告までを全て行います。

永住権取得の不安をゼロに

ビザの専門知識があるスタッフが
あなたの相談にお答えします!

無料相談・お問い合わせ

厳選したビザ情報を配信

無料ウェビナーを開催中!
当日までの最新情報をお伝えします!

ウェビナーについて