ビザJPカナダは永住権、各種ビザ取得などカナダ移住のご相談をトータルでお受けできます。

カナダビザ最新情報

ビザJPカナダは重要ニュースを逃さない
最新のビザニュースを最適に届けます

3月18日発表:新型コロナ(COVID-19)外国人に対する国境閉鎖とそれに伴う移民局の対応まとめ

投稿日:2020年3月19日

更新日:2024年2月22日

2020年3月18日現在の対応

以下の対象についての、 カナダ移民局(IRCC)およびカナダ入国管理局(CBSA)の現在の対応 です。

<対象者>

  • 短期滞在資格(観光・学生ビザ・就労ビザ)保持者
  • 永住権申請者
  • 市民権の申請者

ビザ関連オフィスの閉鎖について

<カナダ国外>
新型コロナウィルス完成拡大防止のため、いくつかのVisa Application Centre (VAC)は現在閉鎖しています。 なお、日本にあるVACは、現時点では入館制限はありますが閉鎖はしていません。

オフィスの閉鎖状況に関する最新情報はは以下のリンクから確認できます。
https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/corporate/contact-ircc/offices/find-visa-application-centre.html

カナダ国内>
いくつかの移民局オフィスでは、現在、必要最小限のスタッフのみが出勤しています。また、サービスカナダでは、現在、バイオメトリクス(指紋採取)業務は中止しています。

ビザ申請審査全般について

特別措置違反を理由に申請が却下になることはありません。また、カナダ国内外からのいずれの申請も、引き続き審査が続けられますが、審査に遅れが出る可能性があります。

審査中に警察証明書や戸籍謄本など、追加書類のリクエストを移民局からもらった場合で、その書類が中国、イラン、または韓国の政府が発行する書類であった場合、提出期限は90日に延長されます。また、中国、イラン、または韓国でバイオメトリクスが必要な場合は、90日間の猶予期間が与えられます。

市民権申請について

テストやインタビュー、審問、セレモニーの予約は、申請者がカナダ国外にいる場合、カナダに戻ってくることができた後の日付に予約を取りなおします。

中国、イラン、または韓国にいる申請者は、移民局に連絡をすれば、追加書類の提出期限が30日間延期されます。

カナダ国外にいる申請者には、健康診断の提出期限は45日間追加されます。

これから市民権を申請予定の方は、中国、イラン、韓国に滞在中でコロナが原因でカナダに戻ることができなかったとしても、その日数はカナダに滞在した日数とカウントしてもらうことができず、カナダ国外滞在日数となります。

カナダ国外からの観光・就労・学生ビザ申請について

中国、イラン、韓国に滞在中でビザが緊急で必要な場合、Web Formから緊急申請が可能です。

中国のVACはすべて、現在バイオメトリクスを行っておりません。問い合わせは電話かEメールで受け付けています。イラン国籍者は現在VACや移民局オフィスでのバイオメトリクス、インタビュー、健診などを行っておりません。

韓国では、現在多くの医師が診療所をクローズしており健診が移民局指定の日までに受診できない可能性がありますので、提出締切日は90日間延長できます。

もし申請を取り下げたい場合は、移民局のWeb Formからその旨連絡をすると、申請料は返金されます。

現在カナダに観光・学生・就労ビザで滞在中の方について

まだビザの有効期限が来ていないけれどビザが切れそうだという場合は、必ずオンラインで観光ビザでの滞在延長申請をしてください。申請料の免除制度はありません

就労ビザから就労ビザへ、または学生ビザから学生ビザへの申請をする場合、審査中はそのまま就労や就学ができますので、緊急申請や特別措置の制度はありません。

すでにビザの有効期限を過ぎてしまっている場合、90日以内であれば滞在資格の復元が可能です。その場合、なぜ滞在を延長するのかの説明レターを添付して申請してください。

永住権申請について

新しい永住権申請は引き続き受け付けており、通常の審査手順で審査されます。提出必須な書類で、新型コロナウィルスの蔓延に起因する理由ですぐに準備できないものがあれば、その旨説明のレターを添付して申請してください、後日の提出が可能です。説明無しで書類が不足していたり、 新型コロナウィルスの蔓延 以外の理由で書類が不足していた場合は、申請は却下になります。

永住権の主申請者がカナダ国内にいて配偶者や扶養家族が中国、イラン、韓国にいる場合、家族全員の審査が遅れます。主申請者のみが先に審査を完了するということはありません。

永住権審査完了後のランディングについて

永住権の審査が完了してconfirmation of permanent residence (COPR) and permanent resident visa (PRV) がすでにあるが有効期限までに入国できない場合、有効期限までに移民局のWeb Formから、その旨を移民局に連絡してください。期限が延長されます。

連絡が有効期限後になってしまうと、90日以内に再審査となります。

今後の注意点

<ご確認ください>
状況が日毎に変化しています。最新、かつ正確な情報はカナダ政府ウェブサイトで参照できます。
https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/corporate/publications-manuals/operational-bulletins-manuals/service-delivery/coronavirus.html

<ご相談ください>
ご自身のビザステータスに不安のある場合は、ビザJPカナダの移民コンサルタントまでご相談ください。

関連コラム

失敗しないワーホリ申請、ここがポイント!

2024年1月4日

失敗しないワーホリ申請、ここがポイント!

保育はカナダ永住権につなげやすい?保育士、ケアギバーの魅力

2023年12月20日

保育はカナダ永住権につなげやすい?保育士、ケアギバーの魅力

美容師もネイリストもカナダ永住権につながる!移民のプロに聞く美容業界の魅力

2023年12月11日

美容師もネイリストもカナダ永住権につながる!移民のプロに聞く美容業界の魅力

企業内の海外転勤でカナダの就労ビザを取得するには?LMIAが免除となるICTプログラム

2023年11月29日

企業内の海外転勤でカナダの就労ビザを取得するには?LMIAが免除となるICTプログラム

永住権・ビザ取得なら
今すぐ相談しよう

カナダへの永住権やビザ申請は、自分で行う場合、提出書類が多くて大変で、間違いがないか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、本気でカナダへの移住を考えているなら、移民コンサルタントのサポートを強くおすすめします。あなたの年齢、職業、家族の有無などによって、永住権を取得する方法はたくさんあります。専門家の助けを借りることで、自分の状況に合ったプランニングを確実に行うことができます。

プロの移民コンサルントがお悩みを解決

今すぐ無料相談する

移住プランニングから申請まで
ビザJPカナダひとつで完結

移民コンサルタントに相談すると、よりわかりやすく、スムーズに進めることができるでしょう。書類の提出や手続きにおいても安心感が増し、失敗のリスクを減らすことができます。あなたの夢を実現するために、専門家のアドバイスを受けながら、確実にカナダへの新しい一歩を踏み出しましょう。

お客様の声

ウェブテクニシャンでカナダの永住権獲得!

続きを見る>

絶対に移民する!その思いで4年間を乗り切りました。

続きを見る>

「この人にお願いしてよかった」と思える

カナダ政府公認のコンサルタントだから
安心して任せられる

個人では難解な永住権取得のためのプラン設計、
ビザ申請準備、書類作成、ビザ申請手続きから
結果の報告までを全て行います。

永住権取得の不安をゼロに

ビザの専門知識があるスタッフが
あなたの相談にお答えします!

無料相談・お問い合わせ

厳選したビザ情報を配信

無料ウェビナーを開催中!
当日までの最新情報をお伝えします!

ウェビナーについて