ビザJPカナダは永住権、各種ビザ取得などカナダ移住のご相談をトータルでお受けできます。

カナダビザ最新情報

ビザJPカナダは重要ニュースを逃さない
最新のビザニュースを最適に届けます

被扶養児童の年齢、上限変更

投稿日:2017年10月23日

更新日:2024年2月22日

2017年10月24日以降、被扶養児童の年齢の上限を従来の”19歳未満”から“22歳未満”まで引き上げます。難民を含めた全てのImmigration Refugees and Citizenship Canada(IRCC)の永住権申請に適用され、22歳以上の子供で、身体的・精神的理由により両親の助けが必要となるケースでも被扶養児童としてみなされます。

※2014年8月1日~2017年10月23日までに申請した場合、従来の19歳未満の規定が適用になります。

 

※まだ審査が完了しておらず、申請時点で被扶養児童が22歳未満であった場合、”Humanitarian and Compassionate Grounds”で、Immigration Refugees and Citizenship Canada(IRCC)にリクエストが可能です。(※プロセス期間の変動可能性が高いです。)

 

家族を一つにする事で社会・文化に良いインパクトを与え、国内の人道性・安全面においても効果的なアプローチが望めるだけでなく、大学やカレッジなど高等教育機関への進学率アップなどスキルを持った移民とその家族がもたらす経済発展にも期待が高まっています。

 

昨日の仮永住権撤廃、両親・祖父母呼び寄せカテゴリーの審査期間を12か月に縮めるといった背景にも、2017年、“Family Reunification”を重要課題の一つとして取り組んでいくカナダ政府の前向きな姿勢が見てとれます。

関連コラム

【2024年最新】カナダ移民局の学生ビザに関するよくある質問16選

2024年2月27日

【2024年最新】カナダ移民局の学生ビザに関するよくある質問16選

2024年1月22日 学生ビザルール改定の背景とBC州の今後の対応

2024年1月31日

2024年1月22日 学生ビザルール改定の背景とBC州の今後の対応

2024年1月22日以降、しばらくは新規学生ビザの申請ができません!

2024年1月23日

2024年1月22日以降、しばらくは新規学生ビザの申請ができません!

留学中に休学をする場合の学生ビザのルール

2023年12月4日

留学中に休学をする場合の学生ビザのルール

永住権・ビザ取得なら
今すぐ相談しよう

カナダへの永住権やビザ申請は、自分で行う場合、提出書類が多くて大変で、間違いがないか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、本気でカナダへの移住を考えているなら、移民コンサルタントのサポートを強くおすすめします。あなたの年齢、職業、家族の有無などによって、永住権を取得する方法はたくさんあります。専門家の助けを借りることで、自分の状況に合ったプランニングを確実に行うことができます。

プロの移民コンサルントがお悩みを解決

今すぐ無料相談する

移住プランニングから申請まで
ビザJPカナダひとつで完結

移民コンサルタントに相談すると、よりわかりやすく、スムーズに進めることができるでしょう。書類の提出や手続きにおいても安心感が増し、失敗のリスクを減らすことができます。あなたの夢を実現するために、専門家のアドバイスを受けながら、確実にカナダへの新しい一歩を踏み出しましょう。

お客様の声

ウェブテクニシャンでカナダの永住権獲得!

続きを見る>

絶対に移民する!その思いで4年間を乗り切りました。

続きを見る>

「この人にお願いしてよかった」と思える

カナダ政府公認のコンサルタントだから
安心して任せられる

個人では難解な永住権取得のためのプラン設計、
ビザ申請準備、書類作成、ビザ申請手続きから
結果の報告までを全て行います。

永住権取得の不安をゼロに

ビザの専門知識があるスタッフが
あなたの相談にお答えします!

無料相談・お問い合わせ

厳選したビザ情報を配信

無料ウェビナーを開催中!
当日までの最新情報をお伝えします!

ウェビナーについて