ビザJPカナダは永住権、各種ビザ取得などカナダ移住のご相談をトータルでお受けできます。

カナダビザ最新情報

ビザJPカナダは重要ニュースを逃さない
最新のビザニュースを最適に届けます

カナダ渡航者への空港・国境における規制緩和措置の第一段階について

投稿日:2021年6月22日

更新日:2024年2月26日

このニュースのポイント

  • 現在施行されている国境規制の緩和措置の第一弾発表
  • 対象は規制中にも渡航が許可されていた人
  • 一部の規制や水際対策はそのまま継続
  • 規制緩和は今後も状況を検証しながら段階的に進められる

カナダ移民局ニュース

2021年6月21日 カナダ保健省

カナダ政府は空港や国境の水際対策について、データや科学的根拠を継続的に検証をしながら、カナダ人・カナダ居住者の健康と安全を守るため、慎重に責任あるアプローチを取っています。その中で、本日カナダ政府は、カナダ渡航者への空港・国境規制緩和措置の第一段階を発表しました。

これは、カナダ居住者が保健省の指示に従った行動をとっていること、及び、国内でのワクチン接種が進んでいることにより、可能となりました。

第一段階 規制緩和措置

施行開始:
第一段階の規制緩和措置は、2021年7月5日、東部時間午後11時59分から施行されます。 

対象:
規制緩和措置の対象となるのは、現時点でカナダ入国を認められている方(カナダ国民、永住者、就労ビザ、学生ビザ保持者など一部規制例外対象とされている外国人)で、かつ、2回目のワクチン接種を完了した「接種完了者」です。 

緩和内容:
「接種完了者」としてみなされる渡航者は、空港到着時に政府指定のホテルに宿泊する必要がなくなり、入国後8日目に受けることになっているCOVID-19テストが免除されます。また、入国審査で実施される水際対策も含めてすべての条件をクリアできている場合には、その後の自己隔離要請が緩和される可能性があることが、政府の新型コロナ関連情報のウェブページで案内されています。 

「接種完了者」の定義
「接種完了者」とみなしてもらう為には、渡航者はカナダ政府が承認している新型コロナワクチンの接種を、必要回数全て完了している必要があり、また最後の接種は少なくともカナダ渡航の14日前に完了している必要があります。

カナダ政府が承認している新型コロナワクチンは、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ(COVISHIELD)と、ジョンソン&ジョンソンで、渡航者はどこの国でワクチンを接種してもよいとされています。ただし、ワクチン接種完了者であることを証明できる英語またはフランス語の文書、または認証翻訳を提出する必要があります。

規制緩和後も継続される措置

PCR検査を含む水際対策
規制緩和措置第一段階のもとで渡航するためには、緩和措置対象となる「接種完了者」であっても、渡航直前と渡航直後のPCR検査を含めた、現時点施行されている水際対策での必要渡航条件を満たしている必要があります。このPCR検査継続は、カナダ保健省が、国境でのCOVID-19感染者の比率や、突然変異ウィルスを引き続き監視して、今後の空港・国境の措置を状況応じて調整することを可能とします。

ArriveCANでの情報提供
また、「接種完了者」であっても、紙やデジタルコピーでの自身のワクチン接種記録を持ってるほか、COVID-19の症状が無いこと、そして、ArriveCANを通じてカナダ到着前にCOVID-19に関する情報を提供することが、引き続き義務づけられています。

ルールに則った自己隔離計画は引き続き提出する必要があります。また、「接種完了者」も他の渡航者と同様、保健省の全ての指示に従い、公共の場ではマスクをし、ワクチン接種済み証明書とCOVID-19テストの結果のコピーを保存し、カナダ入国後14日以内に近くに接近した人のリストを作っておく必要があります。

第一段階規制緩和対象外の方

「接種完了者」ではない渡航者については、今まで通りの渡航規制措置に従ってください。ArriveCANを通じてカナダ到着前にCOVID-19に関する情報を提供し、ルールに則った自己隔離計画を提出し、PCR検査を受け、政府指定のホテルに到着後3日間滞在し、合計14日間の自己隔離をする必要があります。

カナダ政府は引き続き、カナダ人・カナダ居住者の健康と安全を守りながら経済の復興を図る事を優先とし、ワクチン接種完了者が増え、入院率が改善されれば、空港・国境規制の緩和をさらに次の段階へと進めていきます。

参考 -Quick Facts

  • カナダへの渡航者は全て、事前に準備・計画し全ての必須要件を満たすことが必要不可欠です。国の規制に加え、各州や準州ではそれぞれの規制が敷かれています。国と、州・準州それぞれの要件を渡航前に確認して順守してください。
  • 「接種完了者」として規制緩和措置の対象とみなされ、隔離やPCR検査の要件緩和を得るためには、ワクチン接種の書類を英語またはフランス語で提出するほか、ArriveCANの提出など、全ての要件を満たしている必要があります。
  • 虚偽のワクチン接種状況情報を提出した場合、隔離法により最高CAD$750,000の罰金または6か月の禁固刑、またはその両方が課せられたり、刑法により虚偽罪に問われることがあります。隔離法にある隔離の指示に従っていないと審査官に判断された場合、指示に反していると判断される期間、一日につきCAD$5,000の罰金、または1件につきCAD$5,000の罰金、または悪質と認められた場合6か月の禁固刑またはCAD$750,000の罰金、またはその両方が課せられます。従っていないと判断された渡航者は航空法により更に1件につき最高CAD$5,000の罰金が科せられることがあります。
  • カナダ政府は、現在の渡航規制を東部時間7月21日午後11時59分まで延長しており、不要不急の渡航を規制しています。
  • 今回の第一段階の渡航規制緩和では、国際間のフライトの制限、また、入国場所はモントリオールのトルドー国際空港、トロントのピアソン国際空港、カルガリー国際空港、バンクーバー国際空港の4か所のままとしています。
  • 現在、外国人でConfirmation of Permanent Residence (COPR)が2020年3月18日以前に発給された人がカナダへの入国を許されていますが、6月21日の政府からの発表により、それ以降にCOPRが発給された人も渡航が可能となりました。

関連コラム

カナダの留学生のためのオンキャンパスとオフキャンパス就労のすべて

カナダの留学生のためのオンキャンパスとオフキャンパス就労のすべて

失敗しないワーホリ申請、ここがポイント!

2024年1月4日

失敗しないワーホリ申請、ここがポイント!

保育はカナダ永住権につなげやすい?保育士、ケアギバーの魅力

2023年12月20日

保育はカナダ永住権につなげやすい?保育士、ケアギバーの魅力

美容師もネイリストもカナダ永住権につながる!移民のプロに聞く美容業界の魅力

2023年12月11日

美容師もネイリストもカナダ永住権につながる!移民のプロに聞く美容業界の魅力

永住権・ビザ取得なら
今すぐ相談しよう

ビザJPカナダの移民コンサルタント

カナダへの永住権やビザ申請は、自分で行う場合、提出書類が多くて大変で、間違いがないか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、本気でカナダへの移住を考えているなら、移民コンサルタントのサポートを強くおすすめします。あなたの年齢、職業、家族の有無などによって、永住権を取得する方法はたくさんあります。専門家の助けを借りることで、自分の状況に合ったプランニングを確実に行うことができます。

プロの移民コンサルントがお悩みを解決

今すぐ無料相談する

移住プランニングから申請まで
ビザJPカナダひとつで完結

ビザJPカナダの移住プランニングから申請までのステップバイステップ ビザJPカナダの移住プランニングから申請までのステップバイステップ

移民コンサルタントに相談すると、よりわかりやすく、スムーズに進めることができるでしょう。書類の提出や手続きにおいても安心感が増し、失敗のリスクを減らすことができます。あなたの夢を実現するために、専門家のアドバイスを受けながら、確実にカナダへの新しい一歩を踏み出しましょう。

お客様の声

ウェブテクニシャンでカナダ永住権取得

ウェブテクニシャンでカナダの永住権獲得!

続きを見る>

カフェのスーパーバイザーとして就労ビザから永住権を取得したMoeさん

絶対に移民する!その思いで4年間を乗り切りました。

続きを見る>

「この人にお願いしてよかった」と思える

カナダ政府公認のコンサルタントだから
安心して任せられる

個人では難解な永住権取得のためのプラン設計、
ビザ申請準備、書類作成、ビザ申請手続きから
結果の報告までを全て行います。

ビザJPカナダロゴ
移民コンサルタント

永住権取得の不安をゼロに

永住権取得の不安をゼロに

ビザの専門知識があるスタッフが
あなたの相談にお答えします!

無料相談・お問い合わせ

厳選したビザ情報を配信

厳選したビザ情報を配信するウェビナー

無料ウェビナーを開催中!
当日までの最新情報をお伝えします!

ウェビナーについて