Visa Newsカナダ最新ビザニュース

ポストグラデュエートビザ、カナダ国外からのオンライン受講に関する特別措置の移行期間について


こちらの記事は動画でも解説しています

ビザニュース

2022825日 オタワ

パンデミック期間中、カナダの留学生はカナダ国外からオンライン授業を受けてもポストグラデュエートビザ(PGWP:Post-Graduation Work Permit 通称、ポスグラ)の申請資格を失わないというディスタンスラーニング(遠隔受講)特別措置が取られてきました。

カナダ移民局(IRCC)は、まもなく始まる新学期に際し、各州政府、教育機関関係者などと相談した結果、この特別措置に移行期間を設けることにしました。遠隔受講についての特別措置は2023年8月31日まで延長されます。ただし、適応範囲が縮小されます。

これまでの経緯と今後の変更点

これまでの経緯と特別措置内容

パンデミック前:
留学生はプログラムのオンライン受講を50%以下にとどめなければならず、カナダ国外からのオンライン受講が50%を超える場合は、それに該当する期間分がPGWPの期間から引かれていました。

パンデミックの最中:
渡航規制や公衆衛生に関わる規制によるカナダの留学生とカナダの国際教育分野に対する影響を軽減するための措置が取られました。これらの特別措置により、留学生はカナダ国外からオンラインで100%受講してプログラムを修了することが許可され、永住を目指す場合の資格条件へも影響を与えることはありませんでした。

関連記事:

今後の特別措置変更点

遠隔受講についての特別措置は、パンデミック前の条件に戻すまでの移行期間として2023年8月31日まで延長されます。ただし、国外にいる留学生はカナダへ戻ることが推奨され、特別措置については2022年9月1日以降、その適応範囲が縮小されます。

プログラム開始日が2022年9月1日から2023年8月31日の人への影響
特別措置の適応範囲縮小により、カナダ国外からの受講には、以下のような影響があります。

  1. PGWPの申請資格を維持するためには、50%以上のクレジット(単位)をカナダ国内で取得する必要があります。カナダ国外からの受講で取得するクレジット(単位)は、50%未満とどめなくてはなりません。
  2. 2023年9月1日以降の国外からの受講期間に関しては、将来PGWPを申請して取得できるビザ期間から差し引かれます。

2022年8月31日までに学生ビザ申請をしている場合
2022年8月31日までに学生ビザ申請をカナダ国外から提出した留学生は、引き続き100%遠隔受講してもPGWPの申請資格を維持できます。ただし、2023年9月1日以降の国外からの受講期間に関しては、プログラム開始日に関わらず、PGWPの期間より差し引かれます。

カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加