Visa Newsカナダ最新ビザニュース

有効期限切れポストグラデュエートビザの外国人、および新永住権パスウェイ申請者に18か月の就労ビザ発給をする新たな措置を実施

ビザニュース

カナダに訪れる留学生がもたらす社会的、文化的、経済的な効果や恩恵が非常に大きいことは、カナダ政府もよく認識しています。そして、カナダの多様で包括的な社会、質の高い教育機関、卒業後の就労や移住の機会により、世界中から多くの留学生惹きつけてきました。

2022年8月2日、カナダ移民局(IRCC)は、ポストグラデュエートビザ(PGWP)が失効した元留学生、および、新永住権パスウェイ(TR to PR)申請者に対し、特別措置の実施を開始しました

ポストグラデュエートビザが失効した人のためのオープンワークパーミット

発表された特別措置は、対象者となる外国人が、それまでのビザに加えて、オープンワークパーミットにより18か月間就労することを可能にするものです。

特別措置のポイント

  • 対象:2021年9月20日から2022年12月31日までにPGWPが失効した、または失効する予定の外国人
  • 就労ビザの延長、または新たな申請が必要
  • さらに18ヶ月間カナダで働くことができるようになる
  • 現在カナダに滞在している人は、申請後の審査中は就労することができる

特別措置による就労ビザ取得方法

今回の特別措置による就労ビザ(オープンワークパーミット)の取得方法は、個々の状況(PGWPの有効期限、移民局に登録している現住所、所持しているパスポートの有効期限など)によって異なります。

例1:PGWP有効期限が2022年10月2日から2022年12月31日まで

  • 郵送先住所:最新のもの
  • パスポート有効期限:2024年4月以降まである

就労ビザ取得方法
何もする必要はありません。IRCCから郵送先住所の確認メールが届いても、返信しないでください。10月中旬までに更新された就労ビザがあなたの郵送先住所に送付されます。

例2:PGWP有効期限が2022年10月2日から2022年12月31日まで

  • 郵送先住所を更新する必要がある
    または
  • パスポートを更新する必要がある

就労ビザ取得方法
IRCCから郵送先住所確認のメールが届いたら、そのメールの指示に従って、郵送先住所を更新する必要があることを知らせます。

パスポートの残存期限が18ヶ月未満しかない場合、この最初のメールは届きませんが、9月に別のメールが届きます。

郵送先住所やパスポート情報を更新する必要がある場合、9月にオンラインアカウントで郵送先住所やパスポートの有効期限を更新する方法をメールでお知らせします。更新のための期間は2週間です。この情報を更新すると、11月中旬までに更新された労働許可証が郵送で届きます。

パスポートの有効期限を確認し、2024年4月2日以前に期限が切れる場合は、延長申請をしてください。紙の申請書でPGWPを申請した場合は、申請書をオンラインアカウントにリンクしていることを確認してください。

例3:PGWP有効期限が2022年10月2日から2022年12月31日まで

  • 郵送先住所を新しいものに更新することができない
    または
  • パスポートを更新することができない

就労ビザ取得方法
就労ビザの延長をオンラインで申請する必要があります。パスポートの有効期限まで延長された就労ビザを受け取ることもできますし、パスポートを更新するまで申請を待つこともできます。

例4:PGWP有効期限が2022年10月2日から2022年12月31日まで

  • IRCC(カナダ移民局)から連絡が来ない

就労ビザ取得方法
9月中旬までにIRCCからメールが届かない場合、その理由として、あなたのカナダへの入国許可に関する情報がファイルに追加され、さらなる審査が必要であるなど、別の理由でこの特別手続きによる就労ビザ延長の資格がないものと思われます。ただし、オンラインで就労ビザの延長を申請することは可能です。

例5:PGWP有効期限が2021年9月20日から2022年10月1日まで

  • PGWP有効期限がすでに切れた、または2022年10月1日までに切れる予定

就労ビザ取得方法
就労ビザのオンライン申請が必要です。申請受付は2022年8月2日に開始されます。カナダに滞在していてPGWPがすでに切れている場合は、同時にレストレーション(滞在資格復元)の申請を行う必要があります。この特別措置では、90日以上前にPGWPが失効している場合でも、レストレーションが認められています。

カナダを出国し、許可が下りてから帰国する場合は、海外から申請することができます。

注:この就労ビザは、入国地で申請することはできません。2022年12月31日までにオンラインで申請を提出する必要があります。

暫定的な就労が可能

2021年9月20日から2022年12月31日までにPGWPが失効した、または失効する予定の人は、暫定的に労働が許可されていることを示すEメールを2022年8月8日以降に受け取ることになります。受給者は、このメールをPGWPの就労ビザと一緒に提示することで、カナダでの一時的な就労が許可されていることを雇用主に示すことができます。

この1回限りの措置の実施は、18ヶ月の追加就労期間の資格を持つ者が、新しい就労許可証を申請する間、仕事を続けられる、あるいは労働力に復帰できることを保証することを目的としています。この暫定的な就労期間は、2023年5月31日まで有効となります。

注意点
このメール通知は、就労を可能にするだけであり、在留期限が切れている人が合法的な一時滞在者としての地位を回復するものではありません。これは、期限切れや卒業後の労働許可証が失効している人が、新しい就労ビザを待つ間、働けるようにするためのものです。

有効なビザを持っているが、現在カナダ国外にいる場合、カナダに戻ってきて就労許可を得ることは可能です。しかし、暫定労働許可証のEメール通知だけでは、カナダに戻ることはできません。

新永住権パスウェイ(TR to PR)の申請者の就労ビザ

新永住権パスウェイ(TR to PR)の申請者で審査中の人は、オープン就労ビザを申請する資格があります。これにより、永住権申請の確定を待つ間、働きながら審査を待つことができます。

2024年12月31日まで有効な就労ビザの発給
永住権申請の処理にまだしばらく時間を要するため、オープン就労ビザの申請者は、パスポートの有効期限が2024年12月31日までであれば、この許可証を受け取ることができるようになりました。

すでに約2,500人の新永住権パスウエイ申請者が、この措置により、2022年12月31日を終了日とするオープンワークパーミットを申請し、受領しています。

これらの方々には、近日中に、より長い有効期限でビザを更新できる可能性があることを伝えるEメールが送られ始めます。住所が最新で、まだカナダに滞在している場合は、何もする必要はありません。2024年12月31日を有効期限とする更新された就労ビザが郵送されます。10月中旬までに受け取れるはずです。

パスポート有効期限が短い場合
2024年12月31日以前に有効期限が切れるパスポートを持つ申請者にはこのメールは届かず、特別措置により現在の就労ビザの期間を変更する資格もありません。パスポートの有効期限が切れる日に合わせて就労ビザを申請するか、パスポートを更新した後に申請することで、より長い就労ビザを申請することは可能です。

郵送先住所を更新する必要がある場合、またはこの手続きによるオープン就労許可証の受領を拒否する場合は、特別措置の対象外となります。その場合は、オンラインで申請する必要があります。

カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加