Visa Newsカナダ最新ビザニュース

向こう3年間の移民レベル計画発表、経済回復のため移民政策を拡大

2020年10月30日発表(オタワ)

2020年10月30日にマルコ・メンディチーノ移民局大臣は、2021年から2023年の移民レベル計画を提出しました。

この計画は、移民政策を拡大することによりカナダがCOVID-19から経済回復し、中流階級のカナダ人の雇用を作り出す事ことを目的としています。

新型コロナの影響による社会的背景

パンデミックにより、移民(永住権保持者)がカナダのすべてのセクターにおいて、経済貢献をしていることが明白になりました。

私たちの医療制度も、カナダ人の安全と健康を維持するには、移民の存在が不可欠です。情報技術企業や農業などの他の産業も、サプライチェーンを維持し、ビジネスを拡大、カナダ人の雇用を増やすのにも、移民のスキルや能力が不可欠です。

カナダ移民局(IRCC)は、パンデミック中も申請を受け付け、審査し続けていましたが、世界的な渡航規制と収容人数の制約により、過去数か月の新移民の数は減少していました。

この不足分を補い、労働市場のギャップを埋め、世界の舞台での経済競争力を維持するのに必要な労働者を確保することはカナダにとって重要な課題です。

2021年から2023年には、カナダの人口の約1%の新移民を受け入れることを目標とします。具体的には、2021年には、401,000人、2022年には411,000人、2023年には421,000人の新移民を迎えるのが目標です。

(以前の計画では、2021年に351,000人、2022年に361,000人の目標が設定されていました。)

とは言え、カナダ人の健康、安全、セキュリティが最優先事項であることに変わりはないため、国境で​​の健康チェックと監視は引き続き強化しており、新移民を歓迎する一方、引き続き公衆衛生当局の指導にも厳重に従っていきます。

計画のハイライト

  • 2020年の新移民受け入れ不足を補うため、これから3年間にわたり新移民受け入れ数を増加します。
  • 経済の回復・成長に焦点を当てているため、新移民の約60%はEconomic Class(職歴や学歴を使うカテゴリー)による移民とします。
  • 全国の多様な労働および人口統計学的ニーズに対応するため、革新的でコミュニティ主導のアプローチを引き続き重視します。
  • カナダの移民システムを更にデジタル化し(オンライン申請の強化)、申請の審査におけるCOVID-19の影響を軽減します。
  • ケベック州以外のフランス語コミュニティの成長を促す為、エクスプレスエントリーで、フランス語を話す候補者に追加ポイントを授与します。
  • Economic Mobility Pathways プロジェクトを通じて、今後2年間で最大500人の難民を受け入れることを予定しています。これは、条件を満たす難民が既存の経済移民パスウェイを通じて永住権を申請するのに役立つ革新的なアプローチです。
  • 2020年3月13日から8月14日までの間に医療機関の患者に直接ケアを提供するという、パンデミックの最前線で働いていた条件を満たす難民の永住権へのパスウェイを設定します

2021年から2023年の移民レベル計画は、家族が一緒に暮らせるようにし、難民の受け入れというカナダの人道的役割を果たしつつ、カナダが有能な移民の世界でもトップの目的地という位置を確固たるものにし、経済成長の強力な基盤を築くためのものです。

今後3年間の移民受け入れ目標数を永住権カテゴリー別に示した計画表は、こちらの移民局ウェブサイト“2021-2023 Immigration Levels Plan”のページに掲載されています。

参考資料

  • 移民(永住権保持者)は、すべての事業主の33%を占め、医療部門の労働者の25%を占めています。 
  • 移民および難民保護法は、レベル計画を毎年議会に提出することを義務付けています。 
  • レベル計画は、カナダへの永住者の数を予測の上、全体的な新移民受入数の目標と範囲、および各移民カテゴリーを設定します。 
  • レベル計画は、州および準州と深く関与し、世論調査および利害関係者との協議が考慮されています。
  • 全国のカナダ人は、移民局のImmigration Matters キャンペーンを通じて新移民が地域社会にどのように利益をもたらしているかを確認することができます 。
  • カナダ-ケベック合意法の下で、ケベックは独自の移民レベルを確立します。
カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加