Visa Newsカナダ最新ビザニュース

COVID-19: 留学生の渡航規制緩和

2020年10月20日から、州または準州によってCOVID-19 readiness planが承認された学校は、現在カナダ国外にいる留学生のカナダに受け入れ再開ができるようになりました。

2020年10月20日以降に留学生としてカナダに渡航出来る人

留学生の渡航条件

以下の条件、どちらも満たす人は渡航が可能です。

  • 登録した学校が、渡航前に上記のCOVID-19 readiness planが承認された学校リストに入っていること。
  • 有効なStudy Permitを持っているか、Study Permit のApproval Letterを持っていること。

注意点

  • これは、米国からカナダへの入国だけではなく、すべての留学生に適用されます。
  • 今回のルール変更は、既にカナダにいる学生ビザ所有者への影響はありません。
    すでにカナダにいる場合は、どの学校でも(どのDLIでも)勉強を続けることができます。カナダ国外に出てしまうと、COVID-19 readiness planの承認を受けていない学校に通っている場合はカナダに戻ることが出来ません。

渡航に関する情報

渡航の際に必要なもの

  • 有効なStudy Permit、またはStudy Permit のApproval Letter
  • 上記リストの中の学校からの有効な入学許可証 (Letter of Acceptance)
  • あなた(および同行する家族がいる場合はその家族も)が学校に通ってカナダに滞在するのに十分な資金を持っていることの証明

入国審査での注意点

カナダに入国できるかどうかの最終決定は、渡航時に担当の入国審査官が行います。

次のような場合は、渡航は必要不可欠とはみなされず、入国できません。

  • 登録した学校のプログラムがキャンセルまたは一時停止になった
  • 勉強目的以外の理由でカナダに入国しようとしている

入国審査官は、以下を含むいくつかの要因をチェックします。

  • カナダに旅行する理由
  • 最終目的地に到着したら直ちに14日間の自己隔離を開始・完了できるかどうか、以下のような点を重視します。
    • 学校に通学して授業を開始する前に、自己隔離を完了する時間があるかどうか
    • 自己隔離期間にはオンラインで学校の授業を受けられるかどうか

留学生の家族の渡航について

家族が一緒に渡航する場合

一緒に渡航する場合、移民局からの書面による許可は必要ありません。ただし、渡航が必要不可欠であることを証明する必要があります。たとえば、あなたのカナダでの生活確立のサポート、生活のサポートをするなどです。

  • 家族がカナダで就学または就労する場合
    学生ビザの申請をする際に、配偶者のビザ申請も一緒に含める必要があります。
  • 家族が就学も就労もしない場合
    カナダに渡航するには、以前と変わらず電子渡航認証(eTA)またはビジタービザが必要となります。
    Temporary Resident Visaが必要な場合は、あなたの学生ビザの申請をする際に、一緒に申請に含める必要があります。

家族があなたの渡航の後に渡航する場合

あなたが既にカナダ国内にいる場合、または最初にご自身のみがカナダに渡航し後で家族が渡航する場合、家族がカナダに渡航するために必要な書類は、どこの国からその家族がカナダに渡航するかによって変わります。必要要件に従ってください。また、カナダへの渡航には、eTAまたはビジタービザのどちらか必要なことがあります。

さらにわかりやすくニュースを解説!

ビザJPカナダでは、主なニュースを動画でも配信します。移民コンサルタントが、わかりやすい言葉でニュースの要点を紹介しながら解説します。

カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加