ビザJPカナダは永住権、各種ビザ取得などカナダ移住のご相談をトータルでお受けできます。

カナダビザ最新情報

ビザJPカナダは重要ニュースを逃さない
最新のビザニュースを最適に届けます

カナダー韓国のIEC(ワーホリなど青少年向けプログラム)が2024年に拡大される予定

投稿日:2023年5月27日

更新日:2024年4月17日


こちらの記事は動画でも解説しています

カナダ移民局ニュース

2023年5月23日プレスリリース オンタリオ州トロント

カナダ政府は今年、韓国との外交関係樹立60周年を迎えます。そして、韓国をインド太平洋地域におけるカナダの重要なパートナーとして位置づけ、その関係強化に取り組んでいます。

この度、ショーン・フレーザー移民大臣の代理人アリ・エサシ氏が、カナダと韓国の新しいCanada–South Korea Youth Mobility Arrangement(青少年相互交流協定)に調印したと発表しました。この取り決めにより、カナダ・韓国両国の若者は、International Experience Canada(IEC)または韓国の同等の機関を通じて、互いの国で外国人としての就労や旅行の機会を得ることができるようになります。

カナダ – 韓国 新協定での改定内容

この新しい協定では、1995年に締結された既存の規定に比べ、多くの改善点が含まれました。

  • 参加資格年齢の引き上げ
    18歳以上30歳未満から18歳以上35歳未満に変更
     
  • 新カテゴリーの追加
    ワーキングホリデーに加え、新たに「インターナショナルCoop(インターンシップ)」と「ヤングプロフェッショナル」の2つのカテゴリーが追加される
     
  • 参加回数、期間の増加
    対象者のほとんどが、このプログラムに2回参加できるようになり、1回につき最長24カ月まで参加できるようになる。

カナダ政府は、この新しい制度を2024年に実施することを予定しています。この制度は、カナダと韓国の若者の労働市場へのアクセスを改善しながら、将来の仕事と旅行の新しい機会を開き、両国の人と人との絆をさらに深めることになるでしょう。

International Experience Canada(IEC)とは?

カナダと海外の青少年が互いの国で仕事や旅行をするための相互交流プログラムです。このプログラムには3つのカテゴリーがあります。

  1. ワーキングホリデー
    オープンワークパーミットを取得し、ホスト国のどこでも働くことができ、旅行をサポートします。

  2. インターナショナルCoop(インターンシップ)
    雇用主に特化した労働許可証を取得し、学生が自分の研究分野で目標とする経験を積むことができます。

  3. ヤング・プロフェッショナル
    雇用主固有の労働許可証を取得し、自分の研究分野またはキャリアパスの範囲内で、的を絞った専門的な仕事を経験することができます。

IECへの参加

カナダは、世界36の国および海外領土とIEC協定を締結しています。IEC協定対象国籍の青少年は、含まれる3つのカテゴリーのうち1つ、またはそれ以上のカテゴリーに応募ができます。また、対象国に含まれない国籍の青少年であっても、Recognized Organizationを通じてIECに応募する方法があります。(Recognized Organizationは、仕事や旅行のサポートを提供する青少年奉仕団体です。これらの団体は、非営利、営利、教育のいずれかで、サービスに対して手数料を徴収することもあります。)

  • 2023年シーズンは、約9万人の外国人の若者に参加人数を拡大しています。この拡大は、カナダの雇用主が国中の労働力不足を補うために必要な労働者を見つけるのに役立っています。
  • 2008年以来、24万人以上のカナダ人がIECプログラムに参加し、その多くが公私ともに貴重な人生を変える経験を積んでカナダに帰国しています。
  • 2021年の国勢調査によると、韓国系のカナダ人は218,000人以上います。

コメント

ショーン・フレーザー移民大臣

「カナダと韓国が今年外交関係樹立60周年を迎えるにあたり、両国が青少年相互交流協定の新たな取り決めに署名したことを大変嬉しく思います。国際的な経験や視点は、今日のグローバル経済において特に重要です。そのため、カナダ政府は、カナダと外国の若者が互いの国で働いたり旅行したりするための相互協定を支援し、作り続けているのです。この新しいユースモビリティの取り決めのおかげで、カナダと韓国の若者は、これまで以上に長く海外で生活、旅行、仕事をする機会が増え、カナダの雇用主は、必要な労働者を見つけるための、より大きな人材プールを手に入れることができます。」

アリ・エフサシ(ウィローデール市議会議員)

「この画期的なカナダと韓国の青少年相互交流協定は、文化交流をさらに強化し、多様性を促進し、才能ある若者のグローバルな考え方をさらに育むことで、ウィローデール市の活気に直接的かつプラスの影響を与えることでしょう。国際的な機会への扉を開き、私たちのコミュニティの構造を豊かにし続け、ウィローデールをグローバルな才能とイノベーションの拠点としてさらに高めていくことでしょう。」

大韓民国外交部長官パク・ジン

「外交関係樹立60周年という節目に、両国が新たにCanada–South Korea Youth Mobility Arrangement(青少年相互交流協定)を設立したことを大変うれしく思っています。この新しいプログラムによって、より多くの若者がカナダと韓国を行き来し、働くことができるようになるでしょう。カナダは、様々な価値観と利益を共有できる、韓国にとって最も親密なパートナー国のひとつです。この新協定の設立は、両国の関係の深さを象徴する大きな一歩です。私は、このプログラムが、さらに次の60年の韓国・カナダ関係をリードする未来の世代に、互いの国を実際に体験し、より深く理解する機会を与えることを期待しています。そして今後何十年もの間の両国関係をさらに強化するために役立つことでしょう。」

関連コラム

ビザ申請で困った!カナダ移民局(IRCC)に問い合わせる4つの方法

2024年2月14日

ビザ申請で困った!カナダ移民局(IRCC)に問い合わせる4つの方法

カナダ移民局から申請書類を返却されたら、どうする?

2024年1月17日

カナダ移民局から申請書類を返却されたら、どうする?

永住権申請に必要な学歴査定 WESのサービス利用方法の解説

2024年1月11日

永住権申請に必要な学歴査定 WESのサービス利用方法の解説

ケーススタディ:カナダ連邦裁判所、IELTSスコアを理由に就労ビザ申請を却下

2023年11月22日

ケーススタディ:カナダ連邦裁判所、IELTSスコアを理由に就労ビザ申請を却下

永住権・ビザ取得なら
今すぐ相談しよう

カナダへの永住権やビザ申請は、自分で行う場合、提出書類が多くて大変で、間違いがないか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、本気でカナダへの移住を考えているなら、移民コンサルタントのサポートを強くおすすめします。あなたの年齢、職業、家族の有無などによって、永住権を取得する方法はたくさんあります。専門家の助けを借りることで、自分の状況に合ったプランニングを確実に行うことができます。

プロの移民コンサルントがお悩みを解決

今すぐ無料相談する

移住プランニングから申請まで
ビザJPカナダひとつで完結

移民コンサルタントに相談すると、よりわかりやすく、スムーズに進めることができるでしょう。書類の提出や手続きにおいても安心感が増し、失敗のリスクを減らすことができます。あなたの夢を実現するために、専門家のアドバイスを受けながら、確実にカナダへの新しい一歩を踏み出しましょう。

お客様の声

ウェブテクニシャンでカナダの永住権獲得!

続きを見る>

絶対に移民する!その思いで4年間を乗り切りました。

続きを見る>

「この人にお願いしてよかった」と思える

カナダ政府公認のコンサルタントだから
安心して任せられる

個人では難解な永住権取得のためのプラン設計、
ビザ申請準備、書類作成、ビザ申請手続きから
結果の報告までを全て行います。

永住権取得の不安をゼロに

ビザの専門知識があるスタッフが
あなたの相談にお答えします!

無料相談・お問い合わせ

厳選したビザ情報を配信

無料ウェビナーを開催中!
当日までの最新情報をお伝えします!

ウェビナーについて