ビザJPカナダは永住権、各種ビザ取得などカナダ移住のご相談をトータルでお受けできます。

カナダビザ最新情報

ビザJPカナダは重要ニュースを逃さない
最新のビザニュースを最適に届けます

新型コロナ(COVID-19) 移民局関連 渡航規制と例外について(2021年2月21日付情報)

投稿日:2021年2月21日

更新日:2024年2月26日

このニュースのポイント!

  • 施行中の渡航規制の内容
  • 現在発表されている施行期間は2021年4月21日まで
  • カナダに渡航入国可能な人
  • 渡航する場合の必要事項

カナダ移民局ニュース

2021年2月21日付け情報

COVID-19の蔓延からカナダ国民を守るため、カナダ政府はカナダへの旅行を制限する渡航規制を発表しています。

2021年4月21日までは、規制により、有効なビジタービザまたは電子渡航認証(eTA)がある方でも渡航できず、外国人によるカナダへの渡航は全て停止されていますが、いくつか例外があります。

カナダに入国できる人

  • カナダ国籍保持者
  • カナダ移民
  • カナダ原住民族登録者
  • アメリカから重要な理由のためにカナダに渡航する人(物資供給や医療関係人員の移動などエッセンシャルワークに携わる人の場合、14日間自己隔離の規則は免除されることがあります。)
  • アメリカから渡航する外国人で、カナダ渡航前に少なくとも14日間、アメリカに滞在していた方
  • 渡航規制の例外となっている外国人(詳細以下)

渡航規制の例外の外国人

以下に該当する方は、カナダに渡航できます。

  • 一部の外国人労働者 (Work Permit保持者または許可証が発給された方)
  • Study Permitまたは許可証保持者で、学校が政府認定DLIリストに載っている方
  • すでに永住権の審査が終了して3月18日までに許可が発給されている方
  • カナダ国内にカナダ人、または移民の近親の家族がいて、15日以上カナダに滞在する方 (更にどのようにカナダに到着後14日間自己隔離するか隔離計画書を提出すること。この隔離計画書は義務です)
    もし、15日以下の滞在であれば、2つの要件を満たしていなければいけません。
    要件1:必要不可欠な目的でカナダに渡航すること
    要件2:アメリカから直接カナダに入国、または、渡航規制の例外対象者であること
  • カナダで乗継のみをする方
  • カナダ軍、訪問軍、国防総省およびその近親の家族
  • 認定された外交官および近親の家族
  • 航空および海兵隊員
  • サンピエールとミクロンに住んでいて、カナダへの入国を希望する日の14日前にカナダ、米国、またはサンピエールとミクロンにしか住んでいないフランス国民
  • カナダの公衆衛生長官の意見として公衆衛生に重大な害を及ぼさず、カナダにいる間に基本的なサービスを提供する方
  • 緊急事態対策や外交に関連し、移民大臣がカナダに有益と判断する人物
  • COVID-19の支援を目的として保健省大臣の招待で来ている方
  • 医療配達を目的とする方
  • Extended Family または Compassionate Travellerに該当する方で、15日以上カナダに滞在する予定、かつ諸条件を満たす方(詳細はこちらの記事をご覧ください)
  • スポーツの国際大会に参加するアスリート

親の家族の定義

  • 配偶者及び被扶養者
  • 扶養の子供
  • 扶養の子供の扶養の子供
  • 法的保護者

近親の家族であることを証明する書類

以下2種類の書類が必要です(紙、データのいずれでも可)

  • 近親の家族のカナダ国民または永住者である証明(カナダパスポートやPRカード、CoPRなど)
  • その家族との関係を示す書類(戸籍謄本とその英訳、Marriage Certificate、出生証明書、コモンローパートナー証明書類など)

カナダ国民・永住者以外のカナダ居住者の近親の家族の渡航について

カナダ行きのフライトに搭乗するには、搭乗前にカナダ政府からの書面による承認が必要です。

承認リクエスト方法

  1. まず、eTAを申請・取得
    カナダ移民局 電子渡航認証 (eTA) 申請に関するページ
  2. eTA取得後、移民局のWebFormから問い合わせ(承認リクエスト)
    カナダ移民局 問い合わせWebFormのページより、以下の必要事項を記入して承認リクエストをします。

問い合わせの際に記入すること

  • フルネーム
  • 生年月日
  • UCI(Universal Client ID)
  • パスポート番号
  • 旅行の詳しい理由
  • カナダの近親者との関係の証明
  • カナダでの家族の移民ステータスの証明
  • 一時滞在ビザまたは電子渡航認証(eTA)の証明

書面による許可がない場合、有効なビザまたはeTAがあっても、カナダへのフライトに搭乗することはできません。

カナダへの渡航資格を得るには

  • 旅行制限の免除を確認する移民局発行の書面による承認
  • 有効なビジタービザ(ビザ免除国以外からの場合※日本人はこちらに含まれません)またはeTA(ビザ免除の国からの場合※日本人はこちらとなります)
  • 有効なパスポート
  • 旅行制限を免除されていることを航空会社に伝える
  • 配偶者、パートナー、または親と一緒に暮らすなどの重要な目的で渡航していることを入国審査官に示す
    • 観光、娯楽、非必須の目的で旅行していることが判明した場合、承認は拒否されます。
  • 発熱、咳、呼吸困難など、COVID‑19の症状がないことを確認するために航空会社の担当者に健康をチェックしてもらう
    • 症状を示す方は搭乗できません。

渡航に関する注意事項

カナダ行きのフライトに搭乗するには

  • 到着後に滞在が義務付けられているカナダ政府承認ホテルを3泊予約する
    参照:政府承認ホテルと 予約方法、滞在時の注意点、チェックアウト
  • 出発予定時刻前の72時間以内に受けた新型コロナ陰性証明を、搭乗する空港でチェックイン時に提出する
    参照:事前のPCR検査について
  • 発熱、咳、呼吸困難など、COVID‑19の症状がないことを確認するために、航空会社の職員による健康チェックを受けてください。(症状を示す人は搭乗できません。)
  • 旅行制限を免除されていることを航空会社に伝えます
  • 15日以上カナダに滞在する方 (更にどのようにカナダに到着後14日間自己隔離するか隔離計画書を提出すること。この隔離計画書は義務です)
    もし、15日以下の滞在であれば、2つの要件を満たしていなければいけません。
    要件1:必要不可欠な目的でカナダに渡航すること
    要件2:アメリカから直接カナダに入国、または、渡航規制の例外対象者であること
  • 観光、レクリエーション、娯楽など、非重要な理由ではなく、重要な理由でカナダに渡航することを示す証拠を提示してください
  • カナダ国民またはカナダ永住者の近親の家族であることを示す証拠を提示してください
  • 有効な旅行書類(ビザまたはeTA)と有効なパスポートがあることを確認してください

【関連記事】カナダ渡航には保険加入が必要です。保険料割安、日本語サービスが受けられる現地保険会社のご案内。

カナダに旅行する人の公衆衛生について

航空会社によって行われる健康チェックに合格しなければ搭乗できません。

旅行中は非医療目的のマスクや、フェイスカバーを着用すること(自己隔離の場所でも着用すること)

カナダ到着時
ボーダーサービスまたは検疫の係員による症状チェックにパスすること。また、モバイルアプリArriveCANを通じて、COVID-19症状の自己評価を、渡航情報(フライト情報)、連絡先情報、自己隔離計画などと合わせて申告します。

カナダに入国後の強制隔離について

空路、陸路、海路でカナダに到着すると、入国までに健康診断があります。


症状がない場合でも、14日間自己隔離する必要があります。これは必須義務です。


カナダに到着したら、隔離計画書の提出が必要です。

14日間の隔離計画書には以下が含まれます。

  • 滞在場所
  • 最終目的地までの安全な移動手段
  • どのように食料を調達するかその方法
  • どのように医療サービスなど不可欠なサービスを受けるかそのアクセス方法

※症状が無くても隔離計画書は義務です。

隔離計画書を持っていない場合は、隔離計画を作るまで出発を遅らせなくてはいけません。

隔離計画書を守らない場合、以下の罰則が与えられます

  • 最高$750,000の罰金
  • 6ヶ月の禁固刑
  • 犯罪歴があるなどカナダにもともと入国できない人であると分かった場合、強制帰国の上、1年間カナダへの渡航禁止

    必要不可欠なサービスを提供する人、例えば定期的に国境を越えて商品の運搬するトラック運転手などだけが、隔離要件から免除されます

関連コラム

失敗しないワーホリ申請、ここがポイント!

2024年1月4日

失敗しないワーホリ申請、ここがポイント!

保育はカナダ永住権につなげやすい?保育士、ケアギバーの魅力

2023年12月20日

保育はカナダ永住権につなげやすい?保育士、ケアギバーの魅力

美容師もネイリストもカナダ永住権につながる!移民のプロに聞く美容業界の魅力

2023年12月11日

美容師もネイリストもカナダ永住権につながる!移民のプロに聞く美容業界の魅力

企業内の海外転勤でカナダの就労ビザを取得するには?LMIAが免除となるICTプログラム

2023年11月29日

企業内の海外転勤でカナダの就労ビザを取得するには?LMIAが免除となるICTプログラム

永住権・ビザ取得なら
今すぐ相談しよう

カナダへの永住権やビザ申請は、自分で行う場合、提出書類が多くて大変で、間違いがないか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、本気でカナダへの移住を考えているなら、移民コンサルタントのサポートを強くおすすめします。あなたの年齢、職業、家族の有無などによって、永住権を取得する方法はたくさんあります。専門家の助けを借りることで、自分の状況に合ったプランニングを確実に行うことができます。

プロの移民コンサルントがお悩みを解決

今すぐ無料相談する

移住プランニングから申請まで
ビザJPカナダひとつで完結

移民コンサルタントに相談すると、よりわかりやすく、スムーズに進めることができるでしょう。書類の提出や手続きにおいても安心感が増し、失敗のリスクを減らすことができます。あなたの夢を実現するために、専門家のアドバイスを受けながら、確実にカナダへの新しい一歩を踏み出しましょう。

お客様の声

ウェブテクニシャンでカナダの永住権獲得!

続きを見る>

絶対に移民する!その思いで4年間を乗り切りました。

続きを見る>

「この人にお願いしてよかった」と思える

カナダ政府公認のコンサルタントだから
安心して任せられる

個人では難解な永住権取得のためのプラン設計、
ビザ申請準備、書類作成、ビザ申請手続きから
結果の報告までを全て行います。

永住権取得の不安をゼロに

ビザの専門知識があるスタッフが
あなたの相談にお答えします!

無料相談・お問い合わせ

厳選したビザ情報を配信

無料ウェビナーを開催中!
当日までの最新情報をお伝えします!

ウェビナーについて