Visa Newsカナダ最新ビザニュース

ワクチン接種完了の渡航者は4月1日から入国前のPCRテストが不要に


こちらのニュースは動画でも解説しています

ワクチン完全接種済みの渡航者(2022年4月1日~)

カナダ政府は、2022年4月1日以降に空路、陸路、水路でカナダに入国する場合、ワクチン完全接種済みの渡航者に対し、入国する前のCOVID-19テストによる陰性結果証明提出を撤廃することを、3月17日に発表しました。

4月1日以前にカナダへ入国する際には、現行の渡航規制により、有効な事前検査が必要です。

入国時のランダムな検査実施は継続
カナダに到着後は、現在のルールでは、ワクチン接種完了の方がカナダへ入国する場合、どこの国からの入国であっても、ランダムにCOVID-19分子検査(Molecular Test)の受検にあたる可能性があります。この検査を受けた場合でも、テスト結果を待つ間、自己隔離をする必要はありません。

ワクチン未完了の渡航者

ワクチン接種未完了、またはカナダでワクチン接種完了と認められない(ファイザー1回接種のみなど)方でカナダ入国が例外的に認められるのは、今後もカナダ政府が認める特別な状況にある、ごく一部の方に限られます。カナダへ入国できますが、これらの方については、事前検査が必要な旨は変わりません。一部の例外を除いて、5歳以上のワクチン未接種の旅行者は、次のCOVID-19検査結果を提示しなければなりません。

条件

  • カナダへのフライト出発の前日、または陸路や船で到着する前日にカナダ国外で受けた有効な(認可された研究所やテスティングプロバイダーによる)抗原検査(Antigen test)の陰性証明、または
  • カナダへのフライト出発、または陸路や船で到着する72時間以内に受けたモレキュラー(分子、PCR)検査の陰性証明、または
  • カナダへのフライト出発、または陸路や船で到着する10日以上前(180日を超えない)のモレキュラー(分子、PCR)検査の陽性証明。抗原検査(antigen test)の陽性証明は不可です。

すべてのカナダ渡航者

カナダへ入る全ての旅行者は、Arrive CAN(無料のモバイルアプリ、またはウェブサイト)を通じての情報提出が義務づけられています。Arrive CANを提出していない人は、たとえワクチン接種完了済みでも、カナダ到着時にPCR検査が必要になったり、14日間の自己隔離が必要になる場合があります。クルーズ船や飛行機で到着する旅行者は、出発の72時間以内にArrive CANにて情報を提供する必要があります。

要点・概要

  • カナダは引き続き、COVID-19の感染を抑えるために、ワクチン接種、ブースター接種、必要に応じたマスク着用、症状がある場合の自己隔離を推奨します。
  • カナダへ入国する全ての旅行者(カナダ在住者も含む)は、カナダ到着の72時間以内にArrive CANの情報登録をしなければなりません。
  • ワクチン未接種でのカナダ入国が許可されているすべての渡航者には、一部の例外を除き、到着時と渡航8日目のCOVID-19分子検査、14日間の自己隔離が要請されています。
  • カナダ入国時は、公衆衛生保持対策のため、入国審査のプロセスに時間がかかることも考えられます。到着時にArrive CANレシートを提示できるように準備しておいてください。陸路でカナダへ入国する方は、Canada Border Service Agency (CBSA) のウェブサイトで待ち時間を確認してください。
カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加