ビザJPカナダは永住権、各種ビザ取得などカナダ移住のご相談をトータルでお受けできます。

カナダビザ最新情報

ビザJPカナダは重要ニュースを逃さない
最新のビザニュースを最適に届けます

カナダ政府が Immigration Levels Plan 2024-2026(移民受け入れ計画) を発表

投稿日:2023年11月2日

更新日:2024年3月21日


こちらの記事は動画でも解説しています

2023年11月1日、カナダは移民受け入れ計画2024-2026を発表しました。Immigration Levels Plan とは、毎年発表が予定されている、向こう3年間の新移民受け入れ方針の指針です。

今回発表された Immigration Levels Plan で、カナダ政府は現行の目標値を維持し、2024年には48万5,000人の新規移民受け入れを目標とします。そして、2025年と2026年には、それぞれ50万人の新規移民の受け入れを目指します。

この目標は、移民受け入れ計画2023-2025で発表されたものと同じです。今回の発表には、2026年の目標値が新たに追加され、2024年から2026年の間に各クラスおよび永住権カテゴリーで受け入れられる計画が修正されました。

2024-2026 Immigration Levels Plan

クラス別・申請カテゴリー別の内訳

エコノミッククラス

2024年、カナダは年間目標の58%にあたる約281,135人の移民を、エコノミッククラス(職歴や学歴、語学力を使って申請するカテゴリー)で受け入れます。2026年には、年間目標の60%にあたる301,250人の移民をエコノミッククラスで受け入れる予定です。

ファミリークラス

2024年のファミリークラス(カナダ人や移民の家族として申請するカテゴリー)の目標は11万4,000人で、これは全入国者数の24%にあたります。2026年には11万8,000人となり、これも全入国者数の24%となります。

人道的移民

人道的移民の受け入れ目標は、2024年には89,865人となり、全移民受け入れの約19%となります。人道的移民には、難民、保護対象者、人道的、同情的、またはその他の理由で受け入れられる者が含まれます。2026年までの目標は80,832人で、これは全入国者数の16%にあたります。


全体的な動向 -エクスプレスエントリーとPNPの受入れ目標値が増加

エクスプレスエントリー

エクスプレスエントリーの目標は、2024年に110,700人の永住権取得者で、2025年と2026年にはそれぞれ117,500人に増加します。

各州ノミネーションプログラム(PNP)

各州ノミネーションプログラム(PNP)の目標は2024年に11万人、2025年と2026年には、それぞれ12万人とさらに増加します。

ファミリークラス

カナダ人やカナダ永住者の配偶者、コモンローパートナー、扶養の子供を受け入れ対象とするファミリークラスは、2024年に82,000人を目標とし、2025年と2026年にはそれぞれ84,000人に増加します。両親・祖父母プログラム(PGP)の目標は2024年に32,000人、次いで2025年と2026年にそれぞれ34,000人です。

フランス語話者

2022年にケベック州外のフランス語話者永住者の目標4.4%を達成したことを踏まえ、この計画には、ケベック州外のフランス語話者永住者の目標を、2024年に6%、2025年に7%、2026年に8%と、毎年段階的に増加させることが新たに盛り込まれています。


移民受け入れの安定化を目指すカナダ政府

カナダ政府は、目標を据え置く理由について「この計画は、住宅、医療、インフラなどの分野での圧力とのバランスをとりながら、経済成長を支えるように調整されています。2026年以降、政府は永住権レベルを年間50万人に安定させ、カナダの労働市場を増強し続けながら、統合を成功させるための時間を確保していきます。政府はまた、移民制度のこの側面が持続可能であることを確実にするため、一時的定住者の受け入れ数を再調整するための行動を来年中に取る予定です。」と説明しています。

グリーン(ネット・ゼロ)経済やデジタル経済への移行に向けた持続可能性イニシアチブを支援するなどの重要な目標を達成するために必要な人材を確保し、重要な部門(健康、科学、技術、工学、数学(STEM)、貿易、運輸、農業など)における労働力格差がカナダ企業の成功と拡大の障害とならないようにしていきます。

新永住者者の受け入れは、単に受け入れ目標を設定するだけでなく、住居や医療など、新規入国者とカナダ人が同様に必要とする支援やサービスも考慮に入れなければなりません。調整、協力、コミュニケーション、パートナーシップは、新永住者を歓迎し、新永住者が前向きな結果を達成できるよう適切な支援を確保するために不可欠です。
この計画に沿って、カナダ移民局は、政府レベルやパートナー、利害関係者との統合的な計画と調整を促進するため、政府全体と社会全体からなる入所者受け入れ計画へのアプローチを確立するための初期の取り組みを行いました。


計画の背景

カナダの主要移民法である移民・難民保護法(IRPA)に基づき、連邦政府は選挙のない年は11月1日までに年次移民計画を発表しなければなりません。移民受け入れ計画は、経済、家族、人道の3つの移民クラスのそれぞれにおいて、今後3年間にカナダに受け入れられる新規永住者数のガイドラインとなっています。この計画は、カナダの経済を強化し、家族を再会させ、抑圧やその他の人道的危機から逃れてきた人々にとってカナダを安全な場所にするというカナダ移民局(IRCC)の使命を推進するものです。

2022年、カナダは43万7,000人の新規移民受け入れで記録を更新しました。2023年の永住者受け入れ目標は465,000人です。

関連コラム

2024年のカナダ移民政策に関する注目ポイントを6つピックアップ!

2024年1月4日

2024年のカナダ移民政策に関する注目ポイントを6つピックアップ!

カナダ永住権へつなげるワーキングホリデーの使い方

2023年12月14日

カナダ永住権へつなげるワーキングホリデーの使い方

エクスプレスエントリー ドローイングのタイミングはどのように決まる?

2023年12月6日

エクスプレスエントリー ドローイングのタイミングはどのように決まる?

オンタリオ州PNPの申請条件緩和、1年コースのカレッジ卒業生も対象に

2023年11月15日

オンタリオ州PNPの申請条件緩和、1年コースのカレッジ卒業生も対象に

永住権・ビザ取得なら
今すぐ相談しよう

カナダへの永住権やビザ申請は、自分で行う場合、提出書類が多くて大変で、間違いがないか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、本気でカナダへの移住を考えているなら、移民コンサルタントのサポートを強くおすすめします。あなたの年齢、職業、家族の有無などによって、永住権を取得する方法はたくさんあります。専門家の助けを借りることで、自分の状況に合ったプランニングを確実に行うことができます。

プロの移民コンサルントがお悩みを解決

今すぐ無料相談する

移住プランニングから申請まで
ビザJPカナダひとつで完結

移民コンサルタントに相談すると、よりわかりやすく、スムーズに進めることができるでしょう。書類の提出や手続きにおいても安心感が増し、失敗のリスクを減らすことができます。あなたの夢を実現するために、専門家のアドバイスを受けながら、確実にカナダへの新しい一歩を踏み出しましょう。

お客様の声

ウェブテクニシャンでカナダの永住権獲得!

続きを見る>

絶対に移民する!その思いで4年間を乗り切りました。

続きを見る>

「この人にお願いしてよかった」と思える

カナダ政府公認のコンサルタントだから
安心して任せられる

個人では難解な永住権取得のためのプラン設計、
ビザ申請準備、書類作成、ビザ申請手続きから
結果の報告までを全て行います。

永住権取得の不安をゼロに

ビザの専門知識があるスタッフが
あなたの相談にお答えします!

無料相談・お問い合わせ

厳選したビザ情報を配信

無料ウェビナーを開催中!
当日までの最新情報をお伝えします!

ウェビナーについて