ビザJPカナダは永住権、各種ビザ取得などカナダ移住のご相談をトータルでお受けできます。

カナダビザ最新情報

ビザJPカナダは重要ニュースを逃さない
最新のビザニュースを最適に届けます

2021年ワーキングホリデー 11月12日が今年度の最終ドローイング

投稿日:2021年11月3日

更新日:2024年2月22日


こちらのニュースは動画でも解説しています

カナダ移民局ニュース

2021年のワーキングホリデー申請には、日本国籍の枠がまだ5,898枠残っていますが、2021年11月12日のドローイングをもってInvitation to Applyの発給は最後となります。

日本国籍保持者向けカナダワーキングホリデービザの発給状況

10月29日現在、以下のとおりです。

Japan — Working Holiday

Quota: 6500
First round of invitations: March 8, 2021
Final round of invitations: November 12, 2021
Invitations issued to date: 740
Spots available: 5,898
Candidates in the pool: 1,374

POEレターを既に受け取っている人

2021年11月22日まで
すでにカナダ国内にいてワーキングホリデービザのPOEレター(審査合格のレター)をお持ちの方は、11月22日まで、ワーキングホリデー・ワークパーミットに切り替える「アクティベート」がカナダ国内でできます。

2021年11月23日以降
11月23日以降は、いったんカナダ国外に出てカナダに再入国をする際にアクティベートをするか、アメリカ国境でフラッグポールをしてアクティベートをする、のいずれかになります。


関連コラム

2024年のカナダ移民政策に関する注目ポイントを6つピックアップ!

2024年1月4日

2024年のカナダ移民政策に関する注目ポイントを6つピックアップ!

カナダ永住権へつなげるワーキングホリデーの使い方

2023年12月14日

カナダ永住権へつなげるワーキングホリデーの使い方

エクスプレスエントリー ドローイングのタイミングはどのように決まる?

2023年12月6日

エクスプレスエントリー ドローイングのタイミングはどのように決まる?

オンタリオ州PNPの申請条件緩和、1年コースのカレッジ卒業生も対象に

2023年11月15日

オンタリオ州PNPの申請条件緩和、1年コースのカレッジ卒業生も対象に

永住権・ビザ取得なら
今すぐ相談しよう

カナダへの永住権やビザ申請は、自分で行う場合、提出書類が多くて大変で、間違いがないか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、本気でカナダへの移住を考えているなら、移民コンサルタントのサポートを強くおすすめします。あなたの年齢、職業、家族の有無などによって、永住権を取得する方法はたくさんあります。専門家の助けを借りることで、自分の状況に合ったプランニングを確実に行うことができます。

プロの移民コンサルントがお悩みを解決

今すぐ無料相談する

移住プランニングから申請まで
ビザJPカナダひとつで完結

移民コンサルタントに相談すると、よりわかりやすく、スムーズに進めることができるでしょう。書類の提出や手続きにおいても安心感が増し、失敗のリスクを減らすことができます。あなたの夢を実現するために、専門家のアドバイスを受けながら、確実にカナダへの新しい一歩を踏み出しましょう。

お客様の声

ウェブテクニシャンでカナダの永住権獲得!

続きを見る>

絶対に移民する!その思いで4年間を乗り切りました。

続きを見る>

「この人にお願いしてよかった」と思える

カナダ政府公認のコンサルタントだから
安心して任せられる

個人では難解な永住権取得のためのプラン設計、
ビザ申請準備、書類作成、ビザ申請手続きから
結果の報告までを全て行います。

永住権取得の不安をゼロに

ビザの専門知識があるスタッフが
あなたの相談にお答えします!

無料相談・お問い合わせ

厳選したビザ情報を配信

無料ウェビナーを開催中!
当日までの最新情報をお伝えします!

ウェビナーについて