Visa Newsカナダ最新ビザニュース

COVID-19: コロナ禍の渡航自粛勧告について

カナダ移民局ニュース

Canada Border Services Agency(CBSA=カナダ入国管理局)は、ホリデーシーズンを迎えるにあたり、カナダ出入国の際に課される義務などをあらためて確認するよう注意喚起しました。

カナダ再入国には、国外で受けた COVID-19検査の陰性結果を提示

12月21日より施行
旅行日数にかかわらず、ごく一部の例外を除き、カナダに再入国する前にCOVID-19検査(molecular test)を受ける必要があります。

  • カナダ国内で受けた検査は無効で、カナダ国外で検査を受けなければなりません。カナダへ陸路で入国する72時間以内、またはカナダへのフライト出発時刻前の72時間以内に検査を受けます。
  • カナダ到着前の72時間以内に受けたCOVID-19検査の陰性の検査結果、またはカナダへ出発する14日前から180日前の陽性反応の検査結果どちらかを提出する必要があります。
  • “rapid tests” (簡易検査)とも呼ばれるAntigen tests(抗原検査)は無効です。

カナダ政府は引き続き、カナダ在住者の不要不急の旅行を控えるように勧告しています。

BC州における渡航規制

カナダに居住するワクチン接種完了者がカナダBC州へ再入国する場合、以下の条件にいずれも当てはまる場合に限り、COVID-19検査不要です。

  • 生活品の購入やサービスを受ける為にアメリカに陸路で行くことが不可欠の場合
    および、
  • 24時間以上カナダを離れていないこと

上記の例外条件は、ワクチン接種完了済みの親・保護者に同行する12歳未満にも適用されます。

検査の除外は、あくまでアメリカへ生活必需品の買い出しやサービスを受ける場合のみで、その他の不必要な立ち寄りはしないことが条件です。友人や家族に会いに行ったり、行事に参加したりする場合は適用されません。

引き続き、カナダへ戻る際には、ワクチン接種の有無やCOVID-19検査の除外にかかわらず、 ArriveCAN での情報提出が必要です。

物資の運搬に関わる長距離トラックドライバーなどは、カナダ再入国の際のCOVID-19検査や自己隔離は不要ですが、ArriveCANでの情報提出は必要です。

カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加