Customer's Voice最近の対応事例

ビザの種類別に対応事例を見る 永住権取得者インタビュー

東南アジアからカナダへ母子留学をするためにお子様は学生ビザを、同行されるお母様は保護者滞在ビザ(ビジターレコード)を申請したU様カナダへは同行なさらないお父様からご相談を頂き、弊社のグループ会社JPカナダ留学センターで学校のお手続きを、弊社でビザのサポートを行い、問題なく短期間で学生ビザが取得できました。

ビザ種類・移民カテゴリー 学生ビザ
職種 なし
申請時のお住まい 東南アジア
申請からビザ取得までの期間 約1週間
申請する前の滞在ビザ なし

お客様からのコメント

「東南アジアのインターナショナル・スクールに母子留学している娘を、新たにカナダの学校に母子留学するにあたり、娘の学生ビザ(Study Permit)と同行する母親の保護者ビザ(ビジター・レコード)の取得をVISA JPCANADA様にお願いしました。

 

今回、カナダを娘の留学先に考えたのは、日本でもカナダの教育プログラムを基にした学校に通っていた点と、将来、娘がカナダの大学に進学する様な場合の選択肢を増やしておきたいと言う事もあり、早い段階でカナダの学校に通ったほうが良いのではと言う思いを強く感じるようになった為です。

 

我が家の場合、娘と妻は東南アジアの国に滞在していて、私が日本にいると言う事もあり、留学ビザを取得するにあたり手続き上の不安があり、やはり専門家のサポートは心強く、何ら不安を感じる事が無くお願して良かったと考えております。

 

VISA JPCANADAと同じグループ会社で留学部門のJPCANADA様にお願いしたのは、娘の留学先のビクトリアにオフィスもあり、問合せさせて頂いた折に、いち早く対応して頂き、また対応もしっかりされていましたので、留学手続き全般をお願い致しました。

 

娘の場合、ミドルスクールの最終学年の途中からの留学で、ミドルスクールへの留学手続きと、卒業後に進学予定の高校への入学依頼も同時にして頂くと言う煩雑な手続きを行って頂きました。

 

また、学生ビザの取得ですが、娘と妻が東南アジアの国に滞在していると言う事もあり、必要書類の準備の煩雑さもありましたが、VISA JPCANADA様からの適切なご指示と、不安な点に関する私どもからの問合せへの丁寧な対応には大変心強い思いがありました。

 

特に、カストディアン申請書の場合、夫婦揃って日本の公証人役場に行かなければならない点や、ビザ申請時に娘と妻の現住所の東南アジアの国に最終入国した後のパスポートのコピーが必要な点など、事前にスケジュールを把握していなければ、カナダ留学直前でないと娘と妻が日本帰国しない予定だった為、留学前にビザが完了出来なかったリスクもありVISA JPCANADA様より適切なご指示を頂け感謝しております。

 

学生ビザですが、VISA JPCANADA様からビザの申請をして頂けたとご連絡を受けてから、ほぼ1週間後に申請許可が下りたと言うご連絡と共に、学生ビザ引換証の書類を頂きました。

 

当初、カナダ移民局のHPのデータで、ビザ取得までの期間が7-8週間と言うお話でしたが、1週間でビザ申請許可が頂けたのは、VISA JPCANADA様がビザ申請に慣れていて、不備のない資料準備ならびに、的確な申請を頂けたものと感謝しております。

 

また、娘の高校卒業までに、学生ビザの延長(更新)手続きも必要となりますので、VISA JPCANADA様には、今後も引き続きお世話になりたいと考えておりますし、知り合えて良かったと考えております。

 

また、今後、小・中・高校留学をお考えになられている方は、私どもの反省からも、最低でも1年ぐらい前から、情報の収集等の留学準備を進めてられた方が良いのではと思います。

 

また、日本と海外の学校では、教育のスタートする年齢が異なっていたり、始まる時期が違っていたりして、日本と同じ学年(グレード)に転校した場合でも、クラスの子供達の年齢が1歳年下だったり(イギリス系は小学校1年生の開始年齢が日本より1歳早い為)、転校時期によっては、留学先では同じ年齢の子供の学年は終業しているが、お子さんが日本の学校でその学年が終了していないと場合など、1学年下のグレードにしか入学を認められないケースもあったりするので、留学先の学年の始まる時期をしっかり確認した方が良いと思います。

 

ちなみに、同じBC州でも、バンクーバーとビクトリアで、Secondary Schoolの始まる学年が違ったりしています。

 

最後になりましたが、VISA JPCANADA様、本当に有難うございました、大変感謝しております。

2015年1月から新しく開始されたExpress Entry Systemで永住権申請したO様審査期間が6か月間と、早くスムーズに審査されました。

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権申請 カナディアンエクスぺリエンスクラス(CEC)
職種 Food Service Supervisor
申請時のお住まい バンクーバー、BC
申請からビザ取得までの期間 約6か月
申請する前の滞在ビザ ワーキングホリデー → ワークビザ→ ビジター

お客様からのコメント

カナダに来て5年ほど経ちますが、カナダに来る前から東京のオフィスに、その後もビザを変える度にビザJPカナダにお世話になっていました。

 

一度、ワークビザの申請の際に、会社の関係で別のコンサルタント会社にお願いをしました。

そして今回の移民のビザを申請する際に信頼できる対応など色々比べた結果、もう一度ビザJPカナダにお願いする事に決めました。

 

申請の手続きをしていく中でわからないことがあった際はメールですぐに返信をいただき、オフィスで実際お会いする際も沢山の質問を持って、悩み、感情的になっている時もありましたがいつも冷静にアドバイスを頂きました。

ビザを待っている間も一つ一つのプロセスにどれくらいかかるかを進む度に教えて頂いたので、安心して待っていることができました。

 

今回でコロコロビザを変えるのは終了!
長い間何度もお世話になりました。

雇用主様とのトラブルにより、BCPNPを取り下げ、CECを申請したS様永住権申請を諦める前に、ビザJPカナダにご相談をいただき、短期間で永住権が取得できました。

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権申請 カナディアンエクスぺリエンスクラス(CEC)
職種 Reflexologist
申請時のお住まい バンクーバー、BC
申請からビザ取得までの期間 約4か月
申請する前の滞在ビザ ワーキングホリデー → ワークビザ

お客様からのコメント

最初はBCPNPで永住権の申請をしたのですが、オーナーとの意思疎通不足などからトラブルになり、オーナー側から申請の取り下げをされてしまいました。

急なことだったので少しパニックになってしまったのですが、幸いなことに念のためと思い登録していたExpress EntryのInvitationが既にあったので、これがあればまだ何とかなるかもと思い、以前Express Entryについて少しお話させて頂く機会があったビザJPカナダのコンサルタントに相談に伺いました。

お話させていただいた結果、Invitationを使い、CECで再び永住権を申請して承認される可能性は高い。と言って頂いたのでそのままお願いをすることにしました。
結果、申請後約3ヶ月半という期間で承認をもらう事が出来ました。

申請前、申請後とさまざまな質問に迅速に、そして明確に答えて頂き、待っている間もストレスなく過ごす事が出来ました。

本当にビザJPカナダにお願いして良かったと思っております。ありがとうございました。

日本から雇用主を探し、ビザサポート受けてWork Permitを取得されたK様人材カナダとビザJPカナダで雇用主様と申請者様の間に入り、採用→ビザ申請のお手伝をさせていただきました。

ビザ種類・移民カテゴリー 就労ビザ (Work Permit)
職種 Cook
申請時のお住まい 日本
申請からビザ取得までの期間 約4ヶ月
申請する前の滞在ビザ ワーキングホリデービザ→就労ビザ→日本

お客様からのコメント

ワーホリの時に働いていた日系のレストランでワークビザを取得したのですが、ビザ期限前に退職して日本に帰ってしまいました。

 

日本帰国後、日本で仕事をしていましたが、またカナダに戻りたい、移民をしたい、という気持ちが日に日に増してきて、カナダに戻る方法を探すようになりました。ワーホリの時から利用していた、人材カナダのサイトで「就労ビザサポート有」という広告を見つけて、応募したら、オーナーさんとの電話面接になり、採用していただけることになりました。

 

LMIAの審査が厳しい、時間がかかる、と聞いていたので、毎日ドキドキして過ごしていましたが、LMIAが取得できたという連絡がもらえた時はすごく嬉しかったです。

 

CooKで頑張って働けば、移民も目指せると聞いたので、頑張って働きながら、英語も勉強したいと思います。

高校留学のため、日本から学生ビザと、保護者滞在用のビジタービザを申請したH様同行するお母様の滞在ビザもお嬢様の学生ビザと同じ期間で取得することができました。

ビザ種類・移民カテゴリー 学生ビザ、ガーディアンのビジタービザ
職種 なし
申請時のお住まい 日本
申請からビザ取得までの期間 約1週間
申請する前の滞在ビザ なし

お客様からのコメント

15歳の娘が高校留学するにあたり、母親の私も同行するということで、娘の学生ビザ(study permit)

と、私自身のの長期滞在用のビザ(visitor record)の取得でした。

 

留学斡旋会社を通さず、学校や航空券等の準備を進めてきましたが、学生ビザ取得の書類だけはどうしてもミスが許されない重要な手続きでしたので、やはり専門の方にお任せした方が良いと思い、ビザJPカナダに依頼しました。

 

留学先のバンクーバーにオフィスがあり、コンサルタントの方々もベテランの方がいらっしゃる印象を受けたので、迷わず決めました。

 

未成年のビザは、様々な書類が必要で、集めるのが大変でした。特に苦労したのは、両親が承諾書にサインする際に、主人が単身赴任で離れて暮らしているため、別々にサインすることを公証役場に出向いて、認証してもらうことでした。九州の公証役場と東北の公証役場と、電話で確認し、必要書類を用意し、郵送で送る、という時間のかかる作業でした。

 

そして、すべての書類が整い、担当コンサルタントから「カナダ大使館に申請しました。」と連絡をいただき、わずか数日後に「申請許可がおりました。」という連絡が来て、ビックリしました。カナダ大使館のHPには12~16週間かかるとの記載でしたので、あまりの早さに感動いたしました。

 

さらに、私の滞在期間を娘の学生ビザと同じ期間まで許可してほしい、というレターも書いていただきました。

入国当日は、スムーズに入国できるか、ドキドキでしたが、準備してくださった書類を一式提出し、待つこと10分!1~2つの簡単な質問の後、すぐにビザを渡されました。

 

本当に、ビザJPカナダに依頼して、良かったと思います。

ポスグラからワーホリを取得、そして永住権申請をされたK様審査途中に急なルール変更がありましたが、審査はスムーズに進みました

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権申請 BCPNP ELSS
職種 Fish and Seafood Plant Worker
申請時のお住まい バンクーバー
申請からビザ取得までの期間 約17ヶ月
申請する前の滞在ビザ Visitor → Study Permit → Post Graduate Work Permit → Working Holiday

お客様からのコメント

初めてビザJPカナダを知ったのは、友人からの紹介でした。当初、移民弁護士や他のエージェントからお話を聞いていましたが、どこに依頼するか決めかねていた時にビザJPカナダの無料相談でお話を伺うことができました。その時にとても親身にアドバイスして下さり、説明も分かりやすくて安心してお願い出来ると思いお願いすることに決めました。

 

私と妻の申請をお願いしましたが、書類作成はもちろん、急なルール変更等にも素早く対応して下さり、安心して結果を待つことができました。雇用主への必要事項の説明などもご丁寧に対応して下さり、ご担当して下さったコンサルタントさんには本当に感謝しています。また、アシスタントの方もいつもご丁寧で頼もしく対応して下さり、ビザJPカナダにお任せして本当に良かったです。約1年半、大変お世話になりました。無事に永住権を取得することができ、また新たなスタートラインに立つことができました。本当にありがとうございました。

ご主人様がカナダの大学に通われたのち、カナディアンエクスぺリエンスクラスで永住権申請をされたA様永住権審査に時間がかかりましたが、晴れてご夫婦で移民されました!

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権申請 カナディアンエクスぺリエンスクラス(CEC)
職種 Courier Service Supervisor
申請時のお住まい バンクーバー, BC
申請からビザ取得までの期間 約23ケ月
申請する前の滞在ビザ Study Permit → Post Graduation Work Permit

お客様からのコメント

はじめはポスグラの申請の時にお世話になりました。

 

学生ビザの新規申請や延長手続きなどを自分たちで行っていましたが、ポスグラの申請が通らず却下されました。移民局の指示にある通りの書類を出していたのに、どうしたらいいのか、しかも、再申請するにも、申請資格(学生ビザの有効期限)があと数日で切れてしまう、という日に、却下の連絡が届いてしまい、藁をにもすがる思いで、ご連絡をしました。

 

短い期間でしたが、コンサルタントさんが迅速に、書類を再度見直してくださったり、補足資料を準備してくださったりしたおかげで、再申請ができ、今度は無事許可がおりました。

この時の経験から、移民申請は最初からより確実なものにしようと、ビザJPカナダさんのお世話になることを決めました。

 

永住権申請を始めて、移民局(CIC)が書類の受理したという連絡を受けるところまでは順調でした。ですが、だいたい同じ頃に、同じカテゴリーで申請をした人の多くが順調に進み健康診断リクエストが来ているのに対し、私たちには待てど暮らせどリクエストが来ず、やきもきしました。

 

CICのサイトによれば、13か月程度で審査が進むと記載されていましたが、その期間を過ぎても進展がなく、コンサルトさんにCICに問い合わせをしていただいた結果、やっとリクエストが来ました。

そして、審査の途中、ある日突然、申請資格を本当に満たしているかの確認の電話がありました。まったくの想定外の出来事でしたが、的確に指示をして下さり、オフィサーを納得させることのできる資料を提出できました。

 

結局、最初に申請書類を提出してから2年弱かかってしまいましたが、途中で起きたハプニングを考えると自分たちで申請をしていたら却下になってしまったかもしれません。ビザJPカナダさんに頼んで良かったと思います。

お嬢様が9月からカナダの大学へ1年間留学されるY様海外勤務中のお父様とコンタクトを取らせて頂き、お嬢様の申請を出してから1週間で許可が下りました。

ビザ種類・移民カテゴリー 学生ビザ
職種 なし
申請時のお住まい 日本(申請者。お父様はドバイ在住)
申請からビザ取得までの期間 約1週間
申請する前の滞在ビザ なし

お客様からのコメント

娘は、在学中の日本の大学から交換留学でカナダの大学に行くことになりました。学校から娘に各自ビザ申請の指導がありましたが、学生ビザ申請書類等準備が非常に分かりにくく、不安だったため、ビザの申請を代行して頂ける会社をインターネット探索しました。代行会社三社に問い合わせメールを送付し、回答を頂きましたが、ビザJPカナダからの回答が非常に早く丁寧でしたので依頼を決めました。

 

非常に分かりやすく、ひとつひとつ丁寧に説明頂きましたので、特に苦労したことはありませんが、あえて言うなら自宅にスキャナーがなかったので、書類をスキャンしなければならなかった事に時間を費やしました。

 

すべてに関して丁寧、迅速及び確実。特に送付したEメールすべてに関して、受領確認のメールを頂いた事で非常も安心感がありました。

 

信頼と経験豊富なビザJPカナダにお願いすることをお勧めします。私も海外で生活して23年目になりますが、ビザJPカナダの顧客対応は、5星レベルで海外では非常に稀な会社で、関心しました。

日本からご家族でカナダの永住を目指され、2年で実現されたY様お仕事紹介は人材カナダで、就労ビザ・永住権申請はビザJPカナダでサポートさせて頂きました。中国籍から日本国籍に帰化。その後カナダの永住権取得と国際的なご家族です。

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権申請 BCPNP
職種 Cook
申請時のお住まい ケロウナ、BC
申請からビザ取得までの期間 約17か月
申請する前の滞在ビザ Work Permit

お客様からのコメント

私たち家族がビザJPカナダにお世話になったのは、今から2年ぐらい前でした。あるテレビ番組を見て、自分たちもカナダで生活してみたいと思い、ネットでいろいろ調べたら、人材カナダ(旧)という会社があると分かり、まず仕事を探しから依頼しました。順調にオーファーをもらって、すぐにワークパーミットの代理申請をしていただきました。

 

全てやることはまったく経験のしたことないことなので、正直とても不安な時期もありましたが、担当して下さった移民コンサルタントさんがいつもてきぱきと的確なアドバイスや書類準備に関しての指示を下さったお陰で2年のワークパーミットが下りました。

 

2013年6月から家族でカナダにやってきて、半年ぐらい今の雇主のもとで働いた頃、ボスに移民申請のサポートはしてくれませんかと頼み、快諾していただいたのです。すぐに前回担当して下さったビザJPカナダのコンサルタントさんに連絡して、移民申請希望と伝え、ワークビザ申請時と同じように素早く動いてくれて、書類の準備、作成からBC州および移民局に提出するまで全て順調で、まったくストレス感じずに過ごすことができました。

 

タイミング良く書類提出したので、結果州の審査とCIC審査全部一年5カ月ぐらいで晴れて移民になりました。長い間本当にお世話になりました、ありがとうございました。

 

 

最初はご自身でファミリークラス永住権の申請準備をされていたN様ポストグラデュエートビザが切れるギリギリから代理申請をしました。

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権申請 ファミリークラス(コモンロー)
職種 なし
申請時のお住まい バンクーバー、BC
申請からビザ取得までの期間 約21か月
申請する前の滞在ビザ ワーキングホリデー → 学生ビザ → ポストグラデュエートビザ

お客様からのコメント

日本にいるときからグループ会社のJPカナダ留学センターでお世話になっていましたので、バンクーバーに来ても引き続き、オフィスに足を運んでいました。

 

ファミリークラスを申請しようと準備していたとき、最初は自分で行おうと思い余裕を持って取り掛かったはずが、ギリギリになってしまい、持っていたポスグラがあと1週間で切れるという時に、JPカナダ留学センターに駆け込んだところ、ビザJPカナダさんを紹介され、コンサルティングで『大丈夫です』と言われた一言に大変救われました。ギリギリだったにも関わらず担当して下さったコンサルタントさんにお願いしてからは、気持ち的に本当に安心出来ました。

 

ポスグラビザが切れた後も引き続き働きたかったので、ファミリークラスは国内申請を選びました。審査には時間がかかりましたが、大きなトラブルもなく、順調に進むことができました。

 

移民を目指す方はぜひ諦めないで下さい。困ったら、ビザJPカナダさんに駆け込んで下さい、きっと何か良いことがあるはずです。



カナダのビザに関する無料相談はこちら