ビザJPカナダは永住権、各種ビザ取得などカナダ移住のご相談をトータルでお受けできます。

カナダビザ最新情報

ビザJPカナダは重要ニュースを逃さない
最新のビザニュースを最適に届けます

ルーラル地域パイロットプログラム、対象となる地域エリアの拡大

投稿日:2022年9月1日

更新日:2024年2月26日


こちらの記事は動画でも解説しています

ビザニュース

2022826日 オンタリオ州 ティミンズ

ショーン・フレイザー移民大臣は、永住権カテゴリー「ルーラル地域パイロットプログラム(RNIP : Rural and Northern Immigration Pilot)」の11の参加地域における対象エリアを拡大し、今秋より、新移民受け入れによる利点をさらに拡充させることを発表しました。

新型コロナパンデミックからの経済回復において、カナダ移民は重要な役割を果たしています。特にカナダ国内の地方エリアや北部のコミュニティの将来にとって、新規参入者はこれまで以上に不可欠であることが、今回の発表の背景です。カナダ政府は、こういったコミュニティを支援し、移民数を増やして新雇用を作り出し、労働力不足を解消し、ビジネス・経済の成長に取り組みます。

ルーラル地域パイロットプログラムの拡大

この度フレイザー移民大臣が発表したルーラル地域パイロットプログラムの拡大には、対象エリアの拡大と、移民受け入れによる利点の増加が含まれています。

施行予定の改善点

今秋に施行が予定されているプログラム拡大による改善には、コミュニティのパートナーや雇用主、申請者を支援する、以下のようなものを含みます。

  • より多くの雇用主がルーラル地域パイロットプログラム利用可能に
    対象となるエリアが拡大する地域:North Bay (ON州), Sudbury (ON州), Timmins (ON州), Thunder Bay (ON州), Moose Jaw (サスカチュワン州), West Kootenay (BC州), Vernon (BC州)
     
  • 医療分野とトレード分野への申請者のジョブオファーを拡大
    該当する職務経験のある申請者がジョブオファーを受けやすくなることで、この分野の労働力不足を解消
     
  • プログラム参加可能期間の延長
    2024年8月のパイロットプログラム終了まで、コミュニティに長期の参加を許可する
     
  • 地域支援の拡大
    コミュニティパートナーが申請者と雇用主に最大限の支援が可能となるよう手助けする
     
  • 申請者が提示しなければならない生活に必要な資金額の減少
     
  • プログラム整合性の強化

今回の改善内容は、対象地域のパートナーから求めた意見を検証した上で作成されました。これらの変更が参加地域のニーズを満たし、カナダ全土の小規模なルーラル地域の成長を促すための新たな一歩を踏み出したことになります。対象地域の拡大によって、ルーラル地域パイロットプログラムは不可欠な労働力不足を補うことができ、より多くの雇用主の支援が可能となります。

地方政策の今後

ルーラル地域パイロットプログラムのような地域主導型移民プログラムは、カナダの成長を持続するために益々重要となっています。その成功例であるアトランティック地方プログラム(Atlantic Immigration Program (AIP))は、スキルを持った新移民を惹きつけ、地域社会の労働力不足や人口不足の対処にも役立ってきました。2022年3月に試験的プログラムから常設プログラムとなり、以来167件の永住権申請を受領しています。

フランス語人口拡大への貢献
フランス語圏からの移民は郊外・北部コミュニティ地域も含めてカナダにとって重要です。移民は少数派コミュニティの人口を維持し、人口増加にもつながる重要な要素の1つといえます。州政府・準州政府や関係者と協力し、フランス語スピーカー移民が生活を安定でき、カナダ全土のフランス語コミュニティに貢献できるよう支援しています。

カナダ政府は引き続き、ケベック州以外のフランス語コミュニティに、フランス語圏からの新移民を維持し増加させるための措置を取っていきます。

移民システムの強化
ルーラル地域パイロットプログラムの拡大は、カナダの移民システムを強化プランの元で施行されています。今秋までに申請のバックログ(未処理の案件)を減らし、労働不足解消に焦点を当て、顧客満足を改善し、家族の呼び寄せを実現するため、1250人のスタッフを新たに雇用する計画です。郊外・北部コミュニティも含めて、全ての人に移民システムが適切なものであるよう努めています。

概要 -Quick facts

  • ルーラル地域では400万人以上のカナダ人が雇用されており、GDP(国内総生産)の30%にあたります。都市部への食料、水、エネルギーを供給しており、カナダの経済発展に貢献する産業を支えています。
  • 11のRNIPコミュティは、North Bay (ON州), Sudbury (ON州), Timmins (ON州), Sault Ste. Marie (ON州), Thunder Bay (ON州), Brandon (マニトバ州), Altona/Rhineland (マニトバ州), Moose Jaw (サスカチュワン州), Claresholm (アルバータ州), West Kootenay (BC州) and Vernon (BC州)です。
  • 2022年6月30日時点で、1130人の新移民がRNIPコミュニティに到着、医療、ホスピタリティ、飲食、小売業、製造業、輸送業の分野などのキーセクターの労働不足を解消するのに役立っています。
  • 毎年、平均して125人の新移民とその家族が各参加コミュニティに受け入れられています。
  • RNIPの1年毎の申請受付数は最大2750人、及び、その家族となります。
  • 2022年1月、小規模な町や地域社会への新移民のカナダ1年目の生活安定を助けるため、カナダ政府は3500万ドルの投資をおこないました。

関連コラム

大学院留学からカナダの永住権取得を目指す方法とメリット

大学院留学からカナダの永住権取得を目指す方法とメリット

新しい語学テストPTE Coreの試験対策と受けてみた感想とCELPIPとの比較

2024年4月20日

新しい語学テストPTE Coreの試験対策と受けてみた感想とCELPIPとの比較

2024年のカナダ移民政策に関する注目ポイントを6つピックアップ!

2024年1月4日

2024年のカナダ移民政策に関する注目ポイントを6つピックアップ!

カナダ永住権へつなげるワーキングホリデーの使い方

2023年12月14日

カナダ永住権へつなげるワーキングホリデーの使い方

永住権・ビザ取得なら
今すぐ相談しよう

ビザJPカナダの移民コンサルタント

カナダへの永住権やビザ申請は、自分で行う場合、提出書類が多くて大変で、間違いがないか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、本気でカナダへの移住を考えているなら、移民コンサルタントのサポートを強くおすすめします。あなたの年齢、職業、家族の有無などによって、永住権を取得する方法はたくさんあります。専門家の助けを借りることで、自分の状況に合ったプランニングを確実に行うことができます。

プロの移民コンサルントがお悩みを解決

今すぐ無料相談する

移住プランニングから申請まで
ビザJPカナダひとつで完結

ビザJPカナダの移住プランニングから申請までのステップバイステップ ビザJPカナダの移住プランニングから申請までのステップバイステップ

移民コンサルタントに相談すると、よりわかりやすく、スムーズに進めることができるでしょう。書類の提出や手続きにおいても安心感が増し、失敗のリスクを減らすことができます。あなたの夢を実現するために、専門家のアドバイスを受けながら、確実にカナダへの新しい一歩を踏み出しましょう。

お客様の声

ウェブテクニシャンでカナダ永住権取得

ウェブテクニシャンでカナダの永住権獲得!

続きを見る>

カフェのスーパーバイザーとして就労ビザから永住権を取得したMoeさん

絶対に移民する!その思いで4年間を乗り切りました。

続きを見る>

「この人にお願いしてよかった」と思える

カナダ政府公認のコンサルタントだから
安心して任せられる

個人では難解な永住権取得のためのプラン設計、
ビザ申請準備、書類作成、ビザ申請手続きから
結果の報告までを全て行います。

ビザJPカナダロゴ
移民コンサルタント

永住権取得の不安をゼロに

永住権取得の不安をゼロに

ビザの専門知識があるスタッフが
あなたの相談にお答えします!

無料相談・お問い合わせ

厳選したビザ情報を配信

厳選したビザ情報を配信するウェビナー

無料ウェビナーを開催中!
当日までの最新情報をお伝えします!

ウェビナーについて