Interview永住権取得者インタビュー

カナダで保育士として納得するまで働いてみたくて永住権取得を考えました。

移民カテゴリー Canadian Experience Class
お名前 Y.A.様
職種 Early Childhood Educator
永住権申請から取得までの期間 約5ヶ月
申請者のコメント 就労ビザ申請の頃から考えると、約1年半と長い期間、ビサ申請と並行して仕事に集中できたのは、支えてくださった山下さんやビザJPカナダのスタッフの方々のおかげです。

カナダ永住権申請のきっかけ

カナダに来た当時は、こちらのカレッジの保育コース(Early Childhood Educationコース)に一年通い、保育士資格を取得することが目的でした。その後幸運なことに実習先のデイケアからオファーを頂き、一年、二年と就労経験を積む毎に仕事が楽しくなり、期限を決めずに納得するまでカナダで働いてみたいという思いから、永住権申請を目指すことにしました。
 

「ビザ申請サポートは実績で選びました。」
ビザサポートをどこの会社にお願いしようか調べていく中で、保育士への就労ビザ、永住権申請に実績のあるビザJPカナダさんにお願いしようと思い、まずは無料のカウンセリングを受けることにしました。

私の仕事の都合で中々平日に休みを取って伺うことが厳しかったのですが、できる限りわたしのスケジュールに合うように融通をきかせてくださいました。そのスタッフの方の親切な対応に、ぜひビザサポートをお願いしたいと思い御社に依頼をしました。
 

ビザ申請で大変だったことはありますか?

永住権申請に関しては、申請してから4か月程度で取得できたので、そこまで苦労した記憶がありません。ただ永住権申請の前に就労ビザを取得したのですが、LMIAが承認されるまでに8か月以上かかり、途中で働けない期間もあったりと、何もできずに待っていた期間が一番精神的に辛かったです。就労ビザが取得できなければ、永住権申請も出来なかったので、LIMAが承認されたときは安心しました。
 

ビザ代理申請をご利用になっていかがでしたか?

複雑な書類や各機関とのやり取り等、フルタイムで仕事をしながら、ましてや私のビザに関する知識と英語力では到底永住権までたどりつけなかったなぁ…と思います。

私の就労ビザ、永住権申請を担当してくださった移民コンサルタントの山下さんは、心配症の私の話や質問にいつも耳をかたむけ、丁寧に答えて下さいました。また何か問題や追加書類が出ると、すぐに連絡を下さり、対応して頂いたので安心してお任せすることができました。

就労ビザ申請の頃から考えると、約1年半と長い期間、ビサ申請と並行して仕事に集中できたのは、支えてくださった山下さんやスタッフの方々のおかげです。有難うございました。
 

今後、カナダ永住権取得を目指したい方へのメッセージ

私がカナダに保育留学を決めた当初、本来は1年間の滞在予定でした。しかしながら保育学校、実習先、勤務先の保育園と沢山の人との縁に支えてもらいながら、1年、また1年とカナダでの生活を繋いできました。

永住権を目指す方の中にも、絶対に取得したい!という人もいれば、将来どうなるかわからないけど…と、多少の迷いがありながら申請する方もいると思います。私も後者のほうでした。ただ支えてくれる人がいて、経済的にもある程度余裕があり、何より行動に移せるほどのモチベーションが自分にあるならば、こんなに条件が合うタイミングは人生の中でもあまりないと思うので、永住権申請に挑戦してみてもいいんじゃないかな、と思います。

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加