Customer's Voice最近の対応事例

ビジターから学生ビザへ変更、その後ファミリークラス申請したN様途中で必要書類が変更になったりし、道のりは平坦ではありませんでしたが、無事にファミリークラスで永住権を取得できました。

ビザ種類・移民カテゴリー Family Class
職種 N/A
申請時のお住まい バンクーバー, BC
申請からビザ取得までの期間 約12ヶ月
申請する前の滞在ビザ ビジター⇒学生ビザ

お客様からのコメント

遡ること3年前、日本で結婚したパートナーから「カナダに帰ろうと考えているんだけど・・・」という一言が、あの時はこんなに長くなるとは思ってもいなかった私の永住権取得に向けてのプロセスが始まりました。

 

パートナーは市民権保持者ではなく、永住権保持者、何とその永住権カードの有効期限が切れるとカナダに入国できなくなり、それはカナダとの縁を一度、切るという重い決断を自動的にするということに直結すると伝えられました。

 

そんなことをパートナーから説明されても、どこか他人事でピンとこない私。そこで、日本にいながらもスカイプ等で丁寧にサポートを提供して頂き、また、不安なパートナーにも安心感を与えてくれたVISAJPカナダさんに依頼することを決めました。

 

パートナーが日本にいては申請ができないという状態で、とにかくまずはカナダに行かなければ申請はできないことを教えていただき、一緒にカナダに行くことを決断。予め、コンサルタントの方に教えていただいていた必要な書類を日本である程度揃え、渡加しました。ここまでに、最初に相談してから既に、1年以上が過ぎていました。

 

渡加したものの、私は観光ビザ。1年前とは移民局の条件が変わっており、必要でなくなった書類、逆に必要になった書類があることが判明。それらを揃えるために、2ヶ月間のカナダ滞在後、止む無く一人、日本へ帰国、30歳を過ぎていた私はワーホリも申請できずに、日本で学生ビザを申請することに。この決断や学生ビザの申請についても、丁寧に教えて頂いた事で、スムーズに事なきを得ることができました。また、常に変更される移民局からの情報もタイムリーに教えて頂くことができました。

 

そして、再渡加、この時点で最初に相談した時から1年半が経過、ようやく申請準備が整いました。ここからはトントン拍子で事が進み、数ヶ月で申請作業が終了。その間、担当のコンサルタントとアシスタントの方に作業を任せるだけで、私はほとんどその作業を見守るのみ、とてもプロフェッショナルな対応でした。

 

しかし、その申請作業後からは、ただ、ひたすら待つという修行のような日々。結局、申請から丸々1年、待ち続ける日々でした。その間に、何度もコンサルタントの方には「まだですか?」メールを送るも、その都度、心の支えになるメールを返信して頂いたことにはとても感謝をしております。また、永住権取得とは直接関係のない情報提供や雑談にも付き合ってくれ、安心感を与えてくれました。

 

ついに、1年後に、再度、カナダを離れ、渡加することで永住権を取得。永住権を取得後、2ヵ月後に永住権カードが届く。ただし、隣の家に届けられるといおまけ付き。計画から3年、最初に相談した日から2年半、申請から14ヶ月を経て晴れて永住権を取得することができました。

 

今の世の中は、何でもネット上に情報が溢れている時代。しかしながら、正確な情報を伝え、確実に申請作業を行い、責任感を持って私の永住権の取得を手伝って頂いた、担当のコンサルタントとアシスタントの方にはとても感謝をしています。何よりも心の支えとなる温かい言葉で見守ってくれたからこそ、こんなに長くかかったプロセスを最後までやり遂げることができました。

 

今後、永住権カードの更新や市民権取得など、またお世話になることがあれば、私は同じ担当のコンサルタントとアシスタントの方に是非、またお世話になりたいと思います。本当に、長い間、ありがとうございました。

カナダのビザに関する無料相談はこちら