Testimonial最近の対応事例

コロナのロックダウンの中、無事に永住権を取得したH様最初は永住権まで視野に入れていませんでしたが、カナダの魅力に取りつかれ、目標にするようになりました!

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権:カナディアンエクスペリエンスクラス(CEC)
職種 Food Service Supervisor
申請時のお住まい ON州
申請からビザ取得までの期間 約9ヶ月
申請する前の滞在ビザ LMIA就労ビザ

お客様からのコメント

元々カナダへワーホリへ来た理由は、医療職で働いていた当時、外国人の患者さんにコンサルタントする際、通訳を介する事で自分の伝えたい事が伝わっていないと感じたことから、少しでも英語で自ら会話がしたいと考えてた為です。その為、永住権のえの字も知らず、1年後は帰国し、すぐに仕事に復帰する事を考えていました。

しかし、カナダへ来た後に気づいた多文化主義や、年齢、性別に関係なく新しく何かにチャレンジする事の自由な姿勢の重要性の元で自分を成長させたいと、長期カナダ滞在を考える中で”永住権取得”の目標を見つけました。

就労年数を満たす為に、卒業後に得られる就労ビザ目的でカレッジ入学許可も得ましたが、ワーホリ中から勤務しているカフェから、LMIAのサポートを頂ける事になったので、資金の事を考えてLMIAの利用を決めました。

ワーホリからLMIAの取得までは別の移民コンサルタント会社を利用していましたが、ちょうど永住権の申請をしようという時期にコロナが始まり、新規案件の受付を停止されていた為、急遽新しい会社を見つけなければならない状態でした。その中で同じく永住権取得に向けて進めている友人がビザJPカナダさんを利用しており、とても親身になってくれる所と紹介され、ビザJPを利用する事に致しました。

永住権申請まではタイミングが悪く、IELTSの予約もロックダウンにより数ヶ月先に延ばされ、書類を集めるのも通常より時間が掛かっているようで、ひたすら待つしかない事態に気持ちを保つ事が大変でした。

しかし、担当して下さった移民コンサルタントの櫻井さんのスムーズな返信やご対応により、5月の無料相談から8月にはEEの招待を受け、10月に永住権を申請する事が出来ました。

私の些細な質問にも回答が早く確実で、安心して書類申請代理を依頼する事ができて良かったです。

永住権申請中に知った情報も非常に多くあるので、確実に永住権取得には情報収集が重要だと実感します。

カナダのビザに関する無料相談はこちら