Customer's Voice最近の対応事例

ビザの種類別に対応事例を見る 永住権取得者インタビュー

ずっと携わってきたカフェでの仕事で永住権を取得したM様Coopで働いていた雇用先からジョブオファーをいただいて、州ノミネーションプログラムでは異例の日本からの永住権申請でした。

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権 -BCPNP Skilled
職種 Food Service Supervisor
申請時のお住まい 日本
申請からビザ取得までの期間 約39ヶ月
申請する前の滞在ビザ 無し(過去にはワーキングホリデービザ、学生ビザ)

お客様からのコメント

Coopが終盤になってから、どうしてもカナダに残りたいと思い、ビザJPカナダさんに相談に行きました。ワーホリも使ってしまっていたのであとはどこかの会社にワークのサポートをしてもらうしかないかなと思っていましたが、ワークが申請できなくなってしまい途方に暮れたわたしに、移民コンサルタントの白石さんが、永住権申請もできると教えてくれて、申請の途中でワークも出ると言うことだったので、それがいいと思い決めました。

 

サポートできるかもと言ってくれた雇用先はいくつかあったので白石さんに直接雇用主と話しをしてもらったのですが、その中でCoopで働いていた雇用先が協力してくれるということになりました。

 

永住権の審査はとても長くかかり、気が遠くなりそうでした。申請してから1年半たったころ、もうカナダには戻れないんじゃないかと思いはじめたときにやっとワークが取れるところまで審査が進み、カナダに来てまた働けることになりました。

 

それからさらに1年半。この度日本への一時帰国の帰りに、無事バンクーバー空港でランディングを済ませ、カナダに永住者として帰国しました!長く辛かった待機期間が終わって心の底から安堵の気持ちで一杯です。

 

3年前ワークビザが申請できない、となってカナダへ戻ることを諦めかけた私に、スカイプで永住権申請を提案して下さり、白石さんを信じてお願いしてから今日まで何度も励ましの言葉や丁寧な案内をして頂きました。不安ながらも白石さんとビザJPカナダを信じてここまで来ることができたのだと思います。

 

大変お世話になりました、ありがとうございました。

コモンローパートナーとして、ファミリークラスで永住権を取得されたT様日本ではなじみのない「コモンローパートナー」ですが、カナダでは結婚とほぼ同等の権利が与えられ、条件を満たせば永住権申請も可能です。事前のご準備の段階からご相談いただき、スムーズに永住権を取得いただきました。

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権
職種 ファミリークラス
申請時のお住まい バンクーバー
申請からビザ取得までの期間 8ヵ月
申請する前の滞在ビザ 学生ビザ

お客様からのコメント

バンクーバーには元々英語を学ぶための語学学校目的で滞在していましたが、学生ビザだけでの滞在は、交際中のパートナーとの将来性が考えられないこと、インターナショナルスチューデントはかなり高額の学費を払い続けなければならず、長期的に学業に取り組むには効率がかなり悪い為、自分の将来、パートナーとの将来を考えコモンローでの永住権取得申請を決めました。

カナダでビザや永住権に関する申請と手続きを代行していただけるということは、利用していた留学センターの担当者の案内で知っていました。 私の場合は学生ビザの期間も十分にあったことと、特に複雑な個人履歴やステイタスではなかったので永住権申請自体は自分でコツコツとやっていけば大丈夫だろうと考えていましたが、パートナーがそれにかかる労力と書類ミス等での時間ロスを考え、プロに代理申請してもらいできるだけ早く永住権の取得をした方が後々自分たちのメリットが大きいと背中を押してくれたのがきっかけで代理申請をお願いすることを決めました。

コモンローの場合は結婚と違って一年の同棲履歴を元に申請ができる仕組みになっているので、同棲の二人の履歴をコツコツ集めることから始まります。 そして申請から最大一年の審査期間を更に待たなくてはならないという私にとっては約2年間の人生の大プロジェクトとなった為、待っている間の期待と不安が自分の中では一番大きかったです。ですがパートナーのスポンサーとしてのサポートがこんなにもありがたいものなんだと痛感しました。私の人生を変える大きな決断を一緒に彼の人生をかけてサポートしてくれたパートナーに感謝です!

また、2017からコモンローに対する移民局のシステムが例年と少し変わった為、新システムで前例のない中、今までの経験や履歴を元に予測を立てて臨機応変に対応してもらえたので助かりました。申請中も移民局からの追加書類や問い合わせなどが数回あった為、その都度迅速に対応をとってもらえて良かったです。それに対する自分の迅速な回答や対応も大変重要かと思います。

これからはせっかく永住権が取れたので公立の学校でスキル職を学べるように勉強に励む予定です。学業にしっかり取り組んだ後、洋裁のスキル職でバンクーバーしっかりサバイブできるよう頑張っていきたいと思います。スポンサーとカナダでの生活を更に楽しんでいけるよう、しっかりとした仕事に就けるように一生懸命にやってみようと思います。

<お知らせ>
「よくわかるファミリークラス(結婚・コモンロー)永住権申請無料セミナー」
2月23日(金)午後3時00分~ JPカナダバンクーバーオフィス
参加申込/詳細

美容師の経験を活かして永住権を取ったA様美容師経験者としてワーキングホリデーでカナダに来る方は、A様のように永住権が取得できる可能性大です!

ビザ種類・移民カテゴリー BCPNP Skilled
職種 Hairstylist
申請時のお住まい バンクーバー, BC
申請からビザ取得までの期間 約36ヵ月
申請する前の滞在ビザ Working Holiday → Work Permit

お客様からのコメント

ワーホリでカナダに来た時わたしはまだ25歳でしたが、専門学校を出てすぐに美容師を始めたのですでに5年間の経験がありました。ワーホリで仕事を探した時にも、経験があったのでわりとすぐに決まりました。

 

ワーホリ中に母が遊びに来てカナダをすごく気に入り、カナダにずっと住んだらいいんじゃないかとすすめられて、わたしはその時はどっちでもよかったんですが、移民のプロに話だけでも聞いてみることにしました。

 

何人かのプロに聞きに行った中、ビザJPカナダが一番親切で、親身になって話をきいてくれたと思います。他の会社では、はいじゃあどんどんすすめましょうとガツガツした感じでしたが、ビザJPカナダでは、どっちでもいいかなーと思っているわたしの話をじっくり聞いてくれて、「永住権はカナダに永く住んでいい権利という意味だから、権利は取れる時に取るといい。権利は要らなくなったら放棄していい」と言ってくれたのが印象に残っています。そして、それならせっかく今取れるなら取っておこうという気持ちになりました。

 

あれから3年。ワーホリとあわせて4年カナダに住んで、カナダって住みやすいなーと実感しています。特に美容師は、日本では朝から晩まで働いてとっても大変な職業なのですが、カナダではちゃんと決まった時間に仕事が終わるし休みも取れるので、自分の時間がいっぱい取れます。今永住権が取れて、やっぱり取って良かったと思っています。

カナダの大学で客員教授としてご就労がお決まりのM様すでに就業開始日がお決まりの場合は、特に慎重な申請をお勧めします。お知り合いの苦いご経験から、代理申請サービスをご利用いただきました。

ビザ種類・移民カテゴリー 就労ビザ
職種 Postdoctoral research fellow
申請時のお住まい 日本
申請からビザ取得までの期間 1ヶ月
申請する前の滞在ビザ なし

お客様からのコメント

客員教授としてカナダに滞在する機会に恵まれました。同じ職場の同僚が最近,同じように客員教授として渡航する際に,カナダの Work Permit 取得に苦労し,予定していた渡航日に渡航できなかったという事件(?)があり,代理申請を薦められて検索してヒットしたのがビザJPカナダでした。同僚は依頼した先を忘れていたようですが,聞いていたWebサイトの作りと似ていたので,ここに依頼しようと思い立ちました。

依頼してからは的確なタイミングで色々と指示していただいたので,流れに沿って必要書類を取得して送るだけでしたので,年末の忙しい中でも非常にスムーズに Work permit 取得まで漕ぎ着けました。年末ギリギリのタイミングで追加書類を要求されたり、という小さいハプニングはあったものの,申請時点での見込み期間より大幅に早く終了し,気持ち良い新年を迎えられました。餅は餅屋,の言葉通り,専門家に依頼するのがやはり一番ですね。

高校留学するお子様の学生ビザを申請・取得したY様未成年の学生ビザ申請は提出必要書類も多く、手続きが複雑ですが、きちんと書類を揃えて申請を行ったため、申請から1週間で学生ビザを取得することが出来ました。

ビザ種類・移民カテゴリー 学生ビザ(未成年)
職種 N/A
申請時のお住まい 日本
申請からビザ取得までの期間 約1週間
申請する前の滞在ビザ なし

お客様からのコメント

15歳の息子の高校留学のため、留学エージェントを通じて学校やホームステイの手続きを進めていました。

学校の手続きは無事に完了しましたが、未成年の学生ビザ申請の手続きは複雑なようで、留学エージェントからビザJPカナダをご紹介いただきました。子供の留学自体が初めてで、ましてビザに関しては何もわからないため、すぐに代理申請を依頼しました。

こちらは書類を収集してお送りするだけでしたし、質問票の記入方法など細かく指示していただけたので、スムーズに進めることが出来ました。依頼してから2週間ほどで申請が完了でき、その後1週間でビザが承認されました。

ビザの承認が無事おり親子共々本当に安心しました。色々と大変お世話になり、ありがとうございました。また何かありました折にはどうぞよろしくお願いします。

学生ビザから観光ビザに切替え、カナダご滞在中にファミリークラスの永住権申請をなさったM様代理申請サービスをご依頼いただいたことで、スムーズに書類を準備していただけ、ストレスフリーにご申請いただけました。

ビザ種類・移民カテゴリー ファミリークラス
職種 N/A
申請時のお住まい バンクーバー
申請からビザ取得までの期間 8ヵ月
申請する前の滞在ビザ 学生ビザ > 観光ビザ

お客様からのコメント

カナダに学生ビザで滞在中にカナダ国籍の主人と知り合い、学生ビザを観光ビザに変更して滞在期間を延ばしているときに結婚が決まりました。

 

永住権申請のサポートを探している際に、ビザJPカナダの無料カウンセリングを受け、カウンセラーの方に(無料にもかかわらず)親身になって、詳しく教えていただきました。この第一印象で御社へご依頼させていただくことに決めました。

 

本契約になってからは、正直、苦労したことは何もありません。まったくゼロです。印象に残っていることというか、心がけてたことは、コンサルタントの山下さんの指示(書類を集めるなどの)はなるべく迅速に終わらせるように努めました。

 

代理申請を依頼して本当によかったと思うことは、精神的に安心して待つことができたことです。書類を集める時点でも、山下さんから言われたとおりに主人へ指示すれバよかったので、楽だったことに加えて、主人も理解しやすく動きやすかったと思います。おかげさまで、夫婦げんかすることなくスムーズに勧めることができました。

 

永住権が取れたことがゴールではなく、やっとスタート地点に立てたという思いです。生まれ育った日本とは違う国で、今度は留学生や観光客とは違うステータスで住むことになります。まずは家庭を一番大事にし、カナダに移民として根を張れるように頑張りたいと思います。

日本の永住資格をお持ちでいらっしゃり、カナダ留学のために学生ビザを取得されたK様国籍のある国からの申請ではなかったため、補足で提出すべき書類も多あり大変でしたが、申請から1週間という短い期間で学生ビザを取得することができました。

ビザ種類・移民カテゴリー 学生ビザ
職種
申請時のお住まい 日本
申請からビザ取得までの期間 約1週間
申請する前の滞在ビザ なし

お客様からのコメント

本当に早く審査が通って良かったです!

ほとんどの事をビザJPカナダさんにして頂いたので、私が準備する事は限られていたのに、それでもビザの準備をするのは大変で時間がかかることだと感じました。

1人で全部準備するのは心が折れていたと思います。本当に助かりました。書類の準備で手間取ってしまい、お手数おかけしました。本当にありがとうございました。

保育の仕事ができるワーホリに変更したM様わたしのワーホリビザでは保育の仕事ができないと、仕事が決まってから知って焦りましたが、無事ビザを書き換えて働いています。

ビザ種類・移民カテゴリー ワーキングホリデー コンディションチェンジ
職種 Early Childhood Educator(保育士)
申請時のお住まい BC州バンクーバー
申請からビザ取得までの期間 約2か月
申請する前の滞在ビザ ワーキングホリデー

お客様からのコメント

ワーホリでバンクーバーに来てすぐに仕事探しを始めました。日本で保育士をしていたことと、仕事探しを8月にしたというタイミングがちょうどよく、9月の新学期から働いてほしいというデイケアで採用が決まりました。

雇用主にワーホリビザのコピーを渡したら「このビザにはChild Careの仕事をしちゃいけないって書いてあるじゃないか」と言われ、そんなこと知らなかったのですごく焦りました。それで友達の知り合いから、アメリカの国境に行ったら保育の仕事ができるビザに変えてくれると言われて、バスで国境へ。国境の人は優しかったのですが「ここでは何もできませんよ」と言われ、またパニックになりました。

雇用主にビザを変えられなかったと言ったら、知っている移民コンサルタントに聞いてあげると言われて、紹介されたのがビザJPカナダでした。ビザ変更申請の前に健康診断を受けないといけなかったので、その受け方も丁寧に教えてもらい、変更申請は国境ではなく今後はカナダ国内でやりました。

そして先日、無事に保育の仕事ができるワーホリが来ました!すごくうれしいです。今はデイケアで毎日子供たちの世話をしています。ワーホリが終わったらワークも取りたいので、またビザJPカナダに聞きに行こうと思います。

ご自身での就労ビザ申請が却下になり、ご相談いただいたK様政府の申請書類は思った以上に複雑でした。時間をかけて自分で準備した書類が間違っていて申請が却下されてしまい、申請料$1,000も無駄にしました。

ビザ種類・移民カテゴリー 就労ビザ
職種 Baker
申請時のお住まい バンクーバー
申請からビザ取得までの期間 5ヶ月
申請する前の滞在ビザ WH

お客様からのコメント

日本でベーキングの学校を卒業した後、日本のパン屋で3年ほど働きましたが、海外のベーカリーで働いてみたい、と思って、ワーキングホリデーでバンクーバーに来ました。バンクーバーに来て3か月ほどはのんびり過ごしたあと、近所のカフェでベーカーの募集があったので、アプライしました。自分で作ったデニッシュを持ってレジュメを持っていったところ、たまたまお店にいたオーナーと話すことが出来、その場で採用してもらうことが出来ました。

3か月ほど働いた後、オーナーから、就労ビザをサポートするので、もう少し長く働かないか?とオファーがありましたが、どのような手続きが必要か全く分からなかったので、友人の紹介でビザJPカナダに無料相談にきました。就労ビザを取るには、オーナーが最初にカナダ労働省の意見書を取る必要がある、とのことでした。オーナーが「自分達で申請してみよう」と言うので、政府のサイトを見ながら、申請の準備をしましたが、サイトをすべて読んでも、書類を準備するのは時間がとてもかかりました。しかも、完璧にしたつもりで申請しましたが、提出した書類にミスがあり、申請が却下になってしまいました。

オーナーと再度相談をして、今度はJPカナダのコンサルタントさんに申請をお願いすることにしました。

 

コンサルタントさんの準備を見ると、自分達で申請した時とは色々と違っていて、やっぱり最初からお願いすればよかったなと思いました。(笑)

私はワーキングホリデーの残り期間が多かったので、やり直してもらって、無事に就労ビザが取れましたが、もし、ビザが途中で切れてしまったら、働けなくなってしまっていたので、申請にミスがあると、時間もお金も余計にかかり、遠回りになってしまうんだな、と思いました。コンサルタントさんにお願いしたことで、2回目の申請の時には、安心して待っていられました。最近、このままカナダで長く働いてみたいな、と思うようになったので、将来は移民も考えていますが、今度は、早めにコンサルタントさんに相談しようと思います。

親子で学生ビザを申請したH様ゆくゆくは永住権も視野に入れで、親子で留学することにしました。

ビザ種類・移民カテゴリー 学生ビザ
職種 自営業
申請時のお住まい 日本
申請からビザ取得までの期間 約1週間
申請する前の滞在ビザ なし

お客様からのコメント

バンクーバーには仕事で何度か行っていて、とても住みやすそうな街だと思いました。ゆくゆくは家族で海外に住みたいという夢があり、夫婦で話した結果、日本でインターナショナルスクールに行っている息子をカナダの小学校に入れてみようということになりました。

 

学校の手配や生活の準備を手伝ってくれた留学センターで、ビザは専門家に頼んだ方が良いと聞き、ビザJPカナダを紹介してもらいました。

 

ビザJPカナダの移民コンサルタントさんは、単純に依頼した学生ビザを申請してくれるだけではなく、なぜ親子で学生ビザを取りたいとかという背景から話を聞いてくれました。子供一人の留学を理由に日本を引き払って両親や兄弟まで全員でカナダに行くというプランは、学生ビザが却下になったり入国できなかったりするというのは、コンサルタントさんに聞いて初めて知りました。

 

コンサルタントさんのアドバイスのもと、息子と私のそれぞれの学校の入学時期や入国時期を決め、ビザ申請も通常より色々な書類を準備しました。

 

準備は慎重にしましたが、そのおかげで申請してからたったの1週間でビザがおりました。びっくりです。

1 / 1112345...10...最後 »


カナダのビザに関する無料相談はこちら