Customer's Voice最近の対応事例

ビザの種類別に対応事例を見る 永住権取得者インタビュー

大学の専攻とは違う分野の仕事で永住権を取得したF様大学では心理学を学びましたが、バイト先のレストランのサポートで永住権を申請しました

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権 -BCPNP International Graduate
職種 Food Service Supervisor
申請時のお住まい バンクーバー
申請からビザ取得までの期間 約36ヶ月
申請する前の滞在ビザ Post Graduate Work Permit

お客様からのコメント

ビザJPカナダでは、長い間いろいろとサポート頂きました。BCPNPの申請から永住権の取得まで約3年くらいかかったのですが、その間都度サポート頂き大変助かりました。

 

もともとバンクーバーには大学の時に留学で来ました。日本にいる時から将来は海外で生活したかったので、大学時代からそのまま永住出来ればいいなと考えていました。

 

大学を卒業する頃には、移民申請のルールが変わっていて、なかなか普通のオフィスワークでは移民を取るのが難しいとの事で、大学時代バイトをしていた日本食レストランにスポンサーをお願いしました。ビザJPカナダはこれまでもレストランスタッフのビザ申請のサポートをしてくれていたとの事で、オーナーさんにご紹介頂きました。

 

書類の準備や、レストラン側との対応等、今までの実績があったので、とてもスムーズでした。ただ、BCPNPに申請するタイミングでエクスプレスエントリーが始まったり、移民局で色々な改定があった時期と重なり、申請してからの待ち時間がとにかく長かったです。途中でポスグラが切れて一時帰国しなくてはならなくなったのですが、その後日本に帰ってからも1年以上待ったので、やっとと言う感じです。

 

日本に居ても進展がある都度連絡を頂き、プロセスを進めて頂いていたので、心配は無く、無事に永住権が取得出来ました。

 

ルールが変わったり、書類の準備等、自分だけでは分かりづらい事も全てサポート頂けたので、その辺りは安心して待てました。私としては待ち時間が長かった事が一番大変でしたが、この夏に遂にランディングし、永住者になる予定です。

 

ここまでいろいろとお世話になり、ありがとうございました。

永住権取得後どうするかはまだ未定ですが、もしまた何かあれば相談させて頂きます!

カナダに滞在しながら、ファミリークラス国外申請されたN様審査を待つ間のカナダの滞在ビザもあわせて、すべて弊社にお任せ頂きました。

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権
職種 ファミリークラス
申請時のお住まい バンクーバー
申請からビザ取得までの期間 6ヶ月
申請する前の滞在ビザ 観光ビザ

お客様からのコメント

10年勤め上げた医療の仕事から転職をしようと思い、その前に長期の海外旅行へ行きたいな…という安易な考えから31歳を迎える2週間前、俗に言う本当のギリホリでワーキングホリデービザを取得してバンクーバーにやって来ました。

レストランを営む友人に「自分の元弟子がバンクーバーで10年暮らしていて、英語も話せるから何かあれば頼ると良いよ」と言われ、紹介されたのが今の夫でした。

お付き合いを申し込まれた時点で「移民を前提に」と言われ、移民が何かも分かっていなかった私には驚きの展開でしたが、お互いにいい歳だったこと、私のビザに期限があり一緒にいられる期間が限られていたことから、すぐに決断して準備を進めないといけない状況に追い込まれてしまいました。

まずは、何が必要かの見当も付かなかったため、留学エージェントとして私がJpcanadaを利用しており、その関連会社であったこと、また、夫の友人夫婦も利用していたことから、ビザJPカナダさんにご相談に伺いました。

ワーキングホリデービザが切れ一時帰国し、その後、再入国後は一緒に生活をし、ビジタービザ期間残り3ヶ月で申請へ向けて本格的に動き始めました。

まず入籍するにあたって日本の戸籍謄本を取り寄せましたが、郵便トラブルで手元に来るまでに1ヶ月を要してしまい、やっと入籍し、慌ただしく結婚パーティを開催し、新しい戸籍謄本を取り寄せ、これで初めて申請が出せる!という時には私のビザの残りは1ヶ月を切っていました。

パスポートの名字が変更されるのを待つ前に「結婚移民申請中」を理由に急いでビジタービザ延長依頼をし、後から名前の変更等、面倒なことが続きました。

結婚移民・コモンローの場合、付き合っている証明として歴史を辿れる写真、出会いからの記録、お互いの住所、仕事等も何年も遡って提出しないといけませんでした。

それについては、私は普段からよく写真を撮り、手帳に記録していたので良かったのですが、自分の経歴等も日頃からキチンと整理しておく必要があるな、と再認識しました。

申請後は時々来る依頼に答え、健康診断で伺った指定のクリニックにて、英語が出来ないのになぜ一人で来たのか?と医者に怒られたりもしましたが、ひたすら待つだけの穏やかな日々でした。

夫は仕事が忙しく、ほぼ私一人で準備を進めないといけない状況でしたが、こちらの法律は勿論、英語が分からなかったので、代理にして本当に良かったと思います。

ビジタービザ延長でも、助けていただき本当に助かりました。
ありがとうございました。

カナダに来て8年。念願の永住権を取得したS様審査に一番時間がかかった、BCPNP2014年組ですが、審査中もずっとカナダで働きながら待つことができました。

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権 -BCPNP ELSS
職種 Room Attendant
申請時のお住まい BC州バンクーバー
申請からビザ取得までの期間 約22ヶ月
申請する前の滞在ビザ Post Graduate Work Permit

お客様からのコメント

英語を習い始めた中学生の頃から漠然と留学に憧れていました。

2010年にカナダ東部に旅行に行き、その辺りから本気で留学をしたいと思い始め、2011年の春にバンクーバーに来ました。最初から永住権を取れたらいいな…と思っており、周りの友達も皆それを目指していたのでお互いカテゴリーは違うけれども情報交換等をしていました。

私のカテゴリーは2014年頃に一旦廃止になり、このままではカナダ永住権取得の夢は叶わなくなってしまうのか…と不安にも思いつつ、念のためスポンサーになってくれる職場を探し働き始めました。運良く、そのカテゴリーが再開され、申請できる条件も整いました。

途中、雇用主から『この書類は用意できない!』など言われた事もあり、不安に思う事もありましたが、全て白石さんが対処してくれ、無事に永住権申請を進めることが出来ました。そこから、健康診断のリクエストまでの間がすごく長くて、待ち疲れてましたが,リクエストが来ましたと連絡を頂いた時は、嬉しさよりホッとした気持ちの方が大きかったです。笑。

その後は思ったより,早く進んだ気がします。来週、ボーダーに行き、晴れて永住者となります!私は他の申請者の方より、だーいぶ歳が上ですが…同じ年代の方で永住権を目指してる方にも諦めずに頑張ってもらいたいです。

永住権を取りたいと思い始めてから8年が経ちますが、新たなカナダ生活を十分に楽しみたいと思います。

色々とお世話になり、有り難うございました。

ワーキングホリデーの後、二度ビジタービザ延長をなさったN様ワーキングホリデービザ期間のみでカナダを去るのは名残惜しいということで、二度ビジタービザを延長し、合計一年八か月のカナダ滞在を満喫なさいました。

ビザ種類・移民カテゴリー ビジタービザ
職種 N/A
申請時のお住まい トロント
申請からビザ取得までの期間 3ヶ月前後
申請する前の滞在ビザ ワーキングホリデービザ

お客様からのコメント

Visitor Visaの件の際にはありがとうございました。

無事Visaも届き、Torontoでの滞在を最後まで親しい友人たちとすっかり住み慣れたTorontoで楽しむことができました。これもビザJPカナダのスタッフの方々がいつも敏速かつ丁寧に相談、対応してくれたおかげです。

Canada滞在中は本当にありがとうございました。

まだまだCanadaが名残惜しいですが、また近い将来、何らかの形でCanadaに戻れるよう日本で準備していきたいと思います。

 

本当にお世話になり、ありがとうございました。

2度の却下のあと就労ビザを取得したK様自力での申請に失敗なさり、不法就労になってしまっていました。

ビザ種類・移民カテゴリー 就労ビザ
職種 Cook
申請時のお住まい カルガリー ⇒ 日本
申請からビザ取得までの期間 約6か月
申請する前の滞在ビザ ワーキングホリデー ⇒ 日本帰国

お客様からのコメント

ワーホリの時に働いていた雇用先からジョブオファーをもらって5ヶ月たち、雇用主が自力でLMIAの申請をしてくれていたのですがずっと取得待ちの状態で、その間に自分のワーキングホリデービザの期限は過ぎてしまったんですが、申請中でも雇用先でそのまま働けるという事でそのまま働いていました。ワーホリ申請の時に手伝ってもらったビザJPカナダに相談したところ、なんと4か月も不法就労になっていたことがわかり、焦りました。法律を知らないというのは大変なことだと思いました。ビザJPカナダの方に、すぐにいったん日本に帰ったほうがいいと言われ、6か月たつと不法就労が消えるということだったので、日本にすぐに帰って6か月後にもう一度ビザJPカナダに連絡をしました。ちょうどワーホリが切れてから1年後になっていました。

 

そこからビザJPカナダに、雇用主と自分の間に入ってもらい、ビザ申請を再開しました。さすがプロに頼むと色々なことがスムーズで、それから半年後にはカナダにワークビザで帰ってくることができました!

 

最初からビザJPカナダに頼んでおけば、1年が無駄にならなかったと思うと悔しいですが、頼れる場所ができたので、これからのカナダ滞在は心強いです!

14年越しの日本からの夢を、カナダで実現したY様

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権 BCPNP Express Entry BC - Skilled Worker
職種 Modeler
申請時のお住まい バンクーバー
申請からビザ取得までの期間 約 5ヶ月
申請する前の滞在ビザ Working Holiday→ Work Permit

お客様からのコメント

元々日本で同じ業界にいましたが、数年前から税制優遇の影響でハリウッド映画の仕事が盛んな最先端の情報が行き交う場所で仕事がしたいという想いと、今後自分のキャリアをより広げたいという思いから移民の国のカナダを選びました。世界中の国から来ている人と話すことで、今どういった人材が求められているのか、今後自分のスキルがどういう場所で必要になっていくのかを知ることも出来るし、昔から母親の影響で西洋の文化に興味があったのも大きな理由の一つです。

 

私は性格的に一つの場所でじっくり仕事をしていきたい方なので、問題はどうやってカナダに長期的に滞在するか・・・でした。当時、ルールの改定により就労ビザの査定が更に厳しくなったと聞いた為、永住権取得をすることに決めました。

 

永住権取得までの過程で一番苦労した点はカナダの移民申請のルールが頻繁に変更したことです。元々数年前まではLMIAを持っているだけで移民申請が有利だったカテゴリがありましたが、それが移民局のルール改定で変更されてしまったためポイントが足りなくなってしまいました。そこで、最終的には、会社にサポートして頂く、BCPNPというカテゴリーでの申請に、方向転換しなければならなくなりました。前々から準備してきてもそのように急な変更があるので、それ以来、毎日移民に関する情報をチェックしていましたので、気苦労が絶えませんでした。

 

職業柄残業が多く、なかなかプライベートの時間が取れないため代理申請を希望しました。

 

また、普段から書類作成にミスが多く苦手でしたので、スペシャリストの方にお任せすれば安心という気持ちがあり、友達の紹介があったビザJPカナダにお願いしました。

 

実際、移民コンサルタントの方に代理申請していただくことで、移民局からの連絡やレスポンスに関して常に心配することも無かったので精神的にも楽でしたし、仕事に集中することが出来申請がスムーズでしたので、担当コンサルタントの方にとても感謝しています。

 

永住権が無事に取れましたが、今後も引き続き自分のスキルを上げて様々なプロジェクトに携わることが出来るようになりたいです。海外への移住は簡単な道のりではありませんが、自分の視野を広げ人生の選択肢を広げることの出来るチャンスだと思います。大きなことを成し遂げるのには時間がかかるので、「諦めない」心の強さが大切です。今がんばっていることは、必ず未来の成功に繋がります!

 

※Y様のご活躍については、以下cg雑誌のオンライン記事にも大きく扱われています。

https://cgworld.jp/regular/022-yamamoto.html

調理師として永住権を取得したM様日本での職歴を活かし、ワーホリ時代の雇用先にサポートしていただき就労ビザから永住権へ。

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権 BCPNP Skilled
職種 Cook
申請時のお住まい スコーミッシュ, BC
申請からビザ取得までの期間 3年2か月
申請する前の滞在ビザ Work Permit

お客様からのコメント

長い間サポートしていただきありがとうございました。

移民コンサルタントの白石さんにはワークビザ申請とBCPNPからの永住申請をサポートしていただきました。提出する書類や記入方法の案内はもちろん、提出した書類一式が移民局のミスで送り返されてしまった時など、自分一人では確実につまづいていたであろうイレギュラーな状況にもすぐに対応していただきました。

長かった審査がすべて終わり、念願のランディングを終えて、今日無事にカナダ永住者になりました。

これまでの申請手続きを振り返ってみると、特に助かったのは、複雑で頻繁にルールが変わる申請手続きに時間と労力を割くことなく、自分は日々の仕事に専念できたこと。ビザ申請のプロフェッショナルの方に手続きとアドバイスをしてもらい、審査結果が来るまでの長い長い時間も安心して待つことができたこと。そしてなにより実際に永住権を取得することができたことです。

今後は市民権取得も選択肢の一つとして考えていますが、手続きに不安があるときはまた相談させてもらおうかと思います。白石さん、ビザJPカナダのスタッフの皆さん、本当にありがとうございました!

申請から3か月で永住権を取得されたF様ご用意いただく書類の多い申請となりましたが、必要な書類を的確にご案内し、ご準備いただくことで、申請後は短期間で永住権審査が完了しました。

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権- Canadian Experience Class
職種 Sales and Marketing Manager
申請時のお住まい バンクーバー
申請からビザ取得までの期間 3ヶ月
申請する前の滞在ビザ 就労ビザ

お客様からのコメント

バンクーバーに出向になって約2年が経ち、本社から永住権申請を検討する様に指示が出て、永住権取得を検討し始めました。検討をするに当たり、現地の知人に何処で依頼するのが良いか相談したところ、3人が3人ともビザJPカナダさんっておっしゃったので、決めました。

申請から取得まで、全てビザJPカナダさんにお任せなので、とても楽でしたが、各証明書の取得が大変でした。領事館や日本からの取り寄せ、またそれを承認してもらうための指定機関に送ったり、その待ち時間もマチマチなので、全てが揃うまで、2-3か月かかりました。

また、自身の過去歴に少々不安点があった物の、そこはプロ!申請前に的確に良否の判断をして頂いてから、申請を進める事が出来ましたので、何も考える事無く、しかも安心して申請をする事が出来ました。

4か月後のカナダ留学に向けて就労ビザをご依頼いただいたS様お問合せの段階から、ビザが間に合わないことを懸念されていましたので、間に合わない場合も想定しながら、迅速に申請を進めました。

ビザ種類・移民カテゴリー 就労ビザ
職種 Postdoctoral research fellow
申請時のお住まい 日本
申請からビザ取得までの期間 3週間
申請する前の滞在ビザ なし

お客様からのコメント

私は現在博士課程3年です。2018年4月よりカナダに留学することが2017年の11月に 決定し、work permitを短期間で取得しなければならない背景がありました。

現在の研究の忙しさを考慮すると、不慣れなwork permit申請への対応が出来るか不安になりました。そこで、代理申請をして頂けるというこちらのサービスをインターネットで見つけ利用の検討をしました。無料相談の際の対応が丁寧であり、また金額が研究費から支払える額であったことが利用の決め手となり、依頼をすることにしました。

Work permit申請後も随時追加書類の提出を要求され、それらを集めることが大変でした。特に無罪証明を警察から取得するのは予想外であり、時間が多少とられましたが、必要な書類および記入方法ならびに入手方法等細かく指示して頂き、また、もしwork permitが間に合わなかった場合にどうするか等の細かい質問にも対応して頂き、精神的なストレスが軽減されました。お陰様で他のタスクに余力を 注ぐことが出来ました。

ビザ取得は海外渡航に際して基本的なステップであり、これに不安があるとその先のプランが不明瞭になりがちです。申請に際して少しでも不安がある場合は、とりあえず無料相談をしてみると良いかもしれません。

却下後の再申請で研究者用就労ビザを取得したN様日本の業者を利用してビザ申請をし却下。渡航までの期限が迫った段階でご相談を受け、弊社コンサルタントの代理申請にて就労ビザを取得なさいました。

ビザ種類・移民カテゴリー 客員研究員用就労ビザ
職種 Researcher
申請時のお住まい 日本
申請からビザ取得までの期間 約3週間
申請する前の滞在ビザ なし

お客様からのコメント

客員研究員という立場でのカナダ留学が決まり、就労ビザの申請が必要となりビザJPカナダに相談しました。対応が好印象だったこともありビザJPカナダへお願いしたかったのですが、勤め先からの指示により日本の業者に依頼をしました。その業者はカナダのビザは実績がなかったようで申請準備に半年を要したうえに、その2か月後に申請はキャンセルされてしまいました。

 

途方に暮れましたが、これは政府の資格を持つ専門家のいるビザJPカナダへお願いするしかないと思い、代理申請サポートをお願いしました。その後は全てスムーズに進み、契約からたった約3週間でビザ取得までたどり着くことが出来ました。

 

予定から約9か月遅れのカナダ留学となってしまいましたが、今はただビザが無事に取れて安堵の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 

P.S.カナダの会社に依頼すると思うとやり取りに苦労するような気がしますが、このご時世全てEmailでやりとりが可能ですし、緊急の場合は電話やスカイプもあります。何と言っても専門家に任せるのが一番だと今回痛感しました。

1 / 1212345...10...最後 »


カナダのビザに関する無料相談はこちら