Customer's Voice最近の対応事例

永住権取得のために指圧師にキャリアを変え、永住権取得に至ったT様Coopビザでお仕事をなさっていた時から弊社にご依頼いただき、目標であった永住権取得達成まで一緒に歩むことが出来ました!

ビザ種類・移民カテゴリー カナディアンエクスペリエンスクラス(CEC)
職種 Shiatsu Therapist
申請時のお住まい バンクーバー
申請からビザ取得までの期間 約15ヶ月間
申請する前の滞在ビザ ワーキングホリデー⇒学生ビザ⇒就労ビザ⇒学生ビザ(Coop)⇒就労ビザ

お客様からのコメント

最初はIT関連の職歴を生かして移民を目指していました。バンクーバーでITの学校に行き、とても苦労して就職したのですが、就労ビザを取ったらすぐにその会社は倒産してしまいました。IT業界に不安を感じ、自分で手に職をつけたかったこともあり、永住権が取れやすい職種ということで指圧の学校に行くことにしました。

その後は順調に就職が決まり、雇用先からスポンサーしてもらって就労ビザを取りました。この時に初めて人材カナダ(当時ビザJPカナダは人材カナダという名前でした)に相談し、雇用主からのすすめもあり、ビザの代理申請をお願いしました。

移民申請は、わりと順調だったと思います。就労ビザが途中で切れてしまったので、切れる前にもちゃんと連絡をくれてずっと働けるようにいいタイミングでビザ申請をしてもらいました。移民局とのコミュニケーションがうまくいかずイライラすることもありましたが、そのたびにコンサルタントさんが何度も移民局と話してくれたのでとても助かりました。

長い間目標にしていた永住権が取れてうれしいです。ありがとうございました。

カナダのビザに関する無料相談はこちら