Customer's Voice最近の対応事例 : フェデラルスキルドトレード

ビザの種類別に対応事例を見る

ワーホリから就労ビザに切り替え永住権につなげたK様長い審査待ちの間のたびたびの質問に迅速に対応してもらえて安心でした

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権 フェデラルスキルドトレード(FST)
職種 Cook
申請時のお住まい BC州 ビクトリア
申請からビザ取得までの期間 約2年
申請する前の滞在ビザ ワーキングホリデー ⇒ 就労ビザ(LMIA)

申請者様からのコメント

初めはワーキングホリデーでカナダに来ました。当時はカナダで就労や永住は特に考えていませんでしたが、ワーホリビザが切れるタイミングで、就労先から就労ビザのオファーがあり、せっかくなのでと滞在を延ばしたことをきっかけに、徐々に永住権申請を考えるようになりました。

ビザJPカナダさんには、最初の就労ビザ申請に始まり再度の就労ビザ申請、永住権の申請取得まで長いことお世話になりました。櫻井様に担当していただいていましたが、いつも素早い対応をしていただき、とてもありがたかったです。

永住権申請をしたのがコロナウイルスの時期と重なり、エクスプレスエントリー後のピックアップまではスムーズに進んだものの、その後の待機期間が想像していたよりも長かったのが一番のストレスでした。ただ、それについて問い合わせをした際も、移民局からの返答や以前の事例などから、特に心配する必要はないとの回答をいただいていたので、不必要に不安に思う事なく待つことができたかと思います。

カナダに来た頃は想像もしていませんでしたが、無事永住権を取得する事ができました。それというのも、ビザ関係の知識が全然なかった私に櫻井様及びビザJPカナダの皆様よりアドバイスやサポートをいただいたおかげです。本当に、ありがとうございました。

私のように、自分で考えてもいなかった可能性が広がる場合もあるので、ビザ関係で何か困ったら、まずはすぐに、信頼できるプロに相談してみるのがいいと思います。