Staff Blogスタッフブログ

カナダ国際結婚詐欺事件急上昇 ~永住(移民/移住)ビザ欲しさに…~

カナダは、もともとが移民の国。

出生率は他の先進国同様、低下の一途をたどり、移民を増やさないことには人口が減少してしまう。
その為カナダ政府は現在も、年間20万人以上の移民を積極的に受け入れている。
が、それにより起こる国際結婚詐欺が後を絶たず、年間で1千件以上もあるという。
 
カナダ国籍(市民権)の方、又は永住権保持者と結婚し、その配偶者がスポンサーとなると、選挙権はないものの(永住権保持者の場合)、カナダ国籍の人とほぼ同様の暮らしが可能な永住権が与えられる。
 
これに目をつけた発展途上国出身者による国際結婚詐欺、、、
 
さりげなくカナダ人に言い寄り、結婚する前は、優しくて愛情もあったのに(これも見せかけなのでしょうが)、ビザ取得間近に急に冷たくなっただけではなく、母国の家族にお金が必要だとウソをついてお金を騙し取る。
そしてお目当ての永住権がとれたら離婚、、それが彼らの目的なのだ。
 
スポンサーは、最低3年間、その相手の財政的な義務を負わなければならず、スポンサー期間中に、相手が国や州のお金を使うようなことになった場合(生活保護など)、スポンサーはそのお金を国や州政府に返還する義務(場合によっては、最高10万ドルにもなるらしい)がある。
そういったこともすべて計算済。
 
永住権保持者で独り身の方、優しいからとか、愛しているからと盲目になって急いで結婚をしてしまうと、こうした国際結婚詐欺に巻き込まれる可能性が高いのでご注意ください。
 
※これはカナダ国籍の方、又は永住権保持者の方が発展途上国出身者の方から騙されるというモノです。先進国と発展途上国ではお金の価値が大きく違う場合があるので、それを目当てとした詐欺が多発しているというお話です。
 
その2につづく、、、
カナダのビザに関する無料相談はこちら