Staff Blogスタッフブログ

前例のない大量発給です!カナダ移民局より、エクスプレスエントリーで27,332人にITAが発給されました

バンクーバーが今シーズン初の雪景色となった2月13日。カナダの永住権を目指している方には、歴史的な土曜日となりました。 大量発給、最低CRSのスコアが75点 カナダ移民局は、今日のエクスプレスエントリードローで、27、332人にITAを発給しました。この前例のないITA大量発給で、CRS(Comprehensive Ranking System)のスコアがたったの75点の人でもITAが来ました。これはエクスプレスエントリーシステムが開始して以来の最低スコアです。今週の水曜には、各州...

渡航規制中のカナダに入国する人が用意するべきもの

渡航規制中のカナダでは、原則として外国人の入国ができません。ですが、その渡航規制対象の例外として入国できる外国人がいます。 ですが、そのような方たちも、入国審査の際に特別に求められる書類が多くあります。この記事では、それぞれの渡航者が入国の際に用意するべきものをまとめてみました。 2021年2月現在、カナダ国籍・永住権保持者以外で日本から渡航できる方 就労ビザの方一部の外国人労働者(Work Permit保持者または許可証が発給された方)学生ビザの方Study Permitま...

ご存知でしたか?あなたの両親・祖父母も永住権取得できる呼び寄せファミリークラス

日本人には馴染みが薄いと思われる、両親・祖父母の呼び寄せファミリークラス。これは、すでにカナダの永住権や市民権を持っている人がスポンサーになり、自分の両親や祖父母に永住権を取らせてあげられるというものです。※兄弟姉妹は呼び寄せの対象にはならないです。実はこの両親祖父母の呼び寄せ、他の国籍の人たちの間では大人気なのです。 結婚だけじゃない、もう一つのファミリークラス 一人が永住権を取ると、その人が「当然」自国のパートナーと結婚、その配偶者の永住権取得のスポンサーとなり、カナダ...

引っ越すならカナダ!「最も移住したい国」第1位にカナダを選んだ世界の29カ国

世界の国々が選んだ移住したい国 https://www.remitly.com/ 先日、アメリカのフィンテック・スタートアップ企業のレミトリーの調査に基づいた「世界の移住したい国ランキング」で日本が2位に選ばれましたね。日本語のニュースを見た人もいるのではないでしょうか。では1位はどこだったかご存知ですか? 世界が選ぶ「最も移住したい国」ランキング1位カナダ この調査が行われた背景に、今年始めから続くコロナ禍の影響がありました。今、新天地を求めて海外移住を模索する人が世界で急...

カナダ渡航には保険加入が必要です。保険料割安、日本語サービスが受けられる現地保険会社のご案内。

ビザJPカナダのお客様が、ビザ取得、カナダ移住の準備が整い、いよいよカナダに渡航されるという時に必ず確認させていただいているのが、カナダで使える医療保険への加入です。保険でカバーされないまま病院にかかると、医療費は大変高額になることがあります。大きな病気になったり、怪我をしてしまい、日本に戻りたくても戻れず手術や入院が必要となれば、数百万円の出費となってしまうことがあります。万が一のことを考えて、カナダ国内で利用できる医療保険に加入することはとても大切です。コロナ禍で、外国人への保険加...

アメリカ大統領選のカナダ移民への影響

大激戦だったアメリカ大統領選。バイデン氏が過半数の票を取りましたが、トランプ氏はまだ票の無効を最高裁に訴えると言っており、今後の行方にまだまだ目が離せません。この大統領選の結果は、アメリカからカナダに移住を希望する人やカナダの移民にどのように影響するのでしょうか?トランプ氏が勝利すると、カナダにスキルのある労働者がもっと流れてくるのではないかという意見もあります。選挙結果に関わらず、カナダはもはやアメリカよりも魅力的な国であるという意見もあります。 新移民就労者が国の全就労者数を占める割...

夏時間終了、11月1日よりカナダ-日本の時差17時間に

それに伴う、ビザJPカナダのLINEチャットタイム拡大・変更のお知らせ カナダに夏時間があることは、多くの方がご存知のことと思います。これは、夏の長い日照時間を有効に使うための、緯度の高い場所にある国によく見られる施策です。夏時間終了日は毎年異なり、今年2020年は10月31日(土)です。この日、カナダ国民は就寝前に時計の針を1時間戻すことになります。(つまり翌朝は1時間多くベッドでごろごろしてもよいラッキーな日です!) そして11月より、日本との時差は16時間から17時間へ増える...

カナダとアメリカの国境閉鎖が7回目の延長

先日、カナダのジャスティン・トルドー首相はツイッターを通じて、カナダとアメリカの国境閉鎖をさらに1ヶ月、11月21日まで延長したことを発表しました。延長決定はこれで7回目となり、必要不可欠の渡航を除いては、アメリカからカナダへ入国する国境は閉鎖を継続します。 https://twitter.com/JustinTrudeau/status/1318200251099025409 また先週、首相がグローバルニュースのラジオ番組「The Start」に出演した際には、アメリカ国内で...

ヒルトンホテル14日間の自己隔離滞在プランを利用したY様よりご感想をいただきました。

ビザJPカナダがご紹介している、ヒルトンホテルに滞在する自己隔離プランを、この9月に2週間利用されたY様より、「今後のみなさんのお役に立てば」と感想を送っていただきました。 カナダ移民局は、現在もカナダ入国者に対して14日の自己隔離を義務づけ、今後もかなり長く続くと予想されています。これからカナダに渡航される方も、しっかり自己隔離の滞在先を確保してくださいね。 ヒルトンホテルで14日間自己隔離をした感想 ヒルトンホテルの自己隔離プランを利用しました。ヒルトンホテルのスタッフはとても...

ビザJPカナダ特別レートあり「ヒルトンホテル自己隔離プラン」

Y様、のんびりリフレッシュ期間にもなるご滞在だったようですね。無事に自己隔離期間を終えられよかったです。ご感想をお送りいただきありがとうございました。

これからカナダに渡航される方、カナダ国境での入国審査では自己隔離計画の内容を確認されます。安心、快適なヒルトンホテル自己隔離プランの詳細は、こちらのページでご案内しています。ビザJPカナダ特別レートは、2021年12月31日までご利用可能です。

-->

留学生とカナダ人家族はカナダ入国が可能に

詳細の発表は後日ですが、移民局から、留学生とカナダ人・永住者の家族は間もなくカナダ入国が可能になると10月2日に発表がありました。 カナダ人や永住権保持者の家族 カナダ人や永住権保持者の家族がカナダに入国しようとした場合、現在の渡航規制では、以下の条件を満たす必要があります。 15日以上カナダに滞在することもし、15日以下の滞在であれば、2つの要件を満たすこと要件1:必要不可欠な目的でカナダに渡航すること要件2:アメリカから直接カナダに入国、または、渡航規制の例外対象者である...