Staff Blogスタッフブログ

「移民局はバーチャル結婚を認める?」ファミリークラス永住権申請まとめ

こちらの記事は動画でも解説しています カナダで結婚する場合、カップルは「挙式」をして、コミッショナーと呼ばれる有資格者のもとで結婚の宣誓を行うことになっています。この挙式プロセスがないと、結婚を証明する Marriage Certificate が発行されません。カップルがコミッショナー立ち合いのもとで挙式することが、カナダの婚姻の基本です。 ですが長いコロナ禍において、どうしても一緒に式を挙げられないカップルが少なからずいたことで、オンラインで挙式をするバーチャル結婚の是非が問われること...

2022年後半、カナダ国内に滞在する外国人向け永住権パスウェイはどうなる?

こちらの記事は動画でも解説しています 今年度の移民政策において、新たな永住権パスウェイが実施されるかどうかは、これから永住権取得を目指す方々にとって非常に気になるところだと思います。移民局情報メディアCIC Newsは、6月21日にショーンフレイザー移民大臣とのインタビューで、今後の永住権パスウェイ実施について話を聞いています。そこで移民大臣は、まだ詳細は未定としつつも、新しい永住権パスウェイの可能性があることを示唆しました。このブログでは、そのインタビューの抜粋をご紹介します。 ...

カナダでの就職面接に成功する7つのアドバイス!

こちらの記事は動画でも解説しています 就職の面接は緊張しますし、ストレスを感じるものだと思います。英語での面接となればなおさらのこと、そしてカナダの面接では、聞かれることが日本とは違うかもしれません。皆様が面接で成功してカナダで仕事に就けるよう、弊社のお仕事部門の人材カナダから、7つの秘訣をお届けします。 ①面接前に会社についてのリサーチを行う 会社のウェブサイトを訪問して、経営理念、会社概要などをよく知っておき、すぐに質問に答えられるように準備しましょう。会社が発信している...

夏の混雑時にカナダに入国する渡航者へのアドバイス

こちらの記事は動画でも解説しています カナダ国内では、子供たちの学校が夏休みに入り、本格的な夏の旅行シーズンが始まりました。この週末にはカナダデーの連休(7/1-7/3)、さらにアメリカの独立記念日の連休(7/2-7/4)があり、カナダ国境は出入国者で特に大変な混雑が予想されていることから、Canada Border Services Agency(CBSA:カナダ入国管理局)が国境を利用する渡航者に向けたアドバイスとなる情報をまとめて提供しました。今後、カナダ国外からカナダ入国を予定さ...

うちの子カナダで何年生?(2022-23年度版)

家族でのカナダ移住を考える際、お子様が現地の学校にどのように就学するかは、ご計画の中で優先度の高い検討事項となると思います。生活基盤を整えること、現地生活に馴染むための時間を見据えてお子様をいつから現地学校に通えるようにするのか。さまざまな面を考慮して無理のないプランを立てることが家族そろってカナダに移住するために重要です。 また、現地学校の学年の境目をよく理解しておくことも、お子様が現地の学校に馴染みやすい状況を選ぶポイントとなります。カナダの新学年は9月スタートであることが一般的です。学年...

法制化ほぼ確実、エクスプレスエントリー改定によるメリットとデメリット

こちらの記事は動画でも解説しています カナダ政府は現在、エクスプレスエントリーに大幅な改定を具体的に計画しています。その改定が施行されると、カナダ移民局がカナダが欲しい人材にターゲットを絞ってInvitation to Apply (ITA)を送ることができるようになります。この変更にはもちろんメリットが含まれますが、デメリットや懸念事項についてもあえて掘り下げて考察してみたいと思います。 まもなく法制化、エクスプレスエントリー改定案 エクスプレスエントリーは、2015年1月...

カナダ国外で教育を受けた医療従事者のカナダ移住をサポート

こちらの記事は動画でも解説しています カナダ永住権取得を希望する国外の医療従事者がよりスムーズにカナダに移民できるよう、カナダ政府が150万ドルを投資 国外の医療従事者がカナダで働けるよう、カナダ政府が150万ドル近くを投資することを、ショーン・フレイザー移民大臣の政務次官が発表しました。カナダ移民局はこの資金によって、医療分野との連携と情報共有を促進しています。特に、カナダ国外で教育を受けた医療分野の専門家に対してカナダ国内の資格を迅速に承認できるようになることを目指します。また...

「エクスプレスエントリー」大幅なシステム変更の計画について

こちらの記事は動画でも解説しています Express Entry rounds in the future could invite candidates based on occupation, language, or education. 政府は今後、エクスプレスエントリーシステムが、その時々の経済政策を適宜反映して永住権審査を進めていけるよう、移民大臣に決定権を持たせることを含めたシステムの変更を計画しています。この変更内容について、各方面でニュースが発信され、徐々にその全...

今年秋発表のNOC2021で導入予定のスキルレベル分け、内部情報

こちらの記事は動画でも解説しています カナダ政府は、今年の秋に発表予定のNOC (National Occupational Classification) 2021年バージョンに、「TEERシステム」と呼ばれる新しいシステムを導入する計画があることを、かねてより発表していました。この新システム導入に伴うNOCの見直しによって、従来のスキルレベルによるカテゴリーが変更となるため、エクスプレスエントリー登録資格の対象となる職種にも影響があるものと注目されていました。関連ニュース:<予告>2...

カナダ移民局、通常の審査期間への短縮は年末までに

こちらの記事は動画でも解説しています 先日カナダ議会において、カナダ市民権と移民に関する常任委員会(the Canadian Parliament’s Standing Committee on Citizenship and Immigration)が開かれました。そこで主題目として取り上げられたカナダ移民局(IRCC)が抱える210万件ものバックログ(未処理申請案件)と、審査期間短縮についての質問に対し、ショーン・フレイザー移民大臣がどのように返答したかについてご紹介します。 ...