Staff Blogスタッフブログ

ブルームバーグ(Bloomberg)でカナダのスタートアップビザプログラムを紹介

経済・金融情報の配信、通信、放送事業で知られるブルームバーグ(Bloomberg)が、 カナダの移民局がこの4月にスタートした、新起業家向け移民プログラム「スタートアップビザ」に注目しています。 Bloombergによると、アメリカのスキルドワーカー向け就労ビザであるH-1Bビザプログラムは、 海外頭脳の引き寄せに企業の存亡がかかっているアメリカのハイテク企業にしてみれば、 まったくその機能を果たしておらず、そんなアメリカ移民局のペーパーワークを いらいらしながら待ちぼうけているハイテク技術...

高卒の私がグローバル?何も無いと嘆き続けた高卒な私がカナダの永住権を申請するまでのお話

さて、今日は弊社ビザコンサルティングサービスを利用し、現在永住権申請中の方にインタビューを行って参りましたので、ご紹介させて頂きます! この方は日本で学歴に対してコンプレックスのあった人で、今回インタビュアーを勤めさせて頂いた私自身も高卒という課程を経て、現在カナダへ移民した一人として非常に共感出来る物がありました。 特殊なスキルや類まれな経験を得ている人で無ければカナダの永住権を得られない、なんてそんなことは無く。いつ本気になって考えるかが大事なんだと思わせてくれる記事ですので、是非ご覧...

人気のスーパービザ、月1000件超のペースで、開始以来すでに20000件発給済み

両親・祖父母のためのスーパービザの発給数が、2011年12月のプログラム導入以来、20000件を超えた、との発表が移民局からありました。 月1000件を超えるペースでビザが発給されるなか、いまやカナダ移民システムの中で最も需要の多い・人気のプログラムとなっており、約85%の申請書類が許可されている、とのことです。 このスーパービザ制度は、両親・祖父母が、カナダにビジターとして最高10年まで滞在することを可能とする制度で、1回の申請で2年間カナダに滞在することが可能となるビジタービザが発給されま...

家族の証明

カナダ移民局では、永住権、ビザ、市民権の申請に家族を含める場合、家族だという証明にDNA鑑定を義務付けることを検討しています。まずは試験的に、5月17日からインドでの申請にDNA鑑定を導入しました。 永住権審査や一部のビザ申請に義務付けられている健康診断は、移民局指定のクリニックで受診しなければなりませんが、このDNA鑑定も同じ移民局指定クリニックで受けます。 今までもすでに、家族関係が疑わしいケースでは、個別に移民局からDNA鑑定のリクエストをしているそうです。日本国籍の方は「戸籍」とい...

6/10はTax Freedom Day

6月10日は「Tax Freedom Day in Canada」だったとニュースで言っていました。「Taxなしで買い物ができる日なの?」と思いよくよく聞いてみたところ、そうではありませんでした。 2013年1月1日から今日までが、平均的カナダ人(永住者も)が2013年分の税金(国税・州税・市税)の支払い相当分働いたことになり、明日から12月31日までが、やっと自分自身の収入のために働くことになる、ということです。意味がわかりません?わかりませんよね。 つまりもっとわかりやすく言うと... コチラのサイトから、自分のケースはどうなるのか・・・というのがチェックできますので、興味のある方は是非お試しください。

-->

就労ビザ取得が厳しくなる?

就労ビザ関連の改定のニュースです! 就労ビザの申請には、事前にLMO(Labour Market Opnion = 外国人雇用許可)の取得が必要ですが、5月に、このLMOの申請についての変更があったのをご存じですか? 主な変更点は、 ・審査期間が短いA-LMO制度が廃止となる ・給与の規定が厳しくなる ・就労ビザ申請料が高くなる(いくらになるかは未定) ・現在無料のLMO申請が有料になる(いくらになるかは未定) ・採用条件に英語・フランス語以外の言語を入れられなくなる ・外国人を多く雇用し...

バンクーバー空港が全世界で8位になりました

バンクーバー空港が、「World Best Airport」の北米1位、全世界で8位になったそうです。バンクーバーの住民として、これはうれしいニュースですね! これは旅行業界では有名なSkytrax社という航空業界関連調査会社が毎年行っている、全世界の旅行者を対象にアンケートをもとしにしたランキング。アンケートの内容は、空港へのアクセス、清潔度、座る場所の充実、待ち時間、カスタマーサービス、情報提供、トイレの充実、エンターテイメント、子供エリア、レストランや店舗の充実、インターネット設備、障...

携帯利用者に朗報!携帯電話の規定が改正になります。

みなさんは、カナダでお持ちの携帯電話の契約内容に満足ですか? CRTC (Canadian Radio-television and Telecommunications Commission)が携帯電話の規定改正をすることになり、今日、その新規定が発表されました。これによると、サービスプロバイダーとの契約期間をキャンセル料金無しで2年間で解約可能になり、携帯電話のアンロックが簡単にできるようになりました。 この2つが特に大きな改定ですが、その他、 ・エクストラデータチャージを最高$50...

コモンローパートナーのカップルの方必見です!

今日は、よくご相談をいただくコモンローパートナーのカップルの方必見のニュースのお話をしたいと思います。 BC州では、今年の3月18日から家族法が変わり、2年間以上同棲しているカップルには、結婚している配偶者と同じ権利を与える・・・つまり、別れるときにはすべての財産や借金を半々に分ける、ということになりました。 「2年というのは短いのでは?5年ぐらいが妥当だと思う」などという声もありますが、この家族法の変更はすでに決定していますので、従わなければなりません。 カップルの関係になったらどのタ...

最近の移民申請の中では特に難しかったケースが、合格になりました!

今日は、最近の移民申請の中では特に難しかったケースが、合格になったお話をご紹介したいと思います。 この申請者の方は、もともとはご自身で移民申請をして却下になり、「却 下になってしまったけれどどうしたら良いでしょう?」というご相談にいらっしゃいました。却下の理由は、申請条件を満たしていない部分があったのに知らず に申請してしまったという理由でした。さらにそれだけではなく、そのご相談の際に、1年近くもの間不法就労をしていたことが判明しました。就労ビザが切れ る前に移民申請をしていれば、そのまま働...