Visa Newsカナダ最新ビザニュース

COVID-19 ニュース:国境再開


こちらのニュースは動画でも解説しています

カナダ移民局ニュース

2021年7月19日発表
カナダ政府は国境再開のニュースを正式に発表しました。カナダ居住者の多大なる協力によりコロナワクチン接種率が計画通りに上昇し、その結果、国境を再開できるようになりました。

ワクチン接種完了者へのカナダ国境再開

2021年9月7日から、すべてのワクチン接種完了者は、カナダに入国できるようになります。

その最初のステップとして、アメリカとの国境を8月9日から再開します。これにより、国境でのオペレーションを確立させ、9月7日に備えようという狙いです。カナダに入国できるようになるのは、アメリカ在住のアメリカ国籍またはアメリカ永住権保持者で、かつワクチン接種完了者です。

続いて、ワクチン接種完了者に対する他の国との国境を9月7日より再開します。
  

ワクチン接種完了者とは
「接種完了者」とみなしてもらう為には、渡航者はカナダ政府が承認している新型コロナワクチンの接種を、必要回数全て完了している必要があり、また最後の接種は少なくともカナダ渡航の14日前に完了している必要があります。

カナダ政府が承認している新型コロナワクチンは、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ(COVISHIELD)と、ジョンソン&ジョンソンの4種で、渡航者はどこの国でワクチンを接種してもよいとされています。ただし、ワクチン接種完了者であることを証明できる英語またはフランス語の文書、または認証翻訳を提出する必要があります。

12歳未満の子どもについて
ワクチンの接種がまだ承認されていない12歳未満の子どもは、公衆衛生対策に従っている場合であれば、カナダ入国後に検疫要件を免除され、両親と一緒に移動できます。

国境再開後も継続される水際対策

国境再開後も、これまで行ってきた水際対策の一部が継続されます。新型コロナ陰性証明は引き続き必要です。さらに、紙やデジタルコピーでの自身のワクチン接種記録を持ってるほか、COVID-19の症状が無いこと、そして、ごく一部の例外を除き、ArriveCANを通じてカナダ到着前にCOVID-19に関する情報を提供することが、引き続き義務づけられています。

ルールに則った自己隔離計画は引き続き提出する必要があります。また、接種完了者も他の渡航者と同様、保健省の全ての指示に従い、ワクチン接種済み証明書とCOVID-19テストの結果のコピーを保存し、カナダ入国後14日以内に近くに接近した人のリストを作っておく必要があります。
  

新型コロナ陰性証明について
カナダに向けて出発する飛行機の搭乗予定時刻前の72時間以内に受けた新型コロナ陰性証明を、搭乗する空港でチェックイン時に提出する

陰性証明として使えるテスト
-PCR検査(COVID-19 molecular polymerase chain reaction
-LAMP検査(Loop-mediated Isothermal Amplification)

国際空港の再開

現在国際線の乗り入れを受け入れているバンクーバー、トロント、モントリオール、カルガリーの4つの空港に加えて、8月9日から、以下の空港でも国際線の乗り入れが再開します。

  • Halifax Stanfield International Airport
  • Québec City Jean Lesage International Airport
  • Ottawa Macdonald–Cartier International Airport
  • Winnipeg James Armstrong Richardson International Airport
  • Edmonton International Airport.

政府指定ホテル滞在の廃止

8月9日12:01 A.M. EDT から、飛行機で到着するすべての旅行者の3泊の政府認可ホテル滞在要件が廃止されます。

カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加