Staff Blogスタッフブログ

外国人労働者プログラム見直し

 

ほとんどの場合、どの国でも同じことが言えると思ますが、外国人が国民よりも優先されることはないということ。
 
それはお仕事の面でも同じで、同じスキルを持っている外国人と国民が雇用の対象になっている場合、国民を差し置いて外国人が雇用されるという事は、有り得ないことなのです。
 
就労ビザ申請の際に必要になる場合があるLMO(Labour Market Opinion=外国人雇用許可)の審査でも外国人がカナダ国民や永住者の仕事を横取りしているのではないかというところを念入りに審査されるので、LMO取得は複雑で難しいと言われています。
 
先日、そんな政府の思惑を無視したこんなニュースを拝見しました。
 
それは、「BC州にある炭鉱で数百人の中国からの外国人労働者が低賃金で雇用されている。カナダ人を雇い入れるよりも15%安く雇用しており、カナダの労働市場に悪影響を及ぼしている。」というもの。
 
このような事がこれから多発しない為にも、カナダ政府は外国人労働者プログラムの見直しを行う予定のようです。
今後その見直しが行われた後は、さらにLMOの審査が厳しくなると思われます。
カナダのビザに関する無料相談はこちら