Staff Blogスタッフブログ

カナダ市民権取得詐欺、依然調査続ける

 

以前よりカナダ政府が調査を行っていた、カナダ永住権/市民権取得詐欺。
去年の暮れあたりから頻繁に、永住権/市民権取得を目的とした国際結婚詐欺などが多発しているとCICやテレビのニュースで目にするようになりました。
 
2012年9月10日のGlobal BCのニュースで、「現在カナダ政府は3,139名のカナダ市民権保持者を在留詐欺の疑いで取り調べ中、その内19名の市民権を剥奪した。また、市民権を剥奪する旨を記載した手紙を530名に送付済。」、と移民大臣のケニー氏が発表しました。
 
弁護士や移民コンサルタントなどがこの手の詐欺に関与している場合があり、調査が困難なようで、すべての取り調べが終了するまでに数年かかる見込みのようです。
カナダでスキルや学歴を伸ばし、懸命に永住権を取得しようとしている方やカナダ人の方との長期間の遠距離恋愛を実らせ一緒になっている方がいる中、不正に永住権/市民権を取得し、のうのうと生活していると思うと許せませんね。しかも、弁護士や移民コンサルタントがそれに力を貸しているというから呆れてしまいます。
時間がかかっても、今気強く成敗していただきたいものです。
 
「カナダの市民権は売りものではない! by ケニー大臣」
カナダのビザに関する無料相談はこちら