Permanent Residence永住権

BCPNP留学生カテゴリーカナダ国内で公立カレッジ・大学・大学院を卒業した方のカテゴリー

2016年1月27日に新しい制度の申請受付開始を発表しました。

特徴

  • カナダ国内で、公立のカレッジ、大学、大学院のプログラムを終了した方が対象
  • BC州政府にて、申請者および雇用主の審査が行われる
  • BC州から移民局あての推薦状(ノミネーション)を申請。BC州からノミネートされればほぼ間違いなく移民が可能

申請の条件 (以下の条件のすべてを満たしていること)

カナダ国内の学歴

  • カナダ国内の公立大学・大学院で学位を取得しているか、またはカナダ国内の
    公立カレッジで8ヶ月以上(2セメスター)のコースを履修し、ディプロマまたはサティフィケートを取得している
    ※Coop WorkやInternshipの割合がプログラムの4分の1 (1/4)以上を占めているプログラムは対象外
  • 学校の教職員からリファレンスをもらっている
  • 学位、ディプロマ、またはサティフィケートを取得した日から2年以内の申請である

カナダ国内の雇用先

  • 本社の所在地および経営の実態がBC州にある会社である
  • 会社設立から1年以上が経過している
  • 少なくとも5名のフルタイム従業員を雇っている
  • 経営状態が安定しており、雇用・衛生管理・安全性・法律規則などにおき良好である
  • 雇用主は移民申請者に、フルタイムパーマネントのポジションをオファーし、移民後の就労を保証する
  • オファーする職種は、スキルドワーカーの職種であるか、または将来的にスキルドワーカーに昇進できる職種である
    (※スキルドワーカー職種でない場合、エクスプレスエントリーストリームでの申請はできない)
  • その職種のBC州平均賃金またはそれ以上の賃金のオファーである
  • 申請者が有効な就労ビザを持ちそのビザの申請の際にカナダ人向けの採用活動をしている、または、PNP申請前に2週間以上にわたり規定のカナダ人向けの採用活動をしていること

その他

  • 該当のカレッジ・大学・大学院を卒業すると、1~3年のオープン就労ビザ(Post Graduate Work Permit)を取得できるので、申請中はそのビザで就労しながら審査を待つことができる
  • 申請中にオープン就労ビザ(Post Graduate Work Permit)の期限がきても、BC州からノミネートされていれば就労ビザの延長申請が可能
カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加