Permanent Residence永住権

エクスプレスエントリーについて

2015年1月1日より、Express Entry Systemという新しい採用モデルが導入されました。
このシステムは、今までは移民局が申請書の受け取り順に審査を開始していた受け身的な申請処理方法を、カナダで成功するスキルを持つ人の審査を優先して進める、という方針に変えるためのものです。

 

Express Entryの対象カテゴリーは、

  • フェデラルスキルドワーカー(FSW)
  • フェデラルスキルドトレードプログラム(FSTP)
  • カナディアンエクスペリエンスクラス (CEC)
  • 一部の州のノミネーションプログラム(PNP)

となり、上記カテゴリーの申請に必須の第一ステップとなります。

 

Express Entry Systemが導入後は、申請者は最初に、オンラインで自分のスキルやその他の経歴などをレジスターします。
レジスターした 人の中から移民局が優先順位を付け、順位の高い人から、移民局からITA(Invitation to Apply)という「永住権の申請をして良いですよ」というレターが届きます。このITAが無いと永住権申請はできません

 

ITAが来たあとの永住権申請は、すべてオンライン申請になります。

 

Express Entry

Step1

FSW、FSTP、CEC、(または一部PNP)のいずれかでの申請希望者は、まずシステムに自分のプロフィールをレジスターします。プロフィールには

  • スキル
  • 職歴
  • 語学力
  • 学歴
  • カナダでの雇用先の有無

が含まれます。

 

※「カナダで雇用先が有る」と申告するには、スキルドワーカー職種での「LMIA、またはPNPCertificate」が必要です。

※「LMIA、またはPNPCertificate」が無い場合は、Job Bankにレジスターをし、雇用先を探す必要があります。


Step2

システムにレジスター後は、定期的に、「ドローイング」と呼ばれる選考が行われ、移民局のランキングシステムで優先順位が高いと判断されたレジスター者から順に、ITAが発給 になります。

ランキングシステムは1200点満点です。
ITAが発給になったら、その後60日以内に永住権申請書類を提出しなければなりません。
60日以上経ってしまった場合は、システムへのプロフィールのレジスターからやり直さなければなりません。


注意:Express Entry Systemへのレジスターは、ITAの発給を確約するものではありません。
レジスターしてから12か月経過すると、プロフィールは自動的に消されてしまいます。

カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加