Othersその他のビザ

カナダ市民権(国籍)

市民権について

過去5年間のうち1,095日以上をカナダに滞在しているカナダ永住権保持者(Permanent Resident)は、カナダの市民権(国籍)を申請することができます。カナダ市民権(国籍)保持者はカナダのパスポートを取得でき、選挙権が持て、かつ、国家公務員への就職が可能となります。しかし、日本は二重国籍を認めていない為、日本国籍を同時に持つことはできません。

申請条件

  • 年齢制限なし。※保護者が代理人となることで、未成年でも単独で市民権の申請ができます。
  • カナダ永住権(Permanent Resident)保持者
  • 過去5年間のうち1,095日以上をカナダに滞在している方
    ※カナダ永住権保持者になる前の短期滞在者としての期間は1日=0.5日の計算で、申請前5年のうち3年の新居住ルールにおいて、365日まで合算できる。(各1年間につき、約121日間)
  • 過去5年間のうち3年間、インカムタックスリターンを申告している
  • 初級レベルの英語またはフランス語が理解でき、話すことができる方(18~54歳対象)
  • カナダの歴史、地理、政府の知識を持っている方(18~54歳対象)
  • カナダ人として果たす権利や責任などの知識がある方(18~54歳対象)

申請の流れ

Step1

移民局のウェブサイトから必要な申請書をダウンロード、申請料の支払い

 

<申請書以外に必要な提出書類>

1. 言語レベル証明書類 (言語レベル証明書類として認定されているものは以下です。)

  • 移民局公認の英語・フランス語のテストスコア(IELTSなど)
  • 英語・フランス語いずれかを使う学校(高校または高校以上)の卒業証明書
  • カナダ政府が運営する言語トレーニングプログラムを修了したという証明書

※いずれかの言語レベルの証明書が提出されなかった場合、申請書は返却されます。

2. 有効なパスポートやトラベルドキュメントのコピー, PRカードのコピー

3. 学校の記録コピー

4. 12ヶ月以内に規定サイズで撮影した写真2枚


Step2

Case Processing Centreへ申請

書類チェックに合格した方には、移民局から試験日の連絡が来ます。


Step3

ローカルの移民局オフィスでの面接、市民権試験

試験に合格した方には、移民局から市民権(国籍)取得セレモニーの通知が来ます。


Step4

市民権の取得


カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加