Interview永住権取得者インタビュー

ワーキングホリデービザが切れるギリギリから永住権申請をされたN.T様

canada

移民カテゴリー BC-PNP ELSS
お名前 N.T様
永住権申請から取得までの期間 約19ヶ月
職種 Bakery Laborer
申請者のコメント 移民をしようと思って、最初に受けた無料カウンセリングでは、担当してくださったカウンセラーさんが全て私の話を丁寧に聞いてくださり、不安な気持ちを和らげ、自信を持って私に必要なことを提案してくださりました。
その後、有料のコンサルティングで、移民コンサルタントさんに直接ご相談し、私にも何か可能性があるということを知り、心配性な自分には、これだけ経験や知識が豊富で一つひとつ丁寧に仕事してくださる方達ならお任せできると思いお代理申請をお願いしました。結果、お任せして良かったと思ってます。

1

永住権申請に至るまでの動機や簡単な経緯と、弊社を知っていただいたきっかけを教えて下さい。

はじめの1年目は英語学校へ通い、2年目は働くというプランで何となくカナダを選び、やって来ました。
思っていた以上にバンクーバーの過ごしやすい夏や身近に自然が多いことなどが気に入り、気づけばもう少しここにいたいと思い始め自分なりに調べてたのですが道が見つからず、ビザの有効期限が近づくにつれ焦っていました。残り3ヶ月でビザが切れるという頃、友人の紹介で、ある人が私みたいな外国人にカナダでビザがもらえるようにお手伝いをしていると聞き、その人に会うべくそのオフィスに行きました。

そこでBCPNPというものを知ることになるのですが、その申請に当たり、言われた通り自分で書類を集めようとするのです、があまりにも時間がかかり、また話をしてくださった人とのやり取りにも時間がかかり、あっという間に貴重な1ヶ月がなくなってしまい、内心どうにかこの人が助けてくれるのではないかと甘く思ってた自分を後悔し、またそれに落ち込んでいる暇もない時、わらをもすがる思いで、以前友人たちが話していたビザJPカナダさんに相談してみようと思ったのがきっかけでした。
2

永住を目指す過程で一番ご苦労された点は?

何より待っている時間が長いことです。移民の審査期間も長く、途中PNPの合格レターが就労ビザ申請期限のギリギリに届くなど途中不安な日々が続きました。

また、その間4ヶ月ほど働けない期間もあり、本当に落ち込む日々でしたが、今考えると人生なるようになるし、そこまで考え込まずにそのロングバケーションをもっと楽しめば良かったかなとも思います。収入がなかったため、旅行にいったり友達と会ったりする余裕がなかったのは大きいですが、普段忙しくて出来ないこととか、英語の単語覚えるとかもっと時間を有効に出来たはずだと思います。

 

代理申請をご利用されて良かったと思われる点や、依頼して良かったと思うできごとなど

丁寧かつ迅速に仕事をしてくださり信頼してお頼みできることが本当に大きかったと思います。ビザJPカナダさんには、全くの問題はなく、つねに相手からの返事を待っているという状況だったので、これが最善の最短の道だったと自信を持って言えます。

また、自分自身の性格の面で、とにかく不安症なのでプロの方に頼んだ方が精神面的にも気が軽かったです。申請後からPRがとれるまでにも、本当にすぐ移民法が変ったり、急に状況が変わったするのを目の当たりにしましたが、それをしっかり把握されているお姿をFacebookなどで見ると、個人での申請は、無理だなとつくづく思っていました。

 

今後の目標や今後カナダへ永住を目指す方に向けてのメッセージなどをお願いします。

あきらめない限り道はあると思います。ただ、それには最新の情報と経験や知識のある方にお頼みすることで可能性はさらに広がると思います。PRをとることが当面の目標でしたが今はようやくスタート地点に立てた気がします。自分の可能性も信じて高い壁にも挑戦して行きたいと思います。そこの情熱がある限り道は開いていると思います。

CEC申請直前に突然の移民ルールの改定があり、申請が出来なくなってしまった状況を乗り越え、無事にPNPで永住権取得!

永住者成功インタビューアイキャッチ画像

移民カテゴリー BC-PNP Skilled
お名前 T様
永住権申請から取得までの期間 約1年6ヶ月
職種 Food Service Supervisor
申請者のコメント ビザJPカナダの代理申請サービスは、申請書類の代行作成はもちろん、追加書類を要求された時には素早く対応して下さったり、度々疑問に思うビザや永住権に関する質問に答えて下さったり、申請に必要な書類の詳細説明やその他のケアを英語と日本語の両方でして下さったので、私もイタリア人の彼も本当に助かりました。

2

コモンローパートナーの彼と一緒になぜカナダの永住権取得を目指したのですか?

私達はアメリカで出会って、当時フロリダで働いていたのですが将来を考えた時にアメリカよりもカナダの方が医療保険やリタイア後の手当などがしっかりしており、将来もし子供を授かった際にも治安や教育の環境が良いという理由で選びました。あと実際にバンクーバーに来て、人や街を見て二人とも「ここだ!」と直感的に思ったのも大きいです。同じカナダでも他の都市ではなく、バンクーバーに移住したいという気持ちが大きかったです。

 

永住権取得までの過程で一番ご苦労された点、または一番印象に残っている点は?

苦労は特にありませんでしたが、強いて言うなら待つのが苦手なので結果が出るまでひたすら待つしかなかったのが辛かったです(笑)

彼は、イタリアのワーキングホリデービザは6か月なので、そのあと学生ビザに切り替えようとしましたが却下になってしまいました。とても困ってしまい、わたしの就労ビザ申請を担当してくれたビザJPカナダの移民コンサルタントに、彼のことも相談しました。その結果、彼も配偶者用の就労ビザを取ることができました!

他に印象に残っているのは、最初はカナディアンエクスペアリンスクラスで永住権申請をしようと考えていましたが、申請する直前に私の職種が該当職種から外れてしまい、申請が出来なくなってしまった事は、とてもショックでした…でも、就労ビザをサポートしてくれた雇用先に移民の相談したら、永住権申請もサポートをしてることになり、本当に感謝しています。
 

弊社を知っていただいた、またはご依頼を決めて頂いた経緯を教えてください。

フロリダでの日本人の同僚が以前バンクーバーで留学しており、彼女に「JPカナダ」と「人材カナダ」のWebサイトを教えてもらいました。

依頼を決めたのは、無料カウンセリングやセミナーに参加した際に「経験がある大手の会社」という印象を受けたからです。悪質な詐欺やぼったくりの業者に気を付ける様周りから言われていたのですが、JPカナダさん経由で留学している友人がたくさん居たので、そのグループ会社であるビザJPカナダ(当時は人材カナダという社名でした)だと安心だと思いました。
 

今後の永住者としてのカナダでの目標を教えてください。

今後の目標はカナダの学校で勉強してキャリアアップを目指す予定です。WEBデザインやグラフィックデザインに興味があるのでその分野を勉強したいと思っています。永住権を持っていると、留学生の授業料の半額かそれ以下になるので、学校に行くのは永住権を取ってからと思っていました。学校へ行くのが今からとても楽しみです。
 
3

永住権取得を目指している方へのメッセージをお願いします。

ビザに関するカウンセリングやビザセミナーなどで積極的に情報を集めて、早めに移民コンサルタントに相談をして計画するのが近道だと思います。申請カテゴリーが突然変更されて予定を変えざるを得ない事があるので…!コツコツ前向きにやれば、必ず大丈夫なので頑張って下さい(^^)
 

永住権失効からファミリークラスで永住権を再取得!

mainimage_S.S

移民カテゴリー Family Class
お名前 S.S様
永住権申請から取得までの期間 約7ヶ月
職種 結婚
申請者のコメント 私達は二度目の永住権取得ということで、手続きが難しいと思われたため、カナダにいる妻がたくさんのコンサルタントの方に相談していました。その中で、一番誠実で的確な対応をして頂き、情報を豊富に持っておられるビザJPカナダに依頼することに決めました。通常の永住権取得申請でも自力では難しいのに、私達のケースは、プロフェッショナルな方に対応して頂かないととても無理だと思います。その結果、予想以上にスムーズに永住権が取得できたので、本当に良かったと感謝の気持ちでいっぱいです。

3

なぜカナダの永住権取得を目指したのですか?

私達家族(私、妻、娘2人)は2003年に一度カナダの永住権を取得して、バンクーバー近郊に住んでいました。当時は日本円建てで収入を得ていましたが、日本円が異常に安くなり、生活が難しくなったため、3年後に私だけ日本に帰国して仕事をしていました。その1年後には次女が帰国し、妻と長女がカナダに残るという生活を強いられました。その後予想以上に長く日本に住んでしまったため、カナダの永住権が失効してしまいました。しかし、カナダの住環境の素晴らしさが忘れられず、また、次女に将来の道として、日本でもカナダでも選べることのできる選択肢を与えてあげようと思い、もう一度永住権を取得したいと思うようになりました。

 

永住権取得へ向けて、どのような道のりがありましたか?

まず、以前に取得した永住権が失効していることを公に証明してもらわなければなりませんでした。そのため、5年間のうち2年間カナダに住まなければならないという必要居住期間を満たしていないことを証明するために、移民局にトラベルドキュメントを申請し、永住権の失効を公的に認めてもらいました。その後、妻が永住権を保持していたので、妻にスポンサーになってもらって、ファミリークラスのカテゴリーで私と次女の申請をすることにしました。申請してからは7か月半という、予想よりもかなり早い期間で取得することができました。

永住を目指す過程で一番ご苦労された点や印象に残っている点は?

今回はファミリークラスの申請ということで、結婚している事実を認めてもらうために、妻と知り合ってから結婚に至るまでの経緯を細かく記載しなければならなかったり、写真を経時的に揃えなければならず、結婚して20年が経過している私達にとっては忘れていることも多く、記憶を辿ることが一番苦労した点です(笑)また、次女が18歳になっており、移民局の法改正でスポンサーの子供の年齢を翌年から22歳から19歳又は18歳未満に引き下げるという情報があったため、年内に書類を全て揃えて申請しなければ間に合わず、時間との戦いで書類を揃えました。また、ランディング時に4~6週間で届くと言われていたPRカードがなかなか届かず、写真の撮り直しなどを指示され、結局PRカードが手元に届くまで5カ月間もかかりました。改めて最後まで気が抜けないと思わされました。
2

今後の目標や、今後カナダへ永住を目指す方に向けての メッセージなどをお願いします。

私は日本での仕事をリタイアしてカナダに来ましたので、基本的にはカナダの生活を楽しみたいと思っていますが、まだ元気で働けそうなので、何か自分にできる仕事があれば新しい世界に挑戦してみたいという気持ちもあります。あとは、カナダでのゴルフ三昧も夢ですね(笑)スコアが良くなれば言うことなしですが、カナダの大自然の中で思いっきりプレイできるだけでも幸せです。これから永住権を目指す皆様、永住権の取得は今後どんどん難しくなると聞いていますし、移民局は日々法改正をするため、法律に関する情報を熟知している白石様のような方に相談されるのが良いと思います。良いコンサルタントに恵まれて、自分自身も最後まで諦めない気持ちがあれば、必ず道は開かれると思います。
4

夢に向かて大きく前進!驚きの4ヶ月で永住権取得!

mainimage

移民カテゴリー Federal Skilled Workers
お名前 Sumino様
永住権申請から取得までの期間 約4ヶ月
職種 Cook
申請者のコメント ビザJPカナダに決めたのは、バンクーバー内の移民コンサルティング会社を廻って、お話しを聞かせていただいた後に、セミナーに参加して、そこで一番経験があるのではと実感したからです。やはり、質問の返し方や、応対の仕方で色々とわかってくるものだと思います。特に私の場合は日系ではなく、カナダ人経営の会社ですので、雇用主が色々と手慣れていない部分もありましたが、そこはコンサルタントさんから、詳しい打ち合わせがあったので、雇用主にかかる負担がより小さいまま永住権のお話しを進める事ができ、永住権申請から、奇跡的な4ヶ月という速さで永住権が取得できた事も大変よかったと思います。

 

なぜカナダの永住権取得を目指したのですか?

正直、私はカナダのバンクーバーには日帰りでしか来た事がありませんでした(笑)カナダに移り住む前には、アメリカのシアトルで暮らしていました。その中で、素晴らしい人やアメリカの教育システムや社会システムで挑戦してみたいと思うようになり、シアトルに住むアメリカの友人と起業する準備をし始めました。
しかしビザの関係上、アメリカにいる事が困難になり、シアトルに一番近いバンクーバーに移り住み、カナダで仕事をしながら、休日はシアトルに赴き、友人と起業準備を進めようと思った事が動機の一つです。その為にカナダに永住しなければいけないという事が前提でしたので、自分の夢を貫く為に、永住権取得は最初から考えていました。むしろ、それしか最初は考えていませんでした(笑)他にカナダに選んだ理由は、アメリカに在住する友人に何人かカナダから移民して来たという人がおり、その方達にお話しを伺い、アメリカと比べて、移民が比較的にしやすく、安全で色々な制度が整っている事で最終的には決めました。

 

永住権取得へ向けて、どのような道のりがありましたか?

まずは2011年にワーキングホリデーの取得でした。その後、アメリカからカナダに入国してカナダ生活を始めました。
ワーキングホリデービザは基本的に1年しか効力がないので、その1年間に勝負をかけ、就労ビザスポンサーをしていただける雇用主さんを探していました。日系のレストランで数ヶ月間就労していましたが、諸事情により勤務先を変える事になり、また一からやり直す事になりました。しかし、就労先変更後も、そのレストランで出会った仲間達とのつながりは今でも大切にさせていただいております。ありがたい限りです。その後、カナダ人系列の飲食業で働かせていただける機会をいただき、そこで一生懸命に仕事をして、半年以内に就労ビザを申請していただきました。その後、1年ほど働いた後に、スキルドワーカーとして永住権申請いたしました。その結果、驚くような速さで永住権申請から取得までを達成する事ができました。

 

永住を目指す過程で一番ご苦労された点は?

数えきれないくらいあります(笑)永住権申請についてお話しすると、当初はCECで申請準備をしていたのですが、申請半ばにて、移民局がルールを突如変更した為、私のOccupationではCECからの永住権申請ができなくなってしまいました。これにはなんじゃこれ~!と思いましたね。しかし、すぐにコンサルタントさんと相談して、私は幸いにもスキルワーカーの職種で就労していましたので、スキルドワーカーで申請する事が可能であると助言され、無事に永住権申請をしたのですが、こういったルールの変更では大きな戦略転換を求められましたね。私生活ではどんなしっかりとしたサポートがあろうとも、将来の事が100%はわからないという事と、その永住権申請までの過程の長さに心身ともに辛かったのは事実です。日本人はあまり、移民やそういったお話しを日本で耳にする事も体験する事も少ないと思いますが、やはり、自分の住んでいるOccupationが立場上一時的な形で、認識されている為に、自分自身が大きな情熱、そして自分は海外に移住するんだという決心する必要があると思います。そして、それに向かってひたすら突き進み、状況により方向転換しなければいけないとい事を学んだ点が印象深く残っています。
coffee

弊社へご依頼を決めて頂いたポイントや、代理申請を依頼をしてよかったと思う点など

ともかく1年、または半年いう短い間で雇用主さんから信頼され、頼られる人材にならなければいけないと思い、全ての力を仕事と自分が行っているシアトルでのプロジェクトに集中しなければならないと考えていました。そのため、費用はかかっても、ちゃんとしたコンサルティングの方に永住権を任せられるのはメンタル的に非常に多きなポイントでした。ビザJPカナダさんにお願いしたのは、色々と自分で、バンクーバー内の移民コンサルティングを廻って、お話しを聞かせていただいた後に、セミナーに参加して、そこで一番経験があるのではと実感したからです。やはり、質問の返し方や、応対の仕方で色々とわかってくるものだと思います。特に私の場合は日系ではなく、カナダ人経営の会社ですので、雇用主が色々と手慣れていない部分もありましたが、そこはコンサルタントさんから、詳しい打ち合わせがあったので、雇用主にかかる負担がより小さいまま永住権のお話しを進める事ができ、永住権申請から、奇跡的な4ヶ月という速さで永住権が取得できた事も大変よかったと思います。

 

今後の目標や今後カナダへ永住を目指す方に向けてのメッセージなどをお願いします。

まずは今現在の店舗で担当している、手作りうどんに力をいれて、お世話になった方々に感謝を表したいですね。そして、うどんだけではなく、お寿司、ラーメン、コーヒーなど色々な事を学び続け、最強になりたいです(笑)。今、現在は将来のプロジェクトの為にも、毎日色々な事を学びながら、専門的な知識をつける為に、日本やアメリカ、そしてカナダで奮闘しています。そして仕事と同時進行でシアトルでの
アメリカ人との起業準備と飲食業でも新しいビジネスをカナダとアメリカで立ち上げる為の準備をしています。そして、2年半のカナダ生活で、人生のパートナーと出会う事ができ、カナダ人と婚約いたしましたので、日本とカナダの架け橋になれるような事を一緒にしていけたらなと思っています。その後は、家族と両親の永住権も申請してあげたいと思っています。いつも海外にいる私を遠くから、見守ってくれた大事な存在ですし、いつも困った時には、優しくサポートしてくれてますからね。なにか恩返しがしたいと思っています。もともと、両親は海外にも住みたいと言っていたので、それを実現してあげられたら、私としては最高に幸せです。どんな理由があるにしろ、他の国に永住するという事は簡単な事ではありません。残念ながら、永住権を申請する事を点として考え、その点だけ見てみると、簡単な永住権取得というのは残念ながらないと思います。しかし、視点を変えてみて、自分の人生全体を点で見てみると、それ以上に永住権に挑戦するという事は、人生を最高にユニークする手段でもあり、普段の10倍以上に学べる事がたくさんあり、楽しむ事ができる自分旅の出発点だと私は思います。だから、皆さんもまずは自分で色々と見て、聞いて、自分の心の声に耳を傾けてみてはどうでしょう?
pic2

 

日本食レストランでのワーホリ就労から永住権獲得!

mainimage

移民カテゴリー BC-PNP Skilled
職種 Food and Beverage Server
永住権申請から取得までの期間 約11ヶ月
申請者のコメント 学生だった頃には就学許可証の更新は全て自分で行っていたので、移民申請も自分でできるものかと漠然と考えていましたが、就学許可証と移民申請では理解すべきことや用意するべきものの量ががあまりにも違いました。結果的に専門家にお任せして良かったと思っています。

pic2

なぜカナダの永住権取得を目指したのですか?

実は、ここバンクーバーに住むのは二度目です。日本の高校を卒業した後、バンクーバーで英語学校と短大を卒業し帰国しました。名古屋の大学に編入学し、三年生と四年生の二年間を過ごし、その後も名古屋で働いていたのですが、退職して再びバンクーバーへ戻ってきました。日本にもカナダにも、それぞれ良いところと悪いところはありますが、総合的に見てカナダでの暮らしは私に合っているようですし、異国で自分の力を試してみたいこともあり、もう一度カナダに戻りたいという思いが強くなりました。

ワーキングホリデーで一年間は住むことができますが、長期的に住むとなると永住権を取得するべきだと考えました。

 

永住権取得へ向けて、どのような道のりがありましたか?

カナダに来る前から、BCPNPのカテゴリーで移民申請しようと考えていました。日本出発前からカバーレターやレジュメの準備をして、バンクーバーに到着した後はすぐに仕事探しを始めました。直接店にレジュメを持って行ったり、インターネットの求人を調べたりするうちに、ひと月少々で仕事が決まりました。

いざ本格的に移民申請となった段階で、必要な書類、申請にかかる費用の支払い等、様々な準備が必要でした。やるべき事がたくさんありましたが、準備すべき時期と手順を的確に教えて頂きましたので、物事が早く進みました。

しかし、英語の成績の準備はもっと早く準備しておけば良かったと反省しています。IELTSで4.0以上の成績が必要だったのですが、時期が迫っていたことと、絶対に失敗できないことから、一度目の試験の成績が出ないうちに次の試験の申し込みをしました。結果的には一度目の試験で必要以上の点数を取得したので問題はありませんでしたが、二度目の試験料は無駄になってしまいました。

 

弊社へご依頼を決めて頂いたポイントや、依頼をしてよかったと思う点などをお聞かせください。

実は、担当して頂いた白石様には、カナダへ発つ前から連絡を頂いていました。一度お話を伺う約束をしていましたので、その後、そのまま代理申請をお願いすることとなりました。

学生だった頃には就学許可証の更新は全て自分で行っていたので、移民申請も自分でできるものかと漠然と考えていましたが、修学許可証と移民申請では理解すべきことや用意するべきものの量ががあまりにも違いました。

やはり、餅は餅屋と言いますか、どのタイミングで何を行うべきか適切に教えて頂きましたので、私の負担も減り、日々の仕事に集中することができました。

また、雇用主にもあまり負担をかけることなく物事が進みました。結果的に専門家にお任せして良かったと思っています。
senna_pic2

永住を目指す過程で一番ご苦労された点は?

一生で一度しか使えないワーキングホリデー制度、そして、BC PNPの区分で永住権を申請するために、その一年のビザの中で九ヶ月働かないといけないという心理的な圧迫感がありました。そして、働いたとしても、雇用主から移民申請への理解が頂けるかどうか。幸いにも雇用主が協力的な方だったおかげで、移民申請へと進むことができました。

しかし、移民申請も滞り無く進んでいるかと思われたある日、ワーキングホリデーと永住権の間をつなぐための就労許可証の発給が拒否されてしまいました。BC州の推薦が出るよりも前に、予想外に早く就労許可証の審査がされてしまったことが原因でした。しかも、何とも不運なことに、就労許可証の発給拒否とBC州の推薦が出たのは同じ日だったのです。結果的にこちらも、滞在資格の復元手続きをすることができたので、程なくして就労許可証は発行されました。

 

今後の目標や今後カナダへ永住を目指す方に向けてのメッセージなどをお願いします。

まずは、現在働いている店により貢献して、恩返しをしたいです。私のカナダ移住に力添えを頂き、私の人生を大きく変えてくれた場所ですから。

将来的には仕事でステップアップして行き、自分でビジネスを持ちたいとも考えています。

また、私の父はかつてカナダの永住権を取得したのですが、結局はカナダに渡って来ることは無かったそうです。しかし、今になってもう一度カナダで暮らしたいという思いが強くなったとのこと。いつかは私がスポンサーとなって父をカナダに呼び寄せ、父が三十年前に為し得なかった夢を叶えてあげる事も、私の目標です。

これからカナダに永住を目指す皆様、様々な苦労があると思いますし、しょっちゅう変わる政府の方針に悩まされるかもしれません。

しかし、熱意と目標をしっかりと持って道を進んでください。早く行動すれば、それだけ道も開けると思います。まずは相談することから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

お店情報

1017527_299942553502721_5581421923989884128_n

  • 自然や/Shizen Ya

  • Hornby店
    985 Hornby St, Vancouver, BC V6Z 1V3
    604-568-0013

  • Broadway店
    1102 W Broadway, Vancouver, BC V6H 1G5
    604-569-3721
  • 両店舗とも11:30から22:00まで営業
    http://www.shizenya.ca/
  • 玄米を使った寿司、ヘルシーな食事にこだわった、美味しくて健康になれるお店です。

夫婦でワーホリから永住権取得!

mainimage.jpg

移民カテゴリー 永住権申請:BCPNP ELSS
職種 Kitchen Helper
永住権申請から取得までの期間 約1年7ヶ月

pic2.jpg

ご夫婦でカナダの永住権を取得しよう!とお考えになった動機や経緯を教えて頂けますか?

以前より夫婦共に日本という国だけに縛られることなく、自由に世界を見ることができる生き方に憧れを抱いており、イギリス連邦であるカナダで永住権を取得すれば、英語も身につき、永住権取得後も人生の選択肢が増えると思い永住権の取得を考えました。数年前夫婦共にロンドンへの留学経験があり、海外での生活についてはだいたい予測がついていましたが、カナダに住むのは今回が初めてでしたので、正直バンクーバーに到着した数ヶ月は友人もおらず、私たちはすぐ就活、仕事を開始したのもあり、街中でなかなか東京のようなエンターテイメントを見つけることができず、少し退屈に感じた時期もありました。徐々に交友関係も広がり、情報を得ることが出来るようになってからより生活を楽しめるようになり、また、バンクーバー独特のリラックスした空気がどんどん好きになり、長く暮らしていくには最適な所だな、と確信しました。

永住権取得までの過程でご苦労された点はどんな点ですか?

共に30歳後半にワーホリ申請といういわゆる「ギリホリ」だったため、永住権を取得するには、到着してから「すぐに」仕事をみつけなければいけないというプレッシャーがありました。ビザの残り期限が少なくなるほど、雇ってもらえる機会も減ると聞いていましたし、すぐに良い職場に出会える保証もないからです。ワーホリビザの1年という期限がとても短く感じました。もし、私達にもっと時間があれば、語学学校に通ったり、ボランティアをしたりカフェで働いてみたり、バンクーバーを楽しむための小旅行に行ったりするなど、英語環境に馴染む時間を持つことが出来たかもしれなかったのですが…。でも私たち夫婦は、永住権申請を目指してまずは職を得る!と決めていたので、その他の事は二の次にしました。幸運にも恵まれ、まずは仕事探しから始めたおかげで、働きやすい素敵な職場がみつかりました。人材カナダさんには就労を開始した直後から相談をしていたので、仕事が見つかった後の移民までの道のりはとてもスムーズで特に苦労を感じることはありませんでした。

永住権を目指すにあたり、困っていた点や弊社に依頼を決めて頂くきっかけになった点はどんな点ですか?

永住をしたいという目標はありましたが、でも実際のところは具体的にどうしたらいいのか自分達には全く分かっていませんでした。私の同僚が人材カナダを勧めてくれたので、まずは無料相談へ行き、夫婦ともに雇用が本格化してから、コンサルタントさんへの個別相談に切り替えました。そこで得た、主人の職種、職場の方が私の職より永住権申請に辿り着ける可能性が高い、というコンサルタントさんのアドバイスに従い、主人メインで永住権取得の計画を進めていくことにしました。

計画が進むことは喜ばしかったのですが、夫婦ともに、英語に馴染めていないながら申請していく状況だったため、書類や不安な事などを全て日本語で説明を聞くことができたので本当に良かったです。やはりスタッフ全員が日本人という点が安心感に繋がりました。

ワーホリへ来る~永住を目指す過程で、夫婦で考え方や意見の相違などはありましたか?

pic3.jpg

意見の相違は皆無でしたが、今でも日本を離れて家族や友人と別れるのは夫婦共に淋しさを感じています。しかし、日本では忙しくてなかなか二人の時間を作ることができずストレスを感じることもあったのですが、ここバンクーバーでは東京で味わえなかったリラックスした時間を過ごすことができ幸せです。また、日本にいる時には聞くことのなかった、カナダ人やカナダに住む方の新しく多様な考え方なども興味深く、刺激を受けています。

今後カナダ永住を目指す方に向けてのメッセージや永住権取得後の夫婦の次の目標など

「ギリホリ」で英語が苦手、しかもツテもない私たちでしたが人材カナダではあらゆる角度から永住権取得の可能性を提案してくれました。永住権取得で苦労されている方も多い中、私たちはワーホリで渡航してからたったの2年で永住権を取得できました! 早い段階から人材カナダに相談を始めて様々なアドバイスやサポートをして頂いたおかげだと思います。これから永住権を目指される方には、出来るだけ早く相談を始める事をお勧めしたいと思います。

ベーカリーショップでの就労から永住権取得!

mainimage.jpg

移民カテゴリー BC-PNP Skilled
職種 Baker
永住権申請から取得までの期間 約23ヶ月

pic2.jpg

なぜカナダの永住権取得を目指したのですか?

カナダで生活していきたいと思ったからです。今の生活を続けて行きたいと思ったし、

日本に帰ってからの生活を具体的に考えられなかったからです。

 

今の生活を続けていきたいということは、今の生活が充実されていらっしゃるのですね。具体的に、今の生活のどんなところが気に入っているから住み続けたいですか?

今の職場だけなのかもしれませんが、自分の個性を発揮できるんです。

したい事を提案すると、試させてくれる。褒められることが多いですね。

こんなに自由でいいのかな?と疑問に思う事もありますが、日本での今までの経験とすごく違って、もっと先に行く自分を見てみたいと思ったからです。

 

 

永住権取得へ向けて、具体的にはどのような過程がありましたか?

ワーキングホリデーで最初は来たのですが、その後ワークパーミットを人材カナダさんで申請サポートをお願いし、Bakerの職種で2年間のビザがとれました。就労ビザで働いて1年後にはすぐ永住権申請をしました。

 

ワーキングホリデーから就労ビザを取る際、そして、就労ビザから永住権を取る際、それぞれの段階で、印象に残っていることなどがあれば教えてください。

ワーホリ半年めで本当にここに残りたいと思いました。このまま日本には帰りたくない、と。

人材カナダさんに話を聞きに行って、申請するにあたって色んな条件があると言われました。

その中のひとつにフルタイムでの勤務があったんです。その当時週4日で働いていたんですけど、翌日に雇用主からフルタイムで働かないか?とオファーがあって、これは運命だと思いました(笑) 

親は好きにさせてくれたので移民までの道に迷いはなかったですが、日本は常に恋しいですね。

この道が本当に正しかったのかなーとか、考える時はあります。

 

その過程で一番ご苦労された点は?(または一番印象に残っている点は?)

ワークパーミット取得です!!LMOが取れるまでが一番ストレスで、残れるのか帰らないと行けないのか、もう不安でたまらなかったです。人材カナダさんから雇用主に説明等の書類は全部送られていたんですけど、自分からも再度確認をするために辞書を引きながらメモを取って、すごーく緊張しながら、すごーく真剣に雇用主としゃべった事を覚えています。

 

永住権を取得されましたが、今後のカナダでの目標は?

 一生この職種で頑張っていくつもりなので、勉強をして資格などを取って将来に活かしていきたいと思っています。

色んな事に挑戦して技術をさらに磨き続けていきたいです。

 

一生続けたいお仕事をされているというのは、とても素晴らしいことですね。いつごろからこのお仕事をされているのか、どうして始めたのか、きっかけも教えて頂けますか?

 小さい頃からケーキを作ったり絵を描いたりすることが好きだったんです。

日本では調理師免許を持っていたんですけど、ケーキを扱うことはなく、でもなぜかどうしてもベーカリーで働きたいって思ってはいました。

Brekaに履歴書を持って行った時もとにかく仕事が欲しくて、フロントでもキッチンでも何のポジションでも良かったんです。

そのあとの面接で手作りクッキーを持って行ったんです。それがキッカケでキッチンで働くことになったんです。

 

今後カナダ永住を目指す方に向けてのメッセージをお願いします。

 色んな移民申請の方法があると思いますし、長いプロセスになると思います。

どの方法が自分に合っているか、申請している間も不安なく待てるか、やはりプロに頼むと安心感が違うと思います! 頑張って下さい!

 

お店情報

1459917_234280093402301_904284533_n.jpg

  • Breka Bakery & Cafe on Fraser
    6533 Fraser Street . 604.325.6612
    Open 24 hours 7 days a week
  • Breka Bakery & Cafe Downtown
    818 Bute Street . 604.620.8200
    Open 24 hours 7 days a week

プログラマーで永住権取得!

プログラマーで永住権取得!

移民カテゴリー 永住権申請 Federal Skilled Worker
職種 Web Developer
永住権申請から取得までの期間 約 21ヶ月
申請者のコメント 最初の一歩からずっと私の軌跡を知っている人材カナダのスタッフからの「おめでとう」は、やはり嬉しかったです。
閉塞感に悩んだ20代後半を過ごし、移民する決意を胸に、30を超えてからカナダへ旅立つ事になりました。それは人生最大の挑戦であり、結果の分からない賭けでもありました。
それまでに必死に貯めた貯金は学費で全て使い果たし、最後には亡き祖母の残してくれた私へのまとまった額だけが支えとなり、そして、「もうここまでか」、と心折れて帰国する自分の姿を何度も何度も想像していました。
しかし最後の最後に仕事を得ることができ、なんとかここまで辿り着くことが出来ました。
ビザという世界の繋がりから人材カナダのコンサルタントと知り合う事になりました。いつも後ろから背中を押してくれて、安心感を与えてくれました。移民となったその日、空港のイミグレーションを出てアパートまでの電車の中で、ふと、ビザコンサルタントって人の人生に触れることのできるとても素敵な仕事だなと改めて思いました。

pic1.jpg

なぜカナダの永住権取得を目指したのですか?

元々は東京で6年間IT系の仕事、プログラマーとして仕事をしていました。

日本から出ようと思った理由は一つではありませんが、職場を転々とする中で見えてきた矛盾に嫌気がさした事、自分の能力を活かしきれていない事、が大きな理由でした。

 

私が大学を卒業した当時、IT業界はメディア業界や医療現場に次いで過酷な労働環境にあったと思います。

大学の専攻とは全く異なる業界への就職で正社員として入社しましたが、短期間で一貫した職歴を積んで一流になる為に、正社員を辞めて派遣(個人事業主)の道を選びました。

繁忙期の各プロジェクトへ次々と出向させてくれるからです。

多くの職場を経験して感じた事は、年功序列制度は依然として残っていて、マネージメントもあって無い様なもので長時間労働が当たり前、ワークライフバランスなどありえる状況ではありませんでした。

端的に言えば正直で真面目で優秀な努力家が一番損をする仕組みになっていました。

 

また、国内の社内用システムの開発が主だったため英語を使う事が一切無く、留学を含め学生時代に多くの時間とお金と努力を費やした能力を一切活かせずにいました。

勿論IT系の資格も数多く取得しましたが、日本を離れる頃には、外部の派遣という立場上の理由もあり、自分が出来ることの半分も仕事では使用していない状況になり、仕事に物足りなさも感じていました。

かといって正社員に戻れば30近い私は管理側に回される可能性が高く、開発現場を離れなければならないかもしれないというジレンマに直面しました。

 

この状況を打開する為に私が思いついた選択肢は2つ。

自分の今いる環境自体を変えるか、その場を去るか、です。

私は後者を選び、それに賭けました。つまり日本からの頭脳流出をしようと考えました。

英語も使えるし、システム開発を続けられ、能力に合った報酬で、有能であれば早く帰宅できる、そんな環境を求めました。

 

当時移民を積極的に受け入れている国は何カ国かありましたが、都市という単位で5つほど選択肢を作りひとつずつ考え消去法でバンクーバーに決めました。

そしてカナダに来てから知った私の誤算は、寒がりの私にとってバンクーバーは思っていたよりは少し寒い期間が長いという事、そしてそのバンクーバーがカナダ国内で一番暖かいという事実です。

もう他の場所には絶対に引っ越せません。笑)

 

永住権までの過程

永住権取得までの流れは、学生ビザ、ポストグラデュエートビザ、永住権申請(と永住権申請中の就労ビザの更新)になりました。

プログラマーとして仕事をしていた中でウェブデザインに興味を持つに至り、デザインの出来るプログラマーがいたら、デザインから開発まで何でも独りで作れてきっと楽しいだろうと思っていました。

そして、ウェブデザインの学生としてバンクーバーに渡り、そこから仕事への糸口をつかもうと考えました。

学校探しをしている最中に人材カナダの存在を知り、そこから人材カナダさんとの長いお付き合いが始まりました。

学校選びから学生ビザについても人材カナダさんに助言を頂き、出国を思い立ってから2ヶ月半で飛行機に乗る事が出来ました。

 

バンクーバーでのデザイン学校卒業後は、たまたま知り合ったビザコンサルタントの方に、ポストグラデュエートビザの申請をお願いしましたが、就職直後に永住権申請に向けては人材カナダさんに改めてお世話になる事にしました。

永住権取得までの間に一度はワークビザの更新が必要だったので、この時も人材カナダさんにお願いしました。

 

目指した永住権申請のカテゴリーは最難関のひとつでもあるフェデラルスキルドワーカーでした。

移民は個人の人生の選択になるので会社側は原則としてサポートしないということだったので、私にはスキルドワーカーとして連邦政府に認めてもらうという選択肢しか残されていませんでした。

この状況は想定していたので、伏線として就職先さえあれば申請可能ポイントには達している状況は準備してありました。

移民申請後は、申請先の東京オフィスの閉鎖や、ビザ審査官の各オフィスでのボイコットなど、気をもむ事も多かったですが、無事に移民審査は終了し、手元に届いた移民許可の文書はシアトルへの日帰り旅行の帰りに空港のイミグレーションで提出して晴れて移民となりました。

学生ビザ、就労ビザ、移民申請と、ビザ取得はどれを取っても人生や価値観に大きく影響を与える切符となります。

その重要性を最も知っているのは、他でもない、多くの人に出逢いこの仕事に誇りをもっている人材カナダのスタッフではないでしょうか。

だからこそスタッフの皆さんは最新の情報で最良のアドバイスをしてくれるのです。私はそう思っています。
 

その過程で一番苦労したこと。

一番の苦労は仕事探しでした。私が永住権申請をするためには、就職先が決まっていることが必要不可欠でしたが、学校を卒業してから半年近く仕事が見つかりませんでした。最終的には今の日系の会社で就職をすることになりましたが、現地の会社は返事までの反応が本当に遅くイライラさせられました。レジュメを受け取ったのかどうかさえも連絡が来ない反応の悪さでした。

不況かつ学生の多い町なので完全に売り手市場で、6年の職歴を持ったいい大人に対して、インターンから始めてみる気はない?などと言われた時は完全に足下を見られているのを感じ、プライドを傷つけられたこともありました。

逆に、面接のチャンスだけはすぐに与えてくれた会社もありましたが、面接に失敗してしまった事もあります。

そして、日々貯金額が目に見えて減っていくのを気にしなければならないのは精神的にもとても辛いものがありました。

やっとの思いで就職した後は、移民申請に向けては人材カナダのコンサルタントの方に協力してもらい、私から人材カナダさんへ提出が必要な書類は短期間で全て揃え、入社から3ヶ月経たずして移民の申請までこぎ着ける事ができました。

pic3.jpg

今後の目標

デザインの学校には通いましたが、結局、ウェブデザイナーになることはなく、以前と同じプログラマーとして仕事をしています。勉強としてはデザインは面白かったのですが、職業としては性格上自分には向いていない事が分かりましたので。やはりプログラマーの方が楽しいかな、と。

無駄になった事は何もありません。一年間で、前職のスキルアップもデザインの勉強も十分出来ましたから。

 

今後の目標は、もっと今の仕事で実力を付けていきたいと思っています。今は仕事で英語も使う事もありますし、持てる実力の多くを使って仕事をさせてもらっています。東京を離れる前に思い描いた事が今の会社では全て実現できています。

プライベートの時間も十分あります。ただ、英語での会話のチャンスは少ないので、英語の会話力を伸ばしていきたいとは思っています。

そして、裏の目標としては彼女を作る事でしょうか。非モテなので苦労しています。笑)

 

メッセージ

仕事が見つかるかどうかは運任せだったところがあるので、私自身もあまり偉そうな事は言えませんが、これからフェデラルスキルドワーカーとして移民を目指す方々にはこんな事をお伝えしたいです。

 

学生の方へ

勉強は嫌いでも英語だけはやっておきましょう。語学は10年かかると言われていますから。

英語は話せたり読み書きできると何かと便利ですよ、後々。

大学は辞めたくても卒業はしておきましょう。経歴というのは残しておいて損はありません。

親が許してくれるのであれば興味が無くても一度は留学しておくのが経験としても良いかと思います。

 

社会人数年目の方へ

専門職はやはり移民には有利になりえるので転職する際は移民に使えそうな職業を選ぶと良いかもしれません。

忙しくても英語だけは勉強し続けて下さい。ここでつまづく人もきっと多いと思いますので。

この時にはだめでもまた30歳前後で再挑戦できる長期的なビジョンを持ってください。

 

30前の方へ

それでも諦めずに英語は勉強しましょう。職歴もついてきて生活が安定していて失うものが出てくる頃だと思います。

海外への挑戦にためらいも出てくるでしょう。この頃までに職歴と語学力が身に付いていると理想です。

足りない語学力は仕事力でカバーできるでしょうから、迷わず挑戦してみて下さい。

 

30過ぎの方へ

私もそうでしたが、この年で苦学生は正直しんどいです。結婚して子供のいる方もいるかもしれません。

それでも、どうしても海外でなければならない理由、もしくは日本にはいられない理由があるのであれば、挑戦してみましょう。やらずに後悔するよりは、です。出来ない事は無いと思います。

Web Developerで永住権取得!

Web Developerで永住権取得!

移民カテゴリー BCPNP-Skilled Workers
業界 Web Developer
永住権申請から取得までの期間 約1年2ヶ月
申請者のコメント 餅は餅屋。移民は移民のプロに任せるものだなと実感しました。人材カナダさんには僕だけでなくカナディアンの雇用主に対してもその都度、丁寧な対応やアドバイスをして頂き、その結果、ワーホリ→学生ビザ→就労ビザ→永住権取得と最後までスムーズに辿りつけました。

カナダに来る前は、移民を意識していましたか?

移民に関しての具体的な準備は何も!(笑)英語でITを学び直すのが目的でバンクーバーのIT専門学校に4年前に入学しました。当初はカリキュラム通りに1年間の授業を受けた後、3ヶ月間の現地会社でのインターンシップを受けて、ディプロマを貰ったら日本で再就職しようと考えていました。

数ある移民コンサルティング会社の中から人材カナダを選んだ理由は?

日系のコンサルタントなら一番多くの日本人の案件を扱っているだろうと何社かに問い合わせした結果、人材カナダさんの対応が一番丁寧だったので即決しました。

これからしたい事

留学した当初の目標であった「海外の学校を卒業する」「英語環境の企業で働く」という目標は達成出来ました。次は人生の目標である「教育のコンテンツに携わる」事に挑戦していきます。僕は事情があってすぐに高校を中退したのですが、それ以降は大検、英語、コンピューターの勉強などをオンライン教材で学んできました。要するにドロップアウトした後はインターネット上の無数の学習サイトのお陰で今日まで勉強を続けてこれたのです。だからいつかは自分が教育コンテンツを発信する側に立って、恩返しがしたいんです。実はもう既に動き出していて、今年からバンクーバーにあるVan ArtsというカレッジのIT学科のカリキュラムアドバイザーに就任しました。これはカレッジ側が学期末毎にITの現場で働いている人間を招き入れて、先生達と授業内容の向上を図る会議の委員会メンバーです。今こういった形でカナダの教育現場に携われる経験が、いつか大きく自分に返ってくるモノだと信じています。バンクーバーに限らず、海外では自分で動けば動いた分だけ、成長出来るチャンスや環境が待っていると思うので、これからも失敗や変化を恐れずに日々精進していきたいです。

これからカナダの永住権や就労ビザを取得しようとしている方に一言

同じ境遇の人達を見てきた経験上、カナダに残ってる人はみんなカナダに残りたい熱意を持って情報を必死に得ていたと思います。ギリギリまでインターンシップ期間を延ばしてチャンスを待ったり、一度日本に帰ってからも再申請したり。ケースバイケースだと思いますが、熱意があればある分だけチャンスは広がると思います。頑張って下さい。

Flower Industryで永住権取得!

CHEFで永住権取得!

移民カテゴリー BCPNP Skilled Workers
業界 Flower Industry
永住権申請から取得までの期間 約10ヶ月
申請者のコメント 興味がある事は何でも挑戦してみてください。沢山の経験を積んで、将来何をしたいかを見つけて、それに向かって諦めずに突き進むことが夢を現実させるコツだと思います。

雇用主はあなたの頑張りをちゃんと見てくれています

ワーキングホリデービザで滞在していた時から働いていた雇用主(スポンサー)へ、「これからも長期で働きたいので就労ビザのスポンサーになってもらえないか」と相談した所、「就労ビザだけでなく、移民の手伝いもできるのなら是非PNP申請をしよう」と申し出てくれ、とても協力的でした。これまでの頑張りや技術を認めてくれたのだと思います。

カナダでFlowerArtist として活躍していることについて

日本で長い間花屋で働いていた経験をカナダで生かす事が出来てとても嬉しく思っています。カナダではFlowerArtist として、自分のスタイルをこれまで以上に自由に表現できたことが成長に繋がったと思っています。デザインの幅がものすごく広がりました。海外で挑戦しみて本当に良かったと思います!

これからしたい事

仕事で更にステップアップしたいです。あとは英語力を今よりも上げたいので、学校にも通う予定です。移民をすると政府が運営している学校の学費が安くなったり、無料で教育を受けることができるので活用したいと思います。

人材カナダでのビザ申請

人材カナダは雇用主に紹介されました。雇用主が以前も人材カナダを利用していて、信頼していたのだと思います。個人での移民申請は、難しい法律英語を間違いなく理解しなければいけないので大変だと聞いていたのと、できるだけ早く申請を済ませたかったので代理申請をして良かったと思います。人材カナダでは難しい長い英語の書類を簡潔にまとめて日本語でわかりやすく伝えてくれた事や、すべての段取りをしてくれたので言われた事だけを準備するだけでよかったです。