Interview永住権取得者インタビュー

運も味方に!カフェでの就労から永住権取得!

thum

移民カテゴリー BCPNP ELSS
お名前 Ayumi様
永住権申請から取得までの期間 約2年7か月
職種 フードカウンターアテンダント
申請者のコメント 移民申請を決めたのがビザが切れるギリギリだった上に、永住権申請中ワークビザを出してもらっていたカフェが倒産、帰国、そして結婚と、かなりの難関があった私ですが、「自分の運を信じます」と言い続け、本当に永住権を取得することができました!自分を信じることが大事なのかなと思います。

 

なぜカナダの永住権取得を目指したのですか?

働いていたカフェに移民を目指している女の子が入ってきて、お互いの話をしていた際に「もしかしてPNPで移民申請できるんじゃないですか」と言われたのがきっかけで調べました。正直なところ、ちょっと滞在を延ばすくらいの気持ちで挑戦してみました。申請を決めたときはワーホリのビザが切れる1ヶ月前でした。

 

弊社を知っていただいた、またはご依頼を決めて頂いた経緯を教えてください。

もともとワーホリでバンクーバーに来た際にJpcanadaさんを利用させて頂いていたのと、そのカフェの同僚にも教えて頂き、相談させて頂きました。

 

永住権取得へ向けて、具体的にはどのような過程がありましたか?

IELTS受験、書類集め、ワークビザ獲得、健康診断を受けました。私の場合は移民申請中に現在の主人に出会い、申請途中で結婚しましたので、さらに主人の書類の提出、健康診断も求められました。もし代理申請をお願いしていなかったら、結婚した後どうしたらいいか全くわからなかったと思います。私の最初の健康診断から時間がたってしまったので、2回目の健康診断を受けましたが、その2週間後に永住権取得の結果がでました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

永住を目指す過程で一番ご苦労された点は?

IELTS受験がとても大変でした。移民申請を決めた時点ですでにワーホリビザが切れる1ヶ月前。IELTSを受けなくてはいけないことを知って、その受験日がすぐの1週間後でした。結果がその2週間後。つまり結果が出るのがワーホリビザが切れる2日前でしたので、取得しなければならない点数を取ることができなければ、即帰国という状況でした。チャンスは一回のみ、もちろんIELTSなんて言葉をその時に初めて聞いたので勉強経験はなく、1週間ひたすらライティングとリーディングの過去問を解きました。

 

弊社をご利用されて良かったと思われる点はどのようなポイントですか?

経験豊富で、見るからにやり手な(笑)コンサルタントの白石さんに担当して頂いたのが安心感につながりましたし、仕事が休めず提出書類を提出しに行けないとお話した時に、VISAJPCANADAの方が職場のカフェに書類をわざわざ取りに来て頂いた事があって、本当にありがたかったです。
あとは、必死に勉強してIELTSの結果が条件以上取得できていた時に、担当の白石さんや八木さんがハグで一緒に喜んでくれたことが本当にうれしかったです。必死だったので(笑)

photo2

永住権を取得されましたが、今後のカナダでの目標や今後カナダ永住を目指す方に向けてのメッセージをお願いします。

ラッキーな事に主人も一緒に永住権を取得できましたので、2人でどうしていきたいかゆっくり考えていこうと思っています。

私の場合、移民申請を決めたのがビザが切れるギリギリだった上に、移民申請中ワークビザを出してもらっていたカフェが倒産、帰国、そして結婚と、かなりの難関がありましたが、「自分の運を信じます」と言い続けていました。自分を信じることが大事なのかなと思います。

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加