Interview永住権取得者インタビュー

Web Developerで永住権取得!

Web Developerで永住権取得!

移民カテゴリー BCPNP-Skilled Workers
業界 Web Developer
永住権申請から取得までの期間 約1年2ヶ月
申請者のコメント 餅は餅屋。移民は移民のプロに任せるものだなと実感しました。人材カナダさんには僕だけでなくカナディアンの雇用主に対してもその都度、丁寧な対応やアドバイスをして頂き、その結果、ワーホリ→学生ビザ→就労ビザ→永住権取得と最後までスムーズに辿りつけました。

カナダに来る前は、移民を意識していましたか?

移民に関しての具体的な準備は何も!(笑)英語でITを学び直すのが目的でバンクーバーのIT専門学校に4年前に入学しました。当初はカリキュラム通りに1年間の授業を受けた後、3ヶ月間の現地会社でのインターンシップを受けて、ディプロマを貰ったら日本で再就職しようと考えていました。

数ある移民コンサルティング会社の中から人材カナダを選んだ理由は?

日系のコンサルタントなら一番多くの日本人の案件を扱っているだろうと何社かに問い合わせした結果、人材カナダさんの対応が一番丁寧だったので即決しました。

これからしたい事

留学した当初の目標であった「海外の学校を卒業する」「英語環境の企業で働く」という目標は達成出来ました。次は人生の目標である「教育のコンテンツに携わる」事に挑戦していきます。僕は事情があってすぐに高校を中退したのですが、それ以降は大検、英語、コンピューターの勉強などをオンライン教材で学んできました。要するにドロップアウトした後はインターネット上の無数の学習サイトのお陰で今日まで勉強を続けてこれたのです。だからいつかは自分が教育コンテンツを発信する側に立って、恩返しがしたいんです。実はもう既に動き出していて、今年からバンクーバーにあるVan ArtsというカレッジのIT学科のカリキュラムアドバイザーに就任しました。これはカレッジ側が学期末毎にITの現場で働いている人間を招き入れて、先生達と授業内容の向上を図る会議の委員会メンバーです。今こういった形でカナダの教育現場に携われる経験が、いつか大きく自分に返ってくるモノだと信じています。バンクーバーに限らず、海外では自分で動けば動いた分だけ、成長出来るチャンスや環境が待っていると思うので、これからも失敗や変化を恐れずに日々精進していきたいです。

これからカナダの永住権や就労ビザを取得しようとしている方に一言

同じ境遇の人達を見てきた経験上、カナダに残ってる人はみんなカナダに残りたい熱意を持って情報を必死に得ていたと思います。ギリギリまでインターンシップ期間を延ばしてチャンスを待ったり、一度日本に帰ってからも再申請したり。ケースバイケースだと思いますが、熱意があればある分だけチャンスは広がると思います。頑張って下さい。

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加