Customer's Voice最近の対応事例

14年越しの日本からの夢を、カナダで実現したY様

ビザ種類・移民カテゴリー 永住権 BCPNP Express Entry BC - Skilled Worker
職種 Modeler
申請時のお住まい バンクーバー
申請からビザ取得までの期間 約 5ヶ月
申請する前の滞在ビザ Working Holiday→ Work Permit

お客様からのコメント

元々日本で同じ業界にいましたが、数年前から税制優遇の影響でハリウッド映画の仕事が盛んな最先端の情報が行き交う場所で仕事がしたいという想いと、今後自分のキャリアをより広げたいという思いから移民の国のカナダを選びました。世界中の国から来ている人と話すことで、今どういった人材が求められているのか、今後自分のスキルがどういう場所で必要になっていくのかを知ることも出来るし、昔から母親の影響で西洋の文化に興味があったのも大きな理由の一つです。

 

私は性格的に一つの場所でじっくり仕事をしていきたい方なので、問題はどうやってカナダに長期的に滞在するか・・・でした。当時、ルールの改定により就労ビザの査定が更に厳しくなったと聞いた為、永住権取得をすることに決めました。

 

永住権取得までの過程で一番苦労した点はカナダの移民申請のルールが頻繁に変更したことです。元々数年前まではLMIAを持っているだけで移民申請が有利だったカテゴリがありましたが、それが移民局のルール改定で変更されてしまったためポイントが足りなくなってしまいました。そこで、最終的には、会社にサポートして頂く、BCPNPというカテゴリーでの申請に、方向転換しなければならなくなりました。前々から準備してきてもそのように急な変更があるので、それ以来、毎日移民に関する情報をチェックしていましたので、気苦労が絶えませんでした。

 

職業柄残業が多く、なかなかプライベートの時間が取れないため代理申請を希望しました。

 

また、普段から書類作成にミスが多く苦手でしたので、スペシャリストの方にお任せすれば安心という気持ちがあり、友達の紹介があったビザJPカナダにお願いしました。

 

実際、移民コンサルタントの方に代理申請していただくことで、移民局からの連絡やレスポンスに関して常に心配することも無かったので精神的にも楽でしたし、仕事に集中することが出来申請がスムーズでしたので、担当コンサルタントの方にとても感謝しています。

 

永住権が無事に取れましたが、今後も引き続き自分のスキルを上げて様々なプロジェクトに携わることが出来るようになりたいです。海外への移住は簡単な道のりではありませんが、自分の視野を広げ人生の選択肢を広げることの出来るチャンスだと思います。大きなことを成し遂げるのには時間がかかるので、「諦めない」心の強さが大切です。今がんばっていることは、必ず未来の成功に繋がります!

 

※Y様のご活躍については、以下cg雑誌のオンライン記事にも大きく扱われています。

https://cgworld.jp/regular/022-yamamoto.html

カナダのビザに関する無料相談はこちら