Customer's Voice最近の対応事例

保育の仕事ができるワーホリに変更したM様わたしのワーホリビザでは保育の仕事ができないと、仕事が決まってから知って焦りましたが、無事ビザを書き換えて働いています。

ビザ種類・移民カテゴリー ワーキングホリデー コンディションチェンジ
職種 Early Childhood Educator(保育士)
申請時のお住まい BC州バンクーバー
申請からビザ取得までの期間 約2か月
申請する前の滞在ビザ ワーキングホリデー

お客様からのコメント

ワーホリでバンクーバーに来てすぐに仕事探しを始めました。日本で保育士をしていたことと、仕事探しを8月にしたというタイミングがちょうどよく、9月の新学期から働いてほしいというデイケアで採用が決まりました。

雇用主にワーホリビザのコピーを渡したら「このビザにはChild Careの仕事をしちゃいけないって書いてあるじゃないか」と言われ、そんなこと知らなかったのですごく焦りました。それで友達の知り合いから、アメリカの国境に行ったら保育の仕事ができるビザに変えてくれると言われて、バスで国境へ。国境の人は優しかったのですが「ここでは何もできませんよ」と言われ、またパニックになりました。

雇用主にビザを変えられなかったと言ったら、知っている移民コンサルタントに聞いてあげると言われて、紹介されたのがビザJPカナダでした。ビザ変更申請の前に健康診断を受けないといけなかったので、その受け方も丁寧に教えてもらい、変更申請は国境ではなく今後はカナダ国内でやりました。

そして先日、無事に保育の仕事ができるワーホリが来ました!すごくうれしいです。今はデイケアで毎日子供たちの世話をしています。ワーホリが終わったらワークも取りたいので、またビザJPカナダに聞きに行こうと思います。

カナダのビザに関する無料相談はこちら