Visa Newsカナダ最新ビザニュース

Express Entry Systemについての続報

カナダ移民局では、2015年1月1日より、Express Entry Systemという新しい採用モデルを導入することを決定しました。
このシステムは、申請書の受け取り順に審査を開始する受け身的なものから、
カナダで成功するスキルを持つ人の審査を優先させるものに変えるというものです。

 

Express Entryはフェデラルスキルドワーカー(FSW)、フェデラルスキルドトレードプログラム(FSTP)、
そしてカナディアンエクスペリエンスクラス(CEC)で必須の第一ステップとなります。

 

Express Entry Systemが導入されると、永住権申請は2つのステップになります。

 

Step1では、申請者は、オンラインで自分のスキルや、職歴とその他の経歴、語学力、雇用先の有無などを
レジスターします。レジスターした人の中から移民局が優先順位を付け、
順位の高い人から永住権の申請をするようにと連絡をします。

 

カナダで必要とされるスキルを持っていたり、カナダで雇用のオファーがある、語学力が高い、などの
より優秀な候補者が優先順位が高くなります。あとからレジスターしても、優先順位が高い人は
すぐに永住権の申請の連絡がきます。逆に優先順位が低いと、いつまでたっても申請の連絡は来ません。

 

連絡が来ると、Step2に移ります。Step2は永住権申請ですが、永住権申請はすべてオンライン申請になります。
一部の特別な事情があるケースを除いては、オンライン以外の方法では申請できなくなります。

 

Express Entry Systemの導入に伴い、フェデラルスキルドワーカー(FSW)カテゴリーでは、
<申請条件その1>のBが廃止になる予定です。(FSWの申請条件についてはこちら

 

以上は、現時点での政府からの発表です。今後の詳細が発表されましたらまたニュースを掲載致します。

カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加