Visa Newsカナダ最新ビザニュース

カナダ国内ローカルビザオフィスでの緊急ランディングについての指示が発表

永住権(移民)申請の審査が終わり、移民ビザの発行が認められたその最終段階で申請者に発行される書類を、
Confirmation of Permanent Residence (通称 CoPR)といいます。
申請者はカナダ国境や空港で、このCoPR書類と自身のパスポートを審査官にみせ、
CoPR書類をValidateしてもらって有効化してもらう、いわゆる「ランディング」といわれるステップを踏み、正式にカナダ移民となります。

カナダ国内に現在合法的に滞在している申請者の場合、このランディングをカナダ国境だけでなく、
カナダ国内ローカルビザオフィスで行うことができます。
地理的な制限から、カナダ国内にいるとはいえ国境まで行くのが非常に困難な申請者もおり、
そういった申請者の状況を考慮して設定された処置になります。
ただし、カナダ国内ローカルビザオフィスでランディングを行うには
予約を設定しなければならず、この予約が取れるまでに時間がかかりがちなことが問題点となっていました。
そのため今回、
カナダ国内ローカルビザオフィスでのランディングを至急行わなければならない申請者のための処置、
そうした申請者からの緊急リクエストにすみやかに対応するように、
という移民オフィサー向けの指示が発表されました。

対象となる申請者は、CoPR書類の有効期限が残り2か月を切った申請者に限られます。
申請者はまず、予約を取るために移民局のコールセンターに電話しなければなりません。
コールセンター係員は、申請者のCoPR書類の有効期限、および、それが2か月を切っていることを確認したのち、
申請者のカナダ居住地域担当のローカルビザオフィスに緊急リクエストということを伝えます。
それを受け、担当ローカルビザオフィスは、ランディングの予約を取るため、申請者に至急連絡を取ります。

担当カナダローカルビザオフィスには、これら緊急ランディングのための予約を、
申請者のCoPRの有効期限、パスポートの有効期限、健康診断の有効期限などの期限が切れる前に設定できるよう、
極力努力するように指示されています。

 

カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加